ハワイの最新現地情報が満載!

フラで日本とハワイを結ぶ!友情と絆の祭典をレポート

フラで日本とハワイを結ぶ!友情と絆の祭典をレポート

日本から24組、ハワイから2組のハラウが参加し大盛り上がりを見せたフラの祭典「フラ・ホオラウナ・アロハ2019」の様子をお伝えします。

公開日:2019.10.24

更新日:2019.10.29

ハワイのイベント・レポート

フラホオラウナ2019

フラを通してハワイの伝統文化を伝え、ハワイと日本の友情の絆を育むことを目的としたフェスティバル「フラ・ホオラウナ・アロハ」。

18回めを迎えた今年は、104日(金)~7日(月)の4日間にわたり開催されました。美しいフラを見せてくれた大会の様子をレポートします。

10月4日(金)「ミニ・ホイケ」

フラホオラウナ2019

初日の10月4日(金)はロイヤルハワイアンセンターにてミニ・ホイケが開催されました。

緑が美しい「ロイヤル・グローブ」で9組がフラを披露。

 

  • フラホオラウナ2019
  • フラホオラウナ2019
  • フラホオラウナ2019
  • フラホオラウナ2019
  • フラホオラウナ2019
  • フラホオラウナ2019
  • フラホオラウナ2019
  • フラホオラウナ2019

10月5日(土)「ホイケ(エキシビジョン)」

朝から気持ちの良い晴天に恵まれた2日めは、アラモアナセンター1階センターステージにてエキシビジョン・ステージ「ホイケ」が行われました。

定刻の11:00、大会アドバイザーのクムフラ、レフア・カヴァイカプオカラニ・ヒューエットさんによるオリ(ハワイ語の詠唱)で、ホイケがスタート。

フラホオラウナ2019

日本から24組、ローカルハラウが2組が出演しました。

ホイケは、フラを学び、フラを楽しむ人たちが、日頃の練習の成果を発表するためのイベントです。

その美しいフラを一目見ようと、開始前からセンターステージにはたくさんの人で賑わっていました。

 

●ホイケ前半(1〜12組)

今大会で最年長参加者をメンバーに含む「フラ・ハラウ・オ・ナニ・レフア」は力強いフラで会場を魅了し、会場からは歓声が上がりました。

「クラ・クラ・フラ・スタジオ」からソロでフラを披露した女性は、ハワイの舞台に立つのが夢だったと語り、その様子を見た先生の目に涙が光る一幕も。

緊張しつつも笑顔で踊るみなさんの姿はとても美しく、多くの人が魅了されました。

フラホオラウナ2019

 

次のページでは…
ホイケ後半の出演者、ローカルハラウ&アーティストをご紹介します。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top