ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
オリーブオイルで!?ガーリックシュリンプ&ポケの作り方

オリーブオイルで!?ガーリックシュリンプ&ポケの作り方

ハワイ産のマカダミアナッツを使ったオリーブオイルが優秀過ぎる!?ハワイの料理2品をオリーブオイルを使って作ってみました。

公開日:2018.12.11

更新日:2018.12.18

編集部体験レポート

アロハ! ヒロヨです。

先日エリカから

エリカ:「オリーブオイル使って料理します?」

と聞かれ、何を唐突にと思いながらも

ヒロヨ:「するよー(夫が)。フムスとか、タプナードとかサルサとか(夫がね)」
エリカ:「では決定! アイランド・オリーブオイルの取材をお願いします」

そういうことだったのか…。

というわけで今回レポートするのは、ワードとカイルアにショップがある「アイランド・オリーブオイル」。お店紹介だけでなく、実際に何か作ってみようと思い、まずはワード店へ行ってきました。

お店はワードセンター内1階。美容室の隣です。

店内の様子はこちら

高品質で種類豊富なフレーバーのエクストラ・バージン・オリーブオイルのほか、バルサミコ酢もずらり。イタリアの食材やおみやげにぴったりなメイド・イン・ハワイのクッキーなども取り扱っていて、ちょっと珍しい食材も手に入ります。

さて、何を作ろうかと思いつつお店の商品を見ていたら「こんなにフレーバーがあるならハワイらしい料理も作れるのでは?」と思いすぐにイメージしたのが

ガーリックシュリンプとポケ!

どっちも大好き! でも…

作ったことがない!

でもせっかくだからチャレンジしてみよう。作ったことはありませんが、何度も食べているので何とかなるはず。

お店のスタッフに相談しながら、ガーリックシュリンプとポケに使うオリーブオイルを決定! 自然の植物を使ってバターの風味を出したバターオリーブオイルとハワイ産のマカダミアナッツを使ったマカダミアナッツオリーブオイルの2種類です。

マカダミアナッツオリーブオイルはクセのない味わいでどんな料理とも相性が良く、揚げ物にも適しているそう。焼き菓子を作る際にバターの代わりに使用することもできるんですって!

オリーブオイルのほかにもお店で取り扱っているシーソルトとマンゴー白バルサミコ酢をチョイス。上の写真が今回使用する全商品。右側から時計周りにマカダミアナッツオリーブオイル(200ml、$14.95)、バターオリーブオイル(60ml、$7.95)、マンゴー白バルサミコ酢(60ml、$7.95)、パラダイス・シーソルト各種(各$9.95)です。

マンゴー白バルサミコ酢を選んだ理由は、これを使ってドリンクを作ってみようかと…。リンゴ酢を炭酸で割って飲んだりするの流行ってますよね?それを真似てみようかな、と思いまして。

作ったことはないですけどね…。(しつこい)

でも作ったことがない私が成功すれば、誰でも作れるということです。それを証明するべく、緑が見える素敵なキッチンスタジオ(注:私の家ではありません。笑)からレポートしますよ!

 

1品め:ガーリックシュリンプ

<材料>2人分
・エビ20匹ぐらい(下処理済み)
・バターオリーブオイル 小さじ1
・マカダミアナッツオリーブオイル 小さじ2
・にんにく 1片
・シーソルト「マグマホット」 小さじ1.5〜2
・乾燥パセリ 少々

【下味用】
・白ワイン 大さじ1
・バターオリーブオイル 小さじ1
・マカダミアナッツオリーブオイル 小さじ1
・にんにく 1片

<作り方>

  • 1.ジップロックなどの袋に下処理したエビと刻んだにんにくを入れて、白ワイン大さじ1とマカダミアナッツオリーブオイル小さじ1、バターオリーブオイル小さじ1を加えてマリネしておきます。

  • 2.マカダミアナッツオリーブオイル小さじ2とバターオリーブオイル小さじ1をフライパンに入れて熱し、刻んだにんにくを香りが出るまで炒めます。

  • 3.マリネしていたエビをマリネ液ごと投入!

  • 4.エビが赤くなってきたらひっくり返し両面焼き上げます。最後にハワイ産チリ入のシーソルト「マグマ・ホット」小さじ1.5〜2くらいで味付けし、乾燥パセリをふりかけ、香り付けにほんの少しバターオリーブオイルを追加し、混ぜ合わせれば完成。

どうです?なかなかいい感じにできましたよね?オリーブオイルを2種類使うという斬新な方法。これはお店のスタッフから教わった方法です。バターを使っていませんが、それに近い香りがしてこれは良い! ソースはさらりとしたテキスチャーで、さっぱりと食べられます。植物性のオイルなのでヘルシーなのもうれしいですね。

 

2品め:塩ポケ

では2品め。ポケ! これはですね、いろんなポケがあると思いますが、私がよく行くケエエアウモク通り沿いにある「オノキムチ」のポケをイメージして作りたいと思います。オノキムチのポケは…

こちらです。どんな仕上がりになるのでしょうか!?

<材料>2〜3人分
・マグロ 200gぐらい
・シーソルト2種 適量
・マカダミアナッツオイル 適量
・紫玉ねぎ 1/2個
・ミニパプリカ 3個
・生姜 少々
・万能ねぎ 適量

赤身のマグロを買いに行ったら、1パックしかなかったので中トロ1パックを加えた豪華バーションの食材です。

そして、シーソルトはハワイのスーパーフードとして注目を集めるママキを使用した「ラッシュ・レインフォレスト」とスモーキーな味わいが楽しめる「ボルケーノ・スモーク」を使ってそれぞれの味付けで2種類のポケを作ります。

ポケにはククイの実やマカダミアナッツを砕いたものを入れることが多く、今回はそのフレーバーをマカダミアナッツオイルを使って再現してみようという試みです。ほんのりナッツの香りが漂うこのオリーブオイルは、果たしてマッチするのでしょうか?

<作り方>

  • 1.マグロを一口大に切ります。

  • 2.玉ねぎとパプリカを2〜3mmくらいの幅に薄切りします。

  • 3.1〜2の材料とおろし生姜をボールに入れて、マカダミアナッツオイル各小さじ2とシーソルト各小さじ1〜2を加え、スプーンでよく混ぜます。

  • 4.万能ねぎを加えて緑&黒塩のポケ2種が完成!

ポケって切って混ぜるだけなので楽ちん。結構オノキムチのポケを再現しているような…。正直塩が違うことに格段に味に差はありませんでしたが、グリーン・フォレストは魚に馴染みやすいまろやかなテイスト。

そしてボルケーノ・スモークは味に奥行きがあるような感じがしました。こうやって塩を変えたりして食べ比べするのもおもしろいかも。

では最後にドリンクを。こちらも簡単です。

 

3品め:マンゴービネガー炭酸割り

<材料>
・マンゴー白バルサミコ酢
・炭酸水
・氷
上記を適量

<作り方>

  • 1.マンゴー白バルサミコ酢と炭酸水を1:3の割合で入れて混ぜる。

  • 2.氷を入れて完成!

か、簡単…。この割合は好みもあると思うので、調整してみてください。実は甘みが必要かなと思ってはちみつも用意していたのですが、

必要ありませんでした

というのも酸味がまろやかでほのかな甘みも感じられ「むしろこれ以上甘みを加えないほうが良い!」という感想でした。

このマンゴー白バルサミコ酢は煮詰めてアイスクリームのシロップにしたり、焼酎やウォッカとと混ぜてカクテルとして飲む人も多いそう。ひとつでいろいろな使い方ができて便利ですね。

オリーブオイルといってもフレーバーの種類が多く、イタリアンや地中海料理だけでなく、いろいろな料理に活用できるので料理のレパートリーが広がること間違いなし。
調理前は「オリーブオイルでハワイの味を再現できるのかしら?」とちょっと半信半疑だったのですが

できます!

アイランド・オリーブオイルでは、オリーブオイルとバルサミコ酢の試飲ができるので味を確かめてから購入できます。また、ボトルのサイズは4種類あり、ミニボトルはバラマキみやげとしても喜ばれそう。アロハストリートのクーポンを使用すると$30以上の購入で$5オフになるので、こちらもぜひ活用ください。

今回作ったものの中で私のお気に入りはポケ! もちろん魚の鮮度でも味が左右されると思うのですが、具材を変えたりスパイスを加えたりして改良してみる余地あり。上手にできたらまたレポートしますね。ポケはおつまみにもいいですが、ご飯に盛って丼にすればがっつり飯のできあがりです。これもまた美味しいはず!

アイランド・オリーブオイル

<ワード店>

住所
1200 Ala Moana Blvd. , HI ワード・センター1階

GoogleMAPで見る

電話番号
808-388-8912
営業時間
10:00〜21:00(月〜土曜)、10:00〜18:00(日曜)
カード
VISA MasterCard Amex Discover JCB
駐車場

無料駐車場あり

<カイルア店>

住所
609 Kailua Rd Suite 102 Kailua, HI 96734

GoogleMAPで見る

電話番号
808-388-8912
営業時間
10:00~20:00(月~土曜日)、11:00~19:00(日曜日)
カード
VISA MasterCard Amex Discover JCB
駐車場

無料駐車場あり

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top