ハワイの最新現地情報が満載!

日本在住者でも購入可能!ハワイのお墓事情を調査

日本在住者でも購入可能!ハワイのお墓事情を調査

ハワイ最大級の霊園「バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイ」では、日本在住者からの問い合わせが増加中。ハワイの最新お墓事情をお届けします!

公開日:2019.12.06

編集部体験レポート


アロハ!エイ子です。

ワイキキから車で30ほどの場所にある霊園「バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイ」。東京ドーム約20個分にもおよぶ敷地を有する広大な霊園で最近、「ハワイのお墓を買いたい」という日本に住んでいる方からの問い合わせが増加しているという情報をキャッチ。

日本に住んでいてもハワイにお墓が買えるの?
手続きが複雑なのでは?
ハワイって不動産が高いからお墓も高額なのでは?
日本のお墓との違いって何?

などなど、「ハワイのお墓」と言われても、疑問がたっくさん!

実際のところ、ハワイでのお墓購入ってどうなの?ということで、バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイで実施している霊園ツアーに参加してきました。ハワイのお墓の最新事情を徹底的に調査してきましたよ~。

バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイとは

バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイとは

緑豊かなコオラウ山脈のふもとにあるハワイ最大級の霊園。「世界でもっとも美しい霊園」とも称される霊園では、お墓や納骨堂を管理、運営しており、葬儀から埋葬まで、日本語でサポートしています。

バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイの詳細はこちら

大自然のパワーを感じるコオラウ山脈麓の巨大霊園

バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイがあるのは、オアフ島のカネオヘ地区。ワイキキから自分たちで行く場合は、ザ・バスの65番「カネオヘ・アフイマヌ行き」に乗り、フイ・イワ通りとフイ・アライアハ・プレイスの角のバス停で下車となります。霊園は誰でも自由に見学できますが、事前予約で日本語スタッフによる無料霊園ツアーや送迎のアレンジにも対応してくれるので、来園希望の場合は事前予約がおすすめです。

ハワイのお墓 バレー・オブ・ザ・テンプル霊園の入り口からは壮大なコオラウ山脈の姿を眺めることができ、なんとも清々しい~。ピクニックとかしたくなるほど自然豊かで、なんとなく厳かなムード漂う日本のお墓のイメージとは違いますね。

キレイだね~、気持ちいいね~と言いながら、美しい芝生の丘陵地帯を道沿い進んだ先にある平等院鳳凰堂を目指します。

人気観光スポットのひとつ平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂ってなに?と思われた方、実はこちらの霊園の敷地内には、日本の10円玉にもデザインされている京都府宇治市にある平等院鳳凰堂のレプリカがあるんです。

威風堂々と建っているこちらの平等院鳳凰堂は、1968年にハワイに最初に日本から移住してきた「元年者」と呼ばれる方々の移住100周年を記念して建立されたもの。建物後方にコオラウ山脈があるコンクリート造建物のハワイ版平等院鳳凰堂は、年間30万人ほどが訪れるハワイの人気観光スポットとなっています。

平等院鳳凰堂では、事前予約しておけば、詳しく建物の歴史等を案内してくれるガイドツアーのアレンジも可能です。

  • 平等院鳳凰堂内にある棚式の納骨堂。

  • 平等院鳳凰堂の敷地内にある鐘楼。思い切ってゴーンと鳴らしてみましょう!

日本語案内の霊園ツアー

広々とした敷地内には、平等院鳳凰堂内にある納骨堂のほか、風水の思想に基づいて配された屋外納骨堂や芝生墓、日本式のお墓など、様々なスタイルのお墓があるんだそう。広い広い霊園を効率よく見学すべく、国際営業部のエミさんが案内してくれる霊園ツアーに参加して、実際にお墓をチェックすることに。

バレー・オブ・ザ・テンプルエミさん、今日はハワイの最新お墓事情にいろいろついて教えてください!

オーシャン・ビュー・テラス

カネオヘ湾を一望できる場所にあるオーシャン・ビュー・テラスは、著名な風水マスターが風水理論に基づいてデザインした霊園。ハート型に形作られた芝地には、オアフ島最大の人工滝が流れ、屋外納骨堂や台座墓、芝生墓が配置されています。

エミさん:
「木、火、土、金、水」の風水の5行思想をもとにデザインされている墓地からは、遠くにカネオヘ湾を見渡すこともでき、ゆったりとした気分で故人を偲ぶことができる場所として人気です。5行のエレメンツは、木はコオラウ山脈の樹々、火は赤いティーリーフ、土は土地、金は平等院鳳凰堂近くにある鐘、そして水は人工の滝で表現されています。

木立を吹き抜ける風、小鳥のさえずり、目の前に広がるカネオヘ湾の絶景、そして滝の音…。気持ちを穏やかにしてくれる環境が広がっていて、ものすっごく心地よくて、こんな穏やかな空間で永眠するのも悪くないよなと思ってしまいました。

コオラウ・ビュー・ガーデン

コオラウ・ビュー・ガーデン壮大なコオラウ山脈の景色が眺められるコオラウ・ビュー・ガーデンは、空と山のダイナミックな自然の魅力が感じられる屋外墓地。海は見えませんが、大自然のパワーを感じられる好ロケーションが魅力です。

エミさん:
コオラウ山脈の絶景がパノラマビューで楽しめるこちらの墓地は、ハワイの美しい山を眺めていたいと願う人が購入する率が高く、すでに80%ほどが売れてしまっている人気墓地です

雨がたくさん降った後には、コオラウ山脈の山肌を流れ落ちる自然の滝を何本も見ることができるというコオラウ・ビュー・ガーデン。自然に囲まれた静かな場所で眠りたい…と願う人にはぴったりな環境ですよね。

  • 背の高い石碑が特徴的な角柱スタイルのお墓が並ぶ日本式のハカ・ガーデン

  • 大人数での埋葬が可能な「霊廟」。ゲートや郵便ポストが設置してある霊廟もありました。

管理の行き届いた美しい墓地

敷地内には、アロハシャツやイルカ、結婚指輪、ハイビスカスなど、趣向を凝らした墓石がいくつも点在していました。墓石やプレート、飾り彫刻などは100種類以上のオプショナルデザインから選べるほか、カスタムオーダーにも対応してくれるんだそう。その人らしさあふれる墓石や彫刻がデザインできるのは素敵ですよね。

どのお墓もとてもキレイな状態に保たれていてびっくり。こちらでは3カ月~4カ月に1度、高圧洗浄機を活用して墓石などをキレイに磨き上げてくれるほか、お花などのお供え物も、供えられてから数日後には職員の方が撤去しているので、お墓に枯れたお花やお供え物が放置といったことも防げるんだそう。

きちんと管理、維持してくれるので、遠方に住んでいる家族がお墓の手入れ等に関して心配する必要がないほか、お墓の後継者がいなくてお墓が荒れ放題になるといったこともないんですね。

「ハワイのお墓」のあれこれについて聞いてみた

霊園ツアーでハワイのお墓の魅力については実感できたのですが、ハワイでお墓の購入ってハワイに住んでない人だとハードルが高そうですよね? そこで、エミさんにハワイのお墓購入に関するあれこれを教えていただきました。

✓日本在住者でも購入可能

エイ子:日本在住者の方の購入が増えているとのことですが、購入する際にはどんな条件が設定されていますか?

エミさん:国籍、居住地、宗教など、問いません。またビザや永住権、ハワイでの不動産の所有も必要ありません。

エイ子:日本からハワイに遊びに来たついでにお墓を購入することが可能ってことですか?

エミさん:パスポートや運転免許証などの、本人確認ができる証明書の提示のみで購入できるほか、クレジットカードでの支払いや分割払いもOKです。

身分証明書の提示のみ&クレジットカードでの支払いも可能なんて、普通のお買い物感覚でお墓が手に入るんですね~。びっくり!

エミさん:また、必ず現地に来ないと購入手続きができないということはありません。メールやビデオフォンでのやり取りのみでお墓を購入された方もいますよ。

現地に来ないでお墓を購入!日本語でしっかりサポートしてくれる体制が整っているから、現地訪問しなくても購入に踏み切る方がいるんでしょうね。

✓購入後の管理費、維持費不要

エイ子:お墓の管理費などはどのようになっていますか?

エミさん:バレー・オブ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイでは、売り上げの一部が維持費と永久ケアファンドとして運用されていて、お墓購入時に永久管理費を支払うだけで、そのあとはお墓の維持と管理は無料です。永久管理費には、個々のお墓の維持と管理のほか、芝生や造園、道路などの維持と補修、保安業務なども含まれているので、常に美しい状態が保たれているんです。

永久的に維持、管理が行われるので、「将来、お墓を受け継ぐ人がいない」、「子どもに迷惑をかけたくない」といった理由で、ハワイでのお墓購入に踏み切る方が増えています。ハワイにお墓があるからと、お墓詣りのついでにハワイに遊びに来るというご家族も増えているんですよ。

✓個人墓から家族用サイズまでスタイルもいろいろ

ハワイのお墓エイ子:お墓のスタイルについて教えてください

エミさん:こちらでは、20種類以上のお墓と納骨堂を提供しています。お墓のスタイルは、棚式納骨堂や日本式のお墓、芝生墓などさまざま。それぞれのロケーションやスタイルに合わせた埋葬方法を選んでいただけます。

また、墓地のサイズも1名用の個人墓から2名用の夫婦墓、複数の家を一つにまとめた家族墓、大家族向けで30名以上まで埋葬可能な霊廟まで、ご用意しています。

✓気になるお値段はいかほど?

エイ子:一度永久管理費を支払えば、永久に管理・維持となりますが、その分、お墓の購入は高額負担になるのではないですか?

エミさん:日本でお墓を持つのは諸経費がかかり、全国平均で約200万円ほどの負担だとされています。さらに、毎年かかる年間利用費、戒名代やお経をあげてくださるお坊さんに対する付け届けなどなど、お墓を維持するのにも費用が必要です。しかも、費用が支払えなかったり、継承者がいない場合は、最終的にお墓から出されて見知らぬ方たちと合祀されるといことになります。

バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイでは、一度永久管理費を支払えば、お墓の管理、維持が永久的に行われるほか、将来的に墓じまいや合祀といった問題も回避できます。お墓の価格は、場所やサイズによっても変動しますが、日本円で50万円くらいからとなっています。(注:価格は2019年11月時点のものです)

手続き完了時に、埋葬権利書とオーナーシップ証書を発行します。また、日本と違いハワイでは、埋葬前であれば譲渡・贈与も可能です。

一度お支払いを完了してしまえば、基本的に追加料金はなし。明朗会計で安心ですよね。また希望すれば、埋葬時やお墓詣りに来た際の法要のアレンジなどもサポートしてくれるそうです。


お墓ツアーに参加して

お墓に関しては、「先祖のお墓を守っていく」といった考えが根強かったような気もしますが、今回、ハワイでお墓を購入するという選択肢について調査した結果、時代の変化により、様々な供養の選択肢が増えていると感じました。

「終活」や「死後」のことは、まだまだ先のことだし…と、今までお墓のことなど気にしたことがありませんでしたが、自然豊かな素晴らしい環境のハワイの墓地を実際に見学してみて、ハワイを終の棲家にするという選択もありだなと思うようになりました。

なお、バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイでは、お墓の購入だけでなく、埋葬や法要など、ハワイを終の棲家にするためのさまざまなサポートを行っています。ハワイのお墓に興味がある場合は、ぜひ気軽に相談してくださいね。

バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイ

<バレー・オブ・ザ・テンプルズ/エターナル・リゾーツ・ハワイ>

住所
47-200 Kahekili Hwy, Kaneohe, HI 96744

GoogleMAPで見る

電話番号
808-636-3175 日本語OK
電話番号2
0120-941-621 日本からフリーダイヤル
LINE ID
erjapan
営業時間
8:30~16:30(月~土曜日)、9:00~15:00(日曜日)完全予約制
カード
VISA MasterCard Amex Discover JCB
アクセス

ワイキキから車で約30分。

駐車場

あり

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top