ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
感動&レア感満載!ハワイ島にしかないこと9

感動&レア感満載!ハワイ島にしかないこと9

ハワイ諸島最大の島、ハワイ島。真夏から真冬まで、砂漠から熱帯雨林まで、バラエティ豊かな自然を実感できる場所。そんなハワイ島にしかない「特別」をご紹介!

公開日:2018.06.10

更新日:2018.06.19

まとめ記事

ハワイ諸島は主に8つの島がありますが、ハワイ島はほかの7つの島がすっぽり収まるほどの大きさがあることから、「ビッグアイランド」とも呼ばれています。ただ大きいだけではありません。ひとつの島の中に11種類もの気候帯があり、気温も湿度もさまざま。そのおかげで、真夏から真冬まで、砂漠から熱帯雨林のジャングルまで、この島の中だけで体験できるんです。

そんな豊かな自然の表情にあふれるハワイ島。ほかのハワイの島にはない、ここだけの9項目をご紹介します。

もくじ クリックすると、各項目にジャンプします。

 

●活発な火山活動

※2018年6月8日現在、火山の噴火活動により公園の大部分が閉鎖されています。最新情報はハワイ州観光局の公式日本語サイトをご確認ください。

いま現在も活動中のキラウエア火山を中心とした、世界遺産にも登録されている国立公園。赤いマグマの様子を見ることができる火口近くの展望台や、ゴツゴツの溶岩台地を歩くことができるトレッキングコースがあったりと、観光しやすく整備されたエリアが多くあります。自然の雄大さ、美しさ、そして畏れを同時に感じることができる、ビッグスケールな感動体験です。

 

 

●地上4200メートルで宇宙を感じる

4,205メートルと太平洋最高峰のマウナケア山の頂上は、世界でもっとも天体観測に適した場所とされ、日本のすばる望遠鏡ふくめ、世界各国の天文台が設置されています。雲よりもさらに高い、空気がすんだ場所から眺める星空は圧巻の美しさです。山頂へは未舗装道路を通る必要があり、また高山病の恐れもあるので、山頂へ行く際はツアー参加がおすすめ。マウナケア山頂ツアーでは星空観測と合わせて、夕日や朝日を見ることができるチャンスも。山頂の気温も0℃前後と、南国ハワイらしからぬ寒さを味わえるのも貴重な体験です。

 

 

●野生のマンタと出会える


ハワイ島コナ沿岸は、世界有数のマンタ生息地としても知られています。ほかの場所ではダイビングをしないとなかなか出会うことができないマンタですが、ここでは深く潜らなくてもシュノーケルでマンタを見ることができます。ただし、夜間限定。ボートが発するLEDライトに集まるプランクトンを食べに、マンタがやってくるんです。もともと海で出会う確率が少ないレアな生き物であるマンタレイを身近に見られる上に、夜の海というミステリアスな雰囲気が相まって宇宙空間にいるような幻想的な体験ができるツアーです。

マンタ・ナイト・シュノーケルの詳細はこちら>>

 

 

●アメリカ最南端がある

ハワイ島の最南端は、アメリカ合衆国の最南端でもあります。ここは「サウスポイント」、ハワイ語で「カラエ」と呼ばれています。ハワイアンの祖先であるポリネシア人がカヌーで初めてハワイにたどり着いた場所で、ハワイアンの聖地となっています。現在でも、係留のために空いた穴が崖のいたるところに残っています。荒涼とした断崖絶壁と、見渡すかぎりの深い青の大海原にロマンを感じる場所です。

 

 

●白、黒、グリーンの砂浜がある

ハワイのビーチと言えば、真っ白な砂浜をイメージされることが多いのではないでしょうか。溶岩に囲まれたハワイ島は、ほかの島に比べて砂のビーチが少ないのも、特徴のひとつ。

しかし中には、アナエホオマルベイやハプナビーチのように真っ白な砂浜が広がるビーチがあります。それだけでなく、火山から吹き出した溶岩が長い年月をかけて細かく砕け、砂となったブラックサンドビーチ(プナルウ・ビーチ)や、緑色の宝石「ペリドット」の原石が含まれた緑色の砂浜のグリーンサンドビーチなど、ユニークなビーチが存在します。

 

 

●アメリカ全土でも貴重な商業バニラ農園がある

栽培がむずかしいとされているバニラビーンズの専門農園「ハワイアン・バニラ・カンパニー」。広いアメリカの中でも、商業ベースでのバニラ専門農園はかなり貴重な存在です。農園ではバニラが栽培されている様子を見学でき、実際にバニラビーンズを使用したアイスクリームを味わえるツアーが実施されていて、ハワイ島を旅行で訪れるたびに参加するというファンがいるほどの人気を集めています。ギフトショップではバニラビーンズやバニラエッセンス、バニラを使ったお茶や調味料など、おみやげにも最適なアイテムが販売されています。

 

 

●コナコーヒー農園

世界三大コーヒーの高級豆「コナコーヒー」は、ここハワイ島のコナ地区で栽培されたコーヒーの中でも、さらに厳しい基準をクリアしたものだけが与えられる称号です。フアラライ山の山麓には大小合わせて何百というコーヒー農園があり、この一帯は「コナコーヒーベルト」と呼ばれています。日本でもおなじみのUCCハワイ コナコーヒー農園をはじめ、さまざまな農園が園内ツアーを実施していて、ハワイ島観光の定番人気スポットでもあります。

 

 

●聖なる谷で乗馬ができる

ハワイ島北部、ハマクア地区にあるワイピオ渓谷。熱帯植物が生い茂るジャングルの中は、カメハメハ大王が幼少期を過ごした場所であり、古代ハワイの王族が埋葬されているとされる神聖な場所。その谷には神聖な「マナ」が宿ると言われています。谷の中のほとんどが私有地で、許可のない車両の走行は禁止されていますが、そのため原始のハワイの風景が残るとも言われています。そんな神秘的なワイピオ渓谷の中を、乗馬しながらめぐるツアーがあるんですよ。それが「ほろほろアイランドツアーズ」の谷コース。馬の扱いに精通した馬の達人ガイドが、渓谷を案内してくれます。

 

 

●空港がオープンエア

ハワイ島のコナ空港(エリソン・オニヅカ・コナ国際空港)はターミナルに屋根がなく、飛行機の乗り降りにもタラップを利用します。飛行機を一歩降りた瞬間から暖かいハワイの空気に包み込まれる、ハワイらしさ満点のオープンエア空港はまさにハワイ島ならではの体験です。

 野生のイルカと一緒に泳ぐことで、たっぷり癒されるハワイで人気のアトラクション。課外授業の感覚で、先生はイルカ、学級委員はスタッフ、生徒となるのは参加者というコンセプトが名前の由来。ユニークな…

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top