カカアコ地区で新たなコンド建設案が浮上

2021.02.06

日刊ローカルニュース

カメハメハスクールは3日(水)、オアフ島カカアコ地区に数百世帯分の手頃な価格のコンドミニアムの建設を検討していることを明らかにした。

今回、カメハメハスクール側がハワイコミュニティ開発局に対して提示した新コンドミニアム建設案では、カカアコ地区のアウアヒ通りと交わうコーラル通りとコウラ通りの間の2ブロックの土地に、手頃な価格のコンドミニアムを建設するというもので、アラモアナ大通り側に市場価格の住宅や低層階の商業スペースの建設なども盛り込まれている。

なお、今回のカメハメハスクール側の案に対し、ハワイコミュニティ開発局側は、カカアコ地区の開発を行っているハワード・ヒューズ・コーポレーションがハイエンドの開発に焦点を合わせているのとは対照的に、手頃な価格の住宅に重点を置いていることを高く評価しているとコメントしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top