ハワイの最新現地情報が満載!

サーフライン・ハワイの限定コラボアイテムが登場

サーフライン・ハワイの限定コラボアイテムが登場

カラフルなデザインが特徴的なサーフライン・ハワイと日本人デザイナーがコラボレーションしたアイテムが期間限定で販売中です。こだわりや着こなしのコツなどをご紹介〜!

公開日:2020.02.10

編集部体験レポート

ハワイのサーフラインは56年もローカルから愛されるブランド

アロハ! トモミです。

56年も続くサーフブランドの「サーフライン・ハワイ」が、日本人クリエイターの「山田 浩(やまだ ひろし)」さんとコラボレーションしたアイテムを期間限定で販売中です。

ここでしか買えない限定アイテムとのことなので、調査してきました。

ハワイのサーフライン-アラモアナ店

サーフライン・ハワイとは

カラフルで洗練されたウエアがそろう1964年創業のサーフアパレルブランド。着心地がよくカラフルなデザインは、ハワイのサーフシーンはもちろん、タウンでの様々なシーンにマッチするライフスタイル・ブランドとして注目を集めて続けている。

サーフライン・ハワイの詳細はこちら>>

コラボレーショングッズ

サーフライン・ハワイ(以下サーフライン)といえば、カラフルでユニークなデザインが特徴的で、ロコからも愛され続けているブランドです。

ハワイのサーフライン-アラモアナ店

ハワイ滞在中は、太陽に負けない鮮やかでカラフルな服を着たくなりますよね。サーフラインには見ているだけで楽しくなるような色合いのアイテムがずらりとそろいます。

そんなサーフラインに新しく登場したコラボグッズはシューズ、シャツ、フーディ、パーカーの4種類。どんなこだわりが詰まっているのが、デザイナーの山田さんにお話を伺いました。

 

サーフラインハワイとコラボレーションしたデザイナー山田さん

山田 浩さん

神戸に自身のブランドである「KABEL(カベル)」を立ち上げ、時代にとらわれずに着こなせる、タイムレスでありエレガントなスタイルを提案している。KABELのアイテムはBEAMSやbishopなどで販売中。

せっかくなので、コラボしたシャツを着てインタビューさせて頂きました。

サーフラインハワイとコラボレーションした日本のデザイナー山田浩さんにインタビュー

トモミ
トモミ

サーフブランドとのコラボレーションですが、山田さんもサーフィンがお好きなんですか?

山田さん
山田さん

まったくやらないんです(笑)。

トモミ
トモミ

ええ!意外です。

山田さん
山田さん

昔、湘南でやったことがあるんですが、(湘南は)波が穏やかだから初めてでも乗れるんですよ。

トモミ
トモミ

私は、立つのも精一杯でしたよ……。

山田さん
山田さん

(笑)。

そのあと調子に乗って九十九里まで行きました。九十九里は「サーフィンの聖地」と呼ばれていて、結構大きい波がくるんですよね。そしたらね、全然できないの(笑)。それでスパッとやめました。

トモミ
トモミ

決断が早い(笑)。ご自身でサーフィンをやらないのに、どうしてサーフブランドである「サーフライン」とのコラボレーションが決まったのですか?

サーフラインハワイとコラボレーションした日本のデザイナー山田浩さん
山田さん
山田さん

実は2年前に自身のブランド「Kabel(カベル)」を立ち上げたんですが、それまで勤めていたアパレルの会社では企画などの仕事をしていました。

前社で様々な取引先の方とお話しする機会がたくさんあって。ありがたいことに、独立した今でもお付き合いさせてもらっているんです。

トモミ
トモミ

いわゆる「会社だけの付き合い」じゃないのはうれしいことですよね。

山田さん
山田さん

そうなんです。その中でサーフラインに生地を卸している方がいて、もともと僕はハワイが好きだったので「(サーフラインと)何かできないですかね?」と持ちかけたのがきっかけです。

トモミ
トモミ

そして見事にコラボが決まったと。

サーフラインハワイとコラボレーションしたデザイナー山田さん
山田さん
山田さん

はい。ハワイが好き、というのはベースにあるのですが、僕はサーフラインの歴史が本当に素晴らしいと思っています。例えば今日僕が着ているシャツもコラボアイテムの一部ですが、70年代にサーフラインが販売していたインドネシアのバティック柄を使ってシャツにアレンジしました。

ハワイのサーフライン-デザイナーの山田浩さんと

トモミ
トモミ

50年前とは思えないデザインですね。

山田さん
山田さん

そうでしょう?歴史のあるものを現代風にできるのは、56年もの間続いているサーフラインだからこそ。ブランドのイメージや歴史を長年守っていくことは本当に重要なんです。

ハワイのサーフライン
(1970年代のサーフラインのコレクション。)

山田さん
山田さん

作り手がアレンジを加えすぎるとオリジナルが分からなくなる。ルーツを崩さないようにしつつ、何かしら新しいひねりを加えないと商品が売れないんです。

トモミ
トモミ

なるほど……。難しいですね。そんな思い入れのあるサーフラインとのコラボが決まったときは思いもひとしおだったことと思います。今回のコラボアイテムにも、たくさんのこだわりが詰まっているのでしょうね。

山田さん
山田さん

そうですね。今回コラボしたのは、シューズとフーディー、そしてシャツやパーカーです。

山田さん
山田さん

シューズは、ハワイらしいプリントがお気に入りですね。実は80年代に日本でも大手メーカーから販売されていたんですよ。でも、それがストップしてしまった。

だから今回のコラボをきっかけに「もう一度やろうよ」と声をかけたんです。

ハワイのサーフライン-日本人クリエイター山田浩さんとのコラボシューズ

無地のTシャツにデニム、という落ち着いたスタイルでも足元を派手なカラーでキメればオシャレ上級者に。

山田さん
山田さん

トモミさんが着ているシャツにもこだわりがあるんですよ。

サーフラインハワイとコラボしたシャツ
山田さん
山田さん

これは、スパンレーヨンという特殊な生地を使っています。普通のレーヨンだとどうしても光沢が出てしまうのですが、スパンレーヨンは紡糸したものをあえて短繊維にしたものです。これをゆるく織ることで綿のような着心地になります。

トモミ
トモミ

確かに、軽くてとっても気持ちいいです。肌に張り付かず風通しも良いので気温の高いハワイにはぴったりですね。

サーフラインハワイと日本のデザイナー山田浩さんがコラボして作ったフーディ

半袖以外にも、寒い日に活躍してくれるフーディもコラボアイテムにラインナップ。

これはメンズのみなのですが、大きめサイズをゆるっと着るのが可愛いので女性が着ても問題ないとのことでした。(ちなみに私が持っているのはSサイズです。)

トモミ
トモミ

実は私は、こういった派手な服を自分だと選べないんです。似合わないだろうな、って思ってしまって。

山田さん
山田さん

いやいや、そんなことないですよ。カラフルな服を選ぶときのコツは「ぴったりサイズを買わない」ということなんです。

トモミ
トモミ

と、いうと……?

山田さん
山田さん

ぴったり自分のサイズに合ったものを選ぶと、「派手好きな人」という印象になりがち。敢えて大きいサイズを選ぶことで「いい着崩し感」がでるのでおすすめですよ。

女性ならメンズの2Lを選んで、ワンピースにしちゃうのもアリだと思います。

トモミ
トモミ

おお〜!勉強になる!

山田さんは、今後どのようなアイテムを作っていきたいですか?

山田さん
山田さん

オリジナル(歴史)を守りつつ、ユニークなものを作りたいですね。メンズ服の場合は特にそうなんですが、このアイテムのルーツがどこから来たのか想像できないとダメなんです。

だから、それを崩さないようにしながら新しいものを取り入れたいですね。例えば、派手なダウンや、柄物のフリースとか。

トモミ
トモミ

わあ!期待が高まります。新しいアイテムができたら、またぜひ教えていただけますか?

山田さん
山田さん

もちろんです!楽しみにしていてください。

サーフラインと、デザイナーの山田さんのコラボアイテムはアラモアナセンターのポップアップストアと、インターナショナル マーケットプレイスで販売中です。

期間限定なのでこの機会をお見逃しなく〜〜!

サーフライン・ハワイ

<ワイキキ店>

住所
2330 Kalakaua Ave. Honolulu HI 96815 インターナショナル マーケットプレイス 1階

GoogleMAPで見る

電話番号
808-427-5808
営業時間
10:00〜22:00
定休日
無休

<アラモアナ店>

住所
1450 Alamoana Blvd Honolulu HI 96814 アラモアナセンター マウカウイング3階

GoogleMAPで見る

営業時間
9:30〜21:00(月〜土)、10:00〜19:00(日)
定休日
センターの休みに準ずる
公式サイト

https://surflinehawaii.com/

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top