ハワイの最新現地情報が満載!

新型コロナワクチンの到着が若干遅延

2020.12.27

日刊ローカルニュース

ハワイ州保健局は24日(木)、今月末までにハワイ州に到着予定となっている新型コロナウイルスのワクチンの約24%分が年明けまで到着しない可能性があると発表した。

当局によると、ハワイ州では24日(木)の時点で米製薬会社のファイザー社製新型コロナウイルスワクチンが21,450回分が到着し、11,700回分のワクチンが来週初めにも到着予定となっているほか、モデルナ社製の12,000回分のワクチンがすでに到着し、来週中には10,900回分のワクチンなどが到着する見込みであると発表。ただし、年末までに61,450回分のワクチンがハワイ州に到着する予定となっているものの、当初年末までにハワイ州で確保できるとみられていた81,825回分のワクチンには満たないとしている。

なお、ハワイ州では24日(木)の時点で、9,000以上のワクチンの接種がすでに行われている。

参考:KITV4

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top