ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
人気アクティビティ!ハワイで手作りキャンドル体験

人気アクティビティ!ハワイで手作りキャンドル体験

所要時間約30分で、ビーチリゾート系インテリアにぴったりなジェルキャンドルが完成! 世界でたったひとつのキャンドルをハワイで手作り体験しよう。

公開日:2019.03.18

更新日:2019.05.11

編集部体験レポート

ハレハナ・ワイキキで手作り体験

※この記事は2019年3月18日に公開されたものです。

 

アロハ! ヒロヨです。
オリジナル小物が作れるワイキキの手作りスタジオ「ハレハナ・ワイキキ」へ久々に行って参りました。前回私が取材させてもらったのはこちら。

ハレハナ・ワイキキのスノードーム

いやー、このスノードーム作り楽しかった〜。
我が子ながら「こんなアイテムのチョイスや組み合わせをするんだ〜」と発見ばかり。当時8歳だった兄は11歳になり、5歳の次男は当時の長男の年齢になり、ここには登場していない三男が次男の年になり…と、時間が立つスピードに愕然としてしまいます。

でもこの体験をさせてもらったおかげで、記憶が薄れかけていた当時の子どもたちの様子が今でもありありと蘇ってくるから、やっぱり思い出作りって大切

スノードーム以外にもドリームキャッチャーなど、いろいろなクラフト体験ができるハレハナ・ワイキキですが、今回は編集部のインターン、カエデがジェルキャンドル作りに挑戦します!

オフィスや取材先でいろいろなリクエストや無茶振り(!?)にも対応してきたカエデですが、手作りって得意なのでしょうか?

カエデ:「え〜…。がんばります!」

…心配だ。いや、でもきっと大丈夫! カエデはやってくれます! そして今日も私はそっと見守ります。笑

ハレハナ・ワイキキの日本人オーナー

先生はハレハナ・ワイキキのオーナーのケイコさんです。手先が器用なクラフトマスター!

ジェルキャンドルの材料

こちらがジェルキャンドル作りに使用する材料。手前にあるふたつの容器からひとつをチョイスし、カラフルな砂の中から5色を選んでから、ジェルキャンドル作りのスタートです!

ジェルキャンドル作り

まずは容器の底にキャンドルの芯をくっつけます。そして選んだ5色の砂を容器の1/3までスプーンを使って順番に入れます。1/3以上入れると砂が多すぎてジェルが上手く固まらず完成がぐちゃぐちゃになってしまうので砂の量に注意!

カエデ:私はオレンジ、イエロー、グリーン、ターコイズ、ブルーでレインボーカラーになるように砂を選んでみました〜。

ハレハナ・ワイキキのジェルキャンドル作り

お客さんのなかには、砂を全部どばっと一気に入れてぐるぐる振れば砂の層ができると思っている方もいるそうですが、

なりません!

ここはコツコツやっていきましょう。砂を入れ終わったらデコレーションです。

ジェルキャンドルのデコレーション

カエデ:どれをどこにどう並べるかで印象がガラリと変わるので、センスが問われる重要なポイント。どれもかわいくて悩みだすと一生決まらなさそうでした。「外側に見えるように置いていくとかわいいよ~」と言うケイコさんのアドバイスに従って、私は迷わず一気に外側一周に飾りを乗せちゃいました。笑

そばで様子を見ていた私は、カエデが飾りを容器に入れるたびになぜか息を止めていて、苦しくなってしまいました。笑

そして飾り付けが終わったのがこちら!

ジェルキャンドル作り

かわいい! 雰囲気のある感じで大成功じゃないですか?

貝殻など、中に入れる飾りは持ち込み可能だそうです。ここまで来れば完成は間近! それでは最後まで工程を一気に説明しますよ〜。

  • 温めたジェル(蝋)をケイコさんに注いでもらいます。このジェルは、中のデコレーションが崩れないような粘度で、透明色を保つよう調整されています。固まるまではジャーをむやみに持ち上げたり振らないように注意!

  • キャンドルのフレグランスとなるオイルを決めます。ラベンダー、プルメリア、マンゴー、ピカケの4つの中からひとつ選べ、カエデはプルメリアをチョイスしました。

  • 次は容器のデコレーション。ステッカーが用意されているので、好きなものを選んで貼り付けます。「麻に飾りを通して、容器に括りつけてリボン結びにするのですが、実はリボン結びがジェルキャンドル作りのなかで、一番難しかった気がします。笑」と、カエデ。

  • 芯の先を切ってコルクの蓋をします。

ジェルキャンドル完成

そしてついに…

完成

早い! 通常は約30分のコースですが、カエデは22分で終了。

ジェルはほぼ固まっていましたが完全に固まるのを待ち、オフィスに戻ってから火を灯してみました。

ジェルキャンドル

蓋を開けると、プルメリアのいい匂いがふわっと漂い、火もしっかりと付いてとてもきれい。ジェルの気泡がキラキラしてなんとも幻想的〜。

 

ジェルキャンドルを作り終えたカエデの感想

ジェルキャンドル作りの感想

私は芸術的センスが皆無なのでちゃんとしたものができるのか不安でしたが、お店の中の家具も手作りしてしまうほど器用なケイコさんの優しいサポートのおかげで、安心して作れました。難しいことや特別な技術、道具も必要なく、30分ほどでしっかり自分のオリジナリティも出せる作品が完成するのがうれしいポイント。キャンドルとしてはもちろん、そのままインテリアとして飾ってもかわいいなと思いました。旅の素敵な思い出、記念の品になること間違いなしです!

そしてもうひとつ驚いたのがこちら↓

ハレハナ・ワイキキのインストラクターコース

私はレインボーを作って大満足していましたが、インストラクターコースで作るものを見せていただくと、模様や文字が入っていて、あまりの細かさに絶句でした。どうやって作るのか不思議でしょうがないです。

スノードーム作りなどのほかの体験も楽しそうで、次回のハワイ旅行でやってみたいなあと思いました!

このジェルキャンドル体験は$38で3歳から参加OK。お子さんの自由研究にもぴったりです。アロハストリートのクーポンを使用すると料金が割引されるので、予約の際にクーポン使用希望とお伝え下さい。

また、カエデが絶句するほどの作品作りの技術がマスターできるインストラクターコースも受付中。インストラクターコースは、3つの課題を製作し所要時間は約4時間で18歳以上の方限定となります。ワイキキ内のココナッツ・ホテルでも毎月出張ワークショップを実施し、ココナッツ・ホテル宿泊者は無料で受講できます(宿泊者優先、宿泊者以外の方は$25で要予約、クーポン使用不可)。詳細はハレハナ・ワイキキのインスタやココナッツ・ホテルのウエブページでチェックを。

ハレハナ・ワイキキの店内

ショップでは、手作り体験はもちろん雑貨も販売しているので、お買い物もできますよ。ショップへの行き方は下のスライドショーをご覧ください。

不器用さんも気にしない! 自由な作品作りでハワイ旅行の思い出を形に残してみませんか?手頃な価格なのでお友達同士やファミリーでの参加もおすすめです。

ハレハナ・ワイキキ

住所
307 Lewers St., Suite 202, ワツムルビル2階, Honolulu, HI 96815

GoogleMAPで見る

電話番号
808-312-2021 (日本語OK)
営業時間
10:00~17:00(月~土曜)※17:00~完全予約制
定休日
日曜
カード
VISA MasterCard Discover Diner's
アクセス

ルワーズ通り沿い、「ルイ・ヴィトン」やレストラン「牛角」の並びにある「WATUMULL(ワツムル)」ビル内2階。

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top