ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
迫力満点!ファイヤーナイフダンス世界大会開催

迫力満点!ファイヤーナイフダンス世界大会開催

大型テーマパーク、ポリネシア・カルチャー・センターで、ファイヤーナイフダンス世界選手権が開催されました。迫力満点の世界大会の結果はいかに?

公開日:2019.05.15

編集後記ブログ

アロハ!アロハストリート編集部です。

ノースショア地区ライエにあるポリネシアのテーマパーク「ポリネシア・カルチャー・センター」で、5月8日~11日に、毎年恒例の人気イベント「ファイヤーナイフ世界大会」が開催されました。

今年で27回目となるファイヤーナイフ世界大会は、1993年にポリネシア・カルチャー・センターでスタート。サモア文化を伝え続ける人気イベントとして知られています。

 

激しく燃える炎を両端につけたナイフを使うファイヤーナイフダンスは、サモアのアイラオという、ナイフを使って戦う前に踊る戦士のダンスを元に発展。大会には、ハワイのほか、サモア、日本などから技術と勇気を兼ね備えたダンサーたちが参加し、ファイヤーナイフさばきの技と勇敢さを競い合いました。

今年は、昨年の同大会でアジア人初の決勝進出、そして2位入賞を果たした松嶋憂弥さんを含む計4名の日本人ダンサーも参加。松嶋さんは、5名もの過去優勝者が参加する中、会場を大いに沸かせるパフォーマンスを披露したものの、残念ながら決勝には進めませんでした。

なお、11日(土)に行われた世界大会では、6人の審査員が、ナイフのスピードや投げたときの高さ、難度、構成内容、戦士らしさを評価。見事、サモア出身のファラニコ・ペネサ(28歳)が優勝しました。

ペネサさんは、2017年の世界大会でも優勝している名ダンサーで、今回の優勝について「今回優勝できたことはとても嬉しいです。全ての参加者に祝いの言葉を述べたい気持ちです。サモアの文化の保全に努力を注いでいるポリネシア・カルチャー・センターに感謝します。」とコメントしています。

このほか、今年からスタートした女性だけの部門では、昨年中学・高校の部で優勝した、ジェラリ-・ナレアイさん(18歳)が、見事優勝を果たしています。

広大な敷地をほこるポリネシア・カルチャー・センターでは、ハワイ、サモア、ニュージーランド(アオテアロア)、フィジー、タヒチ、マーケサス、そしてトンガなど、ポリネシアの島々の文化が体感できます。

とくに、総勢100名のキャストが繰り広げるダンスのほか、迫力満点のファイヤナイフ・ダンスなど、ポリネシアのダンスと音楽が満載の「HĀ:ブレス・オブ・ライフ」は、一見の価値アリ!ぜひ家族みんなでユニークな体験がたっぷり楽しめるポリネシア・カルチャー・センターに足を運んでみてくださいね。

ポリネシア・カルチャー・センター

<ポリネシア・カルチャー・センター>

住所
55-370 Kamehameha Hwy., Honolulu, HI 96762

GoogleMAPで見る

電話番号
808-924-1861 (日本語専用)
定休日
日曜、感謝祭(11月の第4木曜日)、クリスマス(12/25)
カード
VISA MasterCard Amex JCB Diner's
アクセス

オアフ島北部にあるため、送迎バスのついたパッケージで来園されるのをおすすめします。マイカー、レンタカーでいらっしゃる方のためのパーキングもあります。

駐車場

あり

<フキラウ・マーケットプレイス>

住所
55-370 Kamehameha Highway, ポリネシア・カルチャー・センター内, Laie, HI 96762

GoogleMAPで見る

電話番号
808-924-1861 日本語OK
営業時間
10:00〜22:00
定休日
日曜
公式サイト

http://polynesia.jp

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top