ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
無限大!?スノードームに広がる子どもの夢【ハレハナ・ワイキキ】

無限大!?スノードームに広がる子どもの夢【ハレハナ・ワイキキ】

手作りスタジオ「ハレハナ・ワイキキ」で編集部ファミリーのキッズがクラフト体験。チョコレートに恐竜!?自由すぎます...。

公開日:2016.05.07

更新日:2017.07.21

編集部体験レポート

title2.jpgアロハ! ケイです。

今年のゴールデンウィークも、小さな子どものいる友人ファミリーがハワイへ遊びにきていました。滞在中は毎回(レンタカーなしの場合)こんな感じの↓ローテーション。

ホノルル動物園
ワイキキ水族館
ビーチ
プール

みなさんはどうですか?
もちろん、お金をたくさんかければツアーに参加するなりして、子どもたちのバラエティ豊かな楽しい思い出を作ることはできます。

でもそんなにお金をかけられない...、もしくはすでに思いつく限りのアクティビティをやってきた...etc。

そんなファミリーにおすすめしたいのは、「手作り体験」!

1.jpg今回、アロハストリート編集部のヒロヨファミリーが、手作りスタジオ「ハレハナ・ワイキキ」でケイコ先生のスノードーム作りレッスンに挑戦!

モノよりオモイデ? でも、モノもオモイデ

しっかり者なアラウィくん(兄・8歳)、おちゃめなアマウタくん(弟・5歳)、レッツ・スタートぉ!

2.jpg

「...............。」(チーン)

 

ど、どうした、ふたりとも!?

緊張プラス、スノードームの中に置く小さなパーツを5個えらぶのに、種類が多くて固まってしまったようです。

2-1.jpg恐竜や動物、熱帯魚、車、飛行機、ガイコツ(!?)のほか、

2-2.jpgパームツリー、フラガールにフラボーイ、ハンバーガーとポテト、車のナンバープレートを模したパーツも。

こだわりの強い子だったら、ここでかなり悩んじゃうかも...。

3.jpg おおっと、兄アラウィくん、手を伸ばした!

自分が率先してやらねば、弟が前に進めないと悟ったのか、ひょいひょいとセレクトしていきます。

4.jpg車と飛行機、恐竜、ゴリラ...

ふむふむ、ストーリー的には、パイロットな恐竜と走り屋ゴリラの座談会とか?

ここで弟アマウタくんへカメラを移すと...

5.jpgこ、これは!

パイナップルとスマイリーフェイス、チョコレートにくわえ、けろけろけ○っぴらしきカエル。

読めない...なんというストーリー展開!

6.jpgと、ここで母ヒロヨ、敏腕編集者としてツッコミまずにはいられなかったか!?

ヒロヨ:「ちょっとコレ、いったいどういうこと!?」

アラウィ:「クスッ(おぬし、やるな)」

アマウタ:「へへへっ(だって好きなんだも〜ん)」

アマウタくんは日頃からかわいいものが好きなんだそう。

7.jpgパーツが決まったら、強力な接着剤で固定します。ここはお母さんや、ケイコ先生がサポート。

9.jpg飛行機のように、空を飛んでいるようにも配置できるので、ケイコ先生に相談してくださいね。

アラウィくんは、ゴリラを車の上に乗せたり、自由自在。キングコングとジュラシックパークになってきました。

さて、弟アマウタくんのはというと、

8.jpgスマイリーとけ○っぴが、立ち上がったチョコレートの影に...(笑)。

10.jpgパーツを固定したら、好きな色のテープで縁のデザインをします。

12.jpgそしてスノードームの必要不可欠、「雪」となるグリッターをえらびます。なんと9種類もあるんですよ。

13.jpgグリッターをドーム部分に入れて、接着剤で土台と密着させて完了! ここまでにかかった時間は40分くらい。

なんだか懐かしい金魚すくいの袋に入れてもらって、持ち帰ります。

アラウィくん、ここまでの出来栄えに満足気です。

このあと、最低1時間はぜったいに上下ひっくり返さないこと。土台の接着剤を完全に乾かさないと、せっかく入れたグリッターが全部くっついちゃいますからね。すぐにお水をいれてみたいところですが、我慢です。

14.jpgそうそう、我慢、我慢ね〜!と、言い聞かせた直後に、うっかり3回ほどひっくり返した弟アマウタくん。期待を裏切りません(笑)。

snowdome.jpgそして夜、自宅でお水をドームに満たしたあとの写真がこちら。

手前が兄アラウィくん、奥が弟アマウタくん作。なかなかの出来上がりです。

キラキラとグリッターが降っていてロマンチック〜! 3回も落とした弟アマウタくんのほうも、それほど大きな被害がなくグリッターが舞っています。

ヒロヨ:「水が入ったのを見た瞬間からテンションMAXに。とっても楽しかったようで、またやりた〜い!とおねだりされています」

見ていた私も作ってみたくてたまらなかったので、大人も一緒になって楽しめるクラフト体験ですよ。

このスノードーム作り(ひとり$38)のほか、ハレハナ・ワイキキではトートバッグやポーチにオリジナルプリントをするコースや、おしゃれなドリームキャッチャー作りコース、ジュエリー作りコースなど、子どもから大人まで対象のさまざまな「手作り体験コース」を提供しています。

旅行中、1日くらいワイキキの中でクラフトをしながらのんびり過ごすのもイイですよね。

そんなハレハナ・ワイキキのスタジオの場所はこちら↓

17.jpgここのところホットなワツムル・ビルです! 先日もシャビールームの体験レポートでご紹介しましたね。

ワイキキのルイ・ヴィトンの裏側、ルワーズ通りに入り口があります。

18.jpgここの2階。
エレベーターホールのドアを入り、左手2軒目がハレハナ・ワイキキ。手前はシャビールーム、奥はマノア・ラブ・デザイン

このフロアだけでも人気のショップばかりギュギュッと集まっています。

keiko2.jpg明るくておだやかな空気が流れる、癒やし系のスタジオです。

今回のスノードームなどは予約なしで直接お店での申し込みもOKですが、「絶対にこの日、この時間に受けたい」という希望がある場合は事前予約がおすすめです。
コースメニューはこちら>>
ご予約はこちら>>
★レッスン$5オフやプレゼントありの(コースによる)クーポンはこちら>>

次のハワイ旅行のプランに、「手作り体験」を入れてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top