当局が未許可のヤギミルクの販売中止を要請

2021.07.04

日刊ローカルニュース

ハワイ州保健局2日(金)、州内にあるスーパーマーケットとペットショップに対し、生のヤギミルクの違法な販売を直ちに停止するよう要請を発表している。

関係者によると、生のヤギミルクは、「ペットフード」として宣伝されて販売が行われているものの、一部の人々が自分で飲むために購入していることが確認されており、当局関係者は「低温殺菌されていない牛乳を飲むと細菌が含まれる可能性があり、深刻な病気や入院を引き起こし、さらには死に至る可能性があります」と警告している。

当局によると、1日(木)の時点で、オアフ島内の20のペットショップが低温殺菌されていないヤギミルクが販売されており、各店に対して、対象商品の販売を中止するよう要請している。なお、当局では、引き続き違法なヤギミルクを販売した場合には、1日あたり最大$10,000の罰金が科せられる可能性があるとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top