ハワイの最新現地情報が満載!

ノースショアのサーファータウン…オアフ島ハレイワ編

ノースショアのサーファータウン…オアフ島ハレイワ編

よしみだいすけさんが綴るコラム第20弾。北からのうねりが押し寄せる冬はサーファーで賑わい、旅行者にも人気のオアフ島ハレイワをご紹介!

公開日:2019.11.05

よしみだいすけのフラナビ・コラム

メレ(うた)を旅するハワイ
第二十回:オアフ島ハレイワ

メレ(mele)とはハワイの歌のこと。
古来よりハワイの人々は、愛し大切にする土地・場所を歌にしてたたえてきました。その文化は今も受け継がれていて、特定の場所をたたえる新しいハワイ語の歌が今も日々生まれています。

ハワイ語の歌に、ハワイのどんな景色が描かれているのでしょうか?毎月メレに歌われるハワイの場所を訪れて、そこで見る景色をご紹介しています。

第20回となる今回の訪問先は、オアフ島ハレイワです。

オアフ島ハレイワ

ハレイワってどこにあるの?というあなたは地図を確認ください。

「ハレイワ Haleʻiwa」とは、オアフ島のタウンの名前です。ハワイ語で「グンカンドリの家」という意味の名前で呼ばれるこの町があるのはオアフ島ノースショアの海辺。ワイキキからノースショアへは、H1からH2とフリーウェイを走り抜け、かつてサトウキビ畑とパイナップル畑が広がっていた広大な台地を通るドライブ・コース、カメハメハ・ハイウェイを行きます。行く手に海が見えてきたらハレイワ・タウンはもうすぐそこ。北からのうねりが押し寄せる冬はサーファーで賑わうサーファータウン・ハレイワは夏の間も観光客が絶えない人気スポットです。

オアフ島ハレイワ

歌の中でハレイワはどのように描かれているのでしょう?

Hanohano Haleʻiwa kū kilakila
Ka hōkele e kū i ka lihi kai

ハレイワは荘厳に高々と立つ
それは海岸のホテル

ノースショアの玄関口、現在のハレイワ・タウンにかつてホテルがありました。後に町の名前の由来となる「ハレイワ・ホテル」がオープンしたのは1899年、全盛期を経て1930年に閉業、建物は1950年代に取り壊されました。ホテルが建っていたのは、現在ハレイワ・ジョーというレストランがあるあそこです。

ハレイワ・タウンを通り過ぎ、あのレトロな橋を渡って海岸線に出ると、海辺に広がる公園があります。ここが『ハレイワ・パカ』に歌われるハレイワ・ビーチ・パーク。

Hanohano wale ʻoe e Haleʻiwa Pāka
ʻOhuʻohu i ka popohe o ka pua hau

敬われるあなたはハレイワ・パーク
丸いハウの花に飾られて

さざ波が聞こえるこの公園には、広い芝生エリアとモンキーポッドの大木、バスケットボールとテニスのコート、ヤシの木々など、地元民がくつろぐにはうってつけの環境が整っています。週末にはたくさんのローカルがここに集まって家族連れで楽しんでいます。そんな公園を囲む並木が歌の中のハウです。黄色いハイビスカスに似た花を咲かせます。

オアフ島ハレイワ

この公園の奥には、ハレイワ・ソングに歌われるあの岬があります。

Uʻi nō ʻo Puaʻena
Ka ʻehu kai hāwanawana

プアエナは美しい
ささやく波飛沫

プアエナはワイアルア湾の東端に突き出た岬の名前。ハレイワ・ビーチパークの海側を奥へ進んだ先にあります。
奥へ入っていくと、人影まばらなプライベート・ビーチ(マエアエア)とワイアルア湾の真っ青な海の向こうにカアラ山そびえる絶景が待っています。

夏は穏やかな海ですが、冬はうねりが作る高波に注意が必要。
フラソングに歌われるハレイワをご紹介しました。次のハワイでは、ぜひあなたもノースショアの町へ出かけてみてください。

●よしみだいすけの公開セミナー・講演情報はこちら
●よしみだいすけの著書はこちら

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top