ハワイの最新現地情報が満載!

事前検査プログラム導入後約18万人の訪問者が到着

2020.11.21

日刊ローカルニュース

ハワイ州のジョシュ・グリーン副知事は19日(木)、州当局が10月15日より開始している、ハワイ到着前の事前検査で新型コロナウイルスの陰性が証明できる場合に到着後の14日間の自主隔離が免除となる「新型コロナの事前検査プログラム」導入後、約18万人の訪問者がハワイへ到着していると発表した。

グリーン副知事によると、10月15日以降に到着した人のうち243,170名が、当局が定める検査機関などで検査を受けて陰性証明を提示したり、州当局が定める免責事項によって自主隔離が免除となったほか、7,217名が認可を受けていない検査機関で検査を受けるなどしたために到着後の自主隔離が必要となっている。

また、10月19日から1カ月間に実施された到着後の新型コロナウイルスの動向検査で、検査を受けた17,720人のうち陽性が確認されたのは27名だった。

なお、10月15日以降に隣島間移動者を含む米本土や日本からの空港到着者は273,020人で、そのうち186,969人がハワイ州外からの訪問者で、86,051人がハワイ州在住者だった。

参考:KITV4

アロハストリート・マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top