ハワイの最新現地情報が満載!

事前検査プログラム導入初日の到着予定者数は約7千人

2020.10.15

日刊ローカルニュース

ハワイ州当局は14日(水)、「新型コロナの事前検査プログラム」のスタート初日となる15日(木)に、約7千人の訪問者が到着予定であると発表した。

ハワイ州では、今日15日(木)より、ハワイ渡航72時間前にハワイ州当局が定める検査機関で事前PCR検査を受け、検査機関が発行する陰性証明書を提示した場合には、ハワイ州到着後の14日間の自主隔離が免除となる「新型コロナの事前検査プログラム」がスタートしている。

当局関係者は、ハワイ州外から到着した際のプロセスについて、到着時にすべての到着者に対する検温が行われた後、4つのカテゴリーに分かれて手続きが行われる予定であるとコメント。空港到着後、手続きに時間がかかる場合があるため、到着者に対して協力と理解を求めるとしている。

到着時に設定されている4つのカテゴリーは下記のとおり。

・渡航72時間前に当局のパートナー検査機関で検査を受けて陰性証明書を提示できる人
・渡航72時間前に当局のパートナ検査機関で検査を受けたものの検査結果の受け取り待ちとなっている人
・渡航前に検査を受けておらず到着後に14日間の自主隔離措置を受ける人
・客室乗務員やパイロットなどの航空会社職員

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

アロハストリート・マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top