ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
祝5周年!カハラのアランチーノで極上ディナーを実食

祝5周年!カハラのアランチーノで極上ディナーを実食

オープン5周年を記念して、「アランチーノ・アット・ザ・カハラ」からディナーメニューの数々が新登場!全7品を試食してきました〜。

公開日:2018.05.31

更新日:2018.06.07

編集後記ブログ

アロハ! エリカです。

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」内にある人気イタリアンレストラン「アランチーノ・アット・ザ・カハラ」は今年でオープン5周年! 5周年を機に新たなディナーメニューが登場したとのことで、お料理をいただきにお邪魔してきました〜。

 



新登場したディナーメニューは、全部で7品。前菜をはじめ、ピザにパスタ、メインのお肉まで一挙にご紹介します!

●新メニュー 〜前菜〜●

その1:フォアグラとイチジクのひとくちシュークリーム$25

竹炭を練り込んだシュー生地の中に、フォアグラとイチジクのジャムが入った見た目もユニークな一品です。

アランチーノのメニューって、見た目からはどんな食材が使用されているのか、どんな味がするのか想像できないことが多くて、毎回ワクワクしちゃうんです。今回も出だしから、キター!という感じ(笑)。

 

サクッとしたシュー生地の中にトゥルンっと現れるフォアグラ&イチジク。

フォアグラのコクとイチジクの甘み&酸味が合わさることで、シンプルながらも奥深い味わいを感じます。ワインとも合うんだろうなぁ〜。

ひとくちサイズですが、ひとくちで食べるにはもったいなさすぎて、チビチビと大切にいただきました。

 

その2:カンパチのカルパッチョ、カラスミと柚子のドレッシングで$24

お皿の上にお花が咲いたような華やかなプレゼンテーションにうっとり…なこちらは、ハワイ島で穫れるコナカンパチをメインに、ヤシの芽、ノースショアのシーアスパラガス、カラスミ、仕上げに柚子と香草のドレッシングを垂らしたひと皿。

 

ほどよい脂がのったプリップリのコナカンパチは、それだけでも間違いなく美味しいのですが、コリコリしたヤシの芽の「歯ごたえ」や、柚子&香草の「香り」がプラスされることで、カンパチ本来の旨味がさらに際立ちます。

まさに、日本食のいい所と、イタリアンのいい所を合わせた、いいとこどりプレート!

 

その3:トマトのアランチーニ アラビアータソースで$13

形がオレンジに似ていることから、イタリアでは「アランチーニ(小さなオレンジ)」と呼ばれるライスコロッケ。アランチーノのアランチーニは、まさにアランチーニ(小さなオレンジ)! (早口言葉みたいになってしまいました…笑)

 

半分に割ると、トロ〜ンととろけるモッツァレラチーズ、トマトリゾット、和牛のミートソースがホカホカあふれだします。

ピリ辛の特製アラビアータソースとトマトのパウダーに絡めていただくと…

外はサクッ、中はアルデンテのリゾットがトロッと美味しい〜! アランチーニを生み出してくれたイタリア人と、それを美味しく提供してくれるアランチーノのシェフに感謝の意を捧げずにはいられません…。

 


●新メニュー 〜ピッツァ〜●

その1:ブレザオラハムとルッコラのピッツァ$27

ピザ生地の上に牛肉の生ハム、ルッコラ、パルミジャーノ・レッジャーノが盛りっ盛り!

初めて牛肉の生ハムをいただいたのですが、濃厚な牛の旨味・コクがギュッと一枚に詰まっていて、美味しい〜。サラミはちょっと苦手なのですが、これはイケる!

散りばめられたレモンゼスト(レモンの外皮)やレモンの果汁、フレッシュなルッコラ、大きめにスライスされたチーズ…素材がまるごと生かされたあっさり美味しい一枚でした。

 

その2:イタリアンソーセージとイタリアンブロッコリーのピッツァ$25

イタリア惣菜の定番、ブロッコレッティとイタリアンソーセージ、チェリートマトをトッピングしたピッツァ。

アランチーノに来ると、毎回定番の「マルゲリータ」をオーダーするので、じつは、ほかのピザってあんまり食べたことがないんですが、これ、完全にハマりました。

ハーブやスパイスを感じるジューシーなイタリアンソーセージと、菜の花のようなほんのり苦味のあるブロッコレッティの相性が抜群。それに外パリッ、中モチッのピザ生地が合わされば、止まらぬ旨さです。あ〜、また食べたいなぁ…。

 


●新メニュー 〜パスタ〜●

イカ墨を練り込んだ自家製生パスタ "キタッラ" シーフードペスカトーラ$35

麺が見えないほど、カニ、エビ、ホタテ、ハマグリ、タコなどのシーフードがゴロゴロのってます。カニなんて爪まるごと! なんて幸せな光景なんでしょう。

 

麺は平たく太め。伝統的なピリ辛のトマトソースがしっかり絡み、口にふくんだ瞬間、シーフードの香りがフワンと鼻から抜け、幸福感がハンバない…。キタッラは、ブリンッとかなりしっかりめの歯ごたえで、食べごたえ満点。

 

特別に見せていただいたキタッラを作る道具。長方形の箱に針金が張ってあり、ギターの弦のような見ためであることから、イタリア語で「ギターの弦」という意味のキタッラと名付けられたのだそうです。

この上で、平たくのばした生地を綿棒でのばしながら、手作業で作られるキタッラ。手間がかかっているんですね〜。


●新メニュー 〜肉料理〜

子羊の香草パン粉焼き マウイオニオンのロースト添え$43

コロラド産の子羊をグリルし、フレンチマスタードと香草パン粉で仕上げたひと皿です。
ラム肉って、普段めったに食べないのですが、こんなに美味しかったですっけ…?

 

キラキラと肉汁があふれるピンク色の断面に、食べる前からノックアウト! 顎に力を入れなくても、かんたんに噛み切れてしまうほど柔らかく、とってもジューシーなんです。

臭みもなく、脂っぽくもないので、食べやすいです。すでにお腹いっぱいでしたが、美味しすぎてペロリと平らげちゃいました(笑)。

 


 

最後はデザート(新メニューではありません)までいただいてしまって、最っ高にしあわせなアランチーノ時間でした〜。

 

  • アランチーノを支える副社長のアヤさん、

  • 総料理長のダイスケさんと。

5周年を迎えたアランチーノ・アット・ザ・カハラでとびきり贅沢なディナータイム、オススメです〜。

今回ご紹介したディナーメニューは、毎日17:00〜オーダーが可能。混み合うことが多いので、利用の際は、予約がスムーズですよ!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top