一部の6歳未満の児童がいる家庭に食糧支給給付金を支給

2021.06.28

日刊ローカルニュース

ハワイ州当局は、州内に居住する支援を必要としている家庭の6歳未満の児童に対し、食料品などを購入するために活用できる食糧支援給付金を支給したと発表した。

今回、当局が支給した食糧支援給付金は、支援を必要としている家庭が受け取っているEBTカードへの追加資金として提供されたもので、事前申請は不要。対象家庭では、EBTカードを利用して当局のSNAPプログラムで指定されている食糧品や菓子などを購入することが可能となっている。

なお、同プログラムの対象となっているのは、2020年10月から2021年5月までの時点で補足栄養支援プログラムの給付を受けた6歳未満の子どもがいる家庭で、地域によっては最大で各家庭に$1,000が支給されている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top