ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
蟹食べ放題でこの値段!?マリオットの海前ビュッフェ

蟹食べ放題でこの値段!?マリオットの海前ビュッフェ

蟹が食べ放題でオーシャンビュー、それでいて$40以下!クヒオ・ビーチ・グリルの週末限定シーフード・ビュッフェがスゴいんです。

2018.01.25

編集部体験レポート

アロハ! エリカです。

●蟹&プライム・リブが食べ放題
●海前の絶好ロケーション

…なのに、

お値段1人$48!!! (アロハストリートのクーポンだと、ここからさらに20%オ

そんなと〜っても魅力的なビュッフェがワイキキの中心でいただけるのをご存知ですか?

ででんっ!それが、こちらの「クヒオ・ビーチ・グリル」。

ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ2階にあり、大窓から見えるワイキキビーチを目の前に、のんび〜り食事が楽しめるホテルビュッフェです。

そんなクヒオ・ビーチ・グリルでは、

月曜:アメリカンBBQ
火曜:イタリアン
水曜:ハワイアン・ポケ
木曜:アジアン
金〜日曜:シーフード

というように、毎日異なるテーマのビュッフェ・ラインが楽しめるらしいのですが、今回は、中でもとくに人気の週末限定シーフード・ビュッフェへインターンのミキちゃんと行ってきました〜!

 


 


オープンと同時の17:00にお店に到着し案内されたのは、こちら窓側の2名席。


カラカウア通りを挟んだ向かいに、一面に広がるワイキキビーチが!

2階なので見晴らしも良い上に、クーラーが効いた静かな室内でこの絶景を満喫できるって最高!暑そうに歩いている人たちを横目に、ちょっとした優越感さえ感じます(笑)。

さて、ベスポジを確保したところで、さっそくお料理拝見といきましょう。


まずは、毎日提供されるメインのプライム・リブ目掛け一直線!

プライム・リブ専用カウンターが設けられ、シェフが目の前で一枚ずつ切り分けてくれます。


ナイフが入れられると同時に、美しい赤身が現れ、きらめく肉汁がジュワワ〜とあふれ出す光景に思わずゴックン。は、はやく食べたい…。

 

ミキ:おいしそ〜。

ミキちゃんも照りってりのローストビーフを両手にニヤニヤが止まらない様子。

レアが苦手な人は、その場でリクエストすればフライパンでお好みの焼き加減まで焼いてくれるうれしいサービスも。ぶ厚めにカットし表面を焼いてもらって、ステーキのように食べるなんてこともできちゃいますよ…ニヤリ。

プライム・リブをいち早くゲットし、お次は週末限定メニュー、蟹のもとへ。

 


キララ〜ン!とってもしあわせな光景…。

食欲をそそる鮮やかな赤色、見るからにぎっしり詰まった身、ほんのり香る磯(いや、蟹味噌?)の香り…

美味しくないワケがない!!!

 


ミキ:重たい〜!

その重みから、蟹の身がぎっしり詰まっていることを確信したからでしょうか…またしてもニヤニヤが止まらないミキちゃん(笑)。

ウォーマーで保温されているため、ホカホカ。蟹が少なくなってくるとすぐに新しいものに取り替えてくれるので、常に新鮮な状態で楽しめます。

 


ビュッフェ・コーナーの中心には、ホットミール(右側)とサラダ・バー(左側)があります。

 


ホットミール・コーナーにはサーモンをはじめ、あさりなどのシーフードがたっぷり入った煮込み料理や子羊のラグーなど、魚&肉料理がずらり。スパイスのええ〜香りが漂ってます。

ホットミール一覧はこちら↓

 

続いて…

反対側のサラダ・バーには、

新鮮な野菜やフルーツの盛り合わせ(写真左)のほか、茹でエビ(写真右)やスモークサーモンといった冷菜が並んでいました。

サラダのドレッシングやトッピングも充実していて、野菜だけで豪華なワンプレートができそう。

 


ほかにも、シーフード・ビスクパンやチーズのコーナーもあり、思っていた以上に品ぞろえが豊富でした。

何度もいいますが、これで1人$40(アロハストリートのクーポン利用時)いかないんですよ…物価の高いハワイでは、食べ放題でこの値段ってある意味奇跡かも。

 

さて、お次はデザート・コーナーを拝見…といきたいところですが、我慢の限界です。
すみませんが、先に食レポさせてくださいまし(笑)。

 


いったん席に戻りカンパ〜イ!

ドリンクはビュッフェ代に含まれていないので、別で注文します。私は「クラフトビール($7)」、ミキちゃんは女性に人気の「ピンク・グアバ・フィズ($12)」をオーダー。

ちなみに、ちょうどハッピーアワーの時間帯(17:00〜18:30、20:30〜22:00)で、通常よりお得にドリンクが楽しめました。ラッキ〜!

 


レストランの中央にあるカウンターで、バーテンダーがドリンクを作ってくれます。
じつはこちら、50種類以上のセレクションがそろうワイキキ随一の「ウィスキー&バーボン専門ラウンジ」なんです。

 


ウィスキーは普段飲みませんがせっかくなので、シグネチャーの「オールド・ファッション($8)」をオーダー。
口に含んだ瞬間に芳醇な香りが鼻まで抜け、いい苦さをグッと感じる渋めの一杯です。

ウィスキー以外にも、カクテルやワイン、ビールも種類豊富にそろうので、思い思いのお酒を楽しめるのがいいですね。

 


こちらのバーカウンターでは、アラカルト(別料金)もオーダーできます。

※バーカウンターでお食事の場合のみ。ビュッフェと一緒にオーダーはできません。

メニューをチェックしてみると、「ポーク・ベリー($13)」や「ハマグリの白ワイン蒸し($17、写真)」などのスモール・プレートをはじめ、スープやサラダ、スライダーなどバラエティ豊かなメニューがありました。

 


私たちは、「マリオット・バーガー($18)」をオーダーしてみることに。

じつはこのハンバーガー、全世界に5500余りあるマリオット・ホテル共通のメニューで、ベーコンがクロスされているのが特徴なのだとか。

肉感が強いパテがとろ〜んとチェダーチーズでコーティングされ、食べ応え満点!これだけでかなりお腹がいっぱいになってしまうので、いろいろオーダーしてみんなでシェアして食べるのがオススメです。

 

 

少し話がそれちゃいましたが…いざ、実食!

 


ご覧ください、この蟹の大きさ。ミキちゃんの顔と比べたらその大きさは一目瞭然!

 


にんにくが効いたバターソースをたっぷりつけていただきます。

 


フフフフフ…(笑)。

 


ミキ:おいし〜。

ええ、表情を見ればわかりますとも。本当に美味しいんだなって…(笑)。

私もいただいたのですが、プリっと引き締まった蟹の身は甘く、濃厚な味わいがたまりません!

日本にいたときもそうですが、ビュッフェで提供される蟹は空気に触れる時間が長いせいか、たまにドライなことがあるんです。でもここの蟹は汁気が多くて大当たり!

何回かおかわりしましたが、ずっとジューシーで美味しかったです。

 


カニ割りカニフォーク、手が汚れたとき用に日本タイプの大きめおしぼりも用意されていて、カニを食す環境もバッチリ!(笑)。

 


続いては、ロースト・ビーフを実食。ホースラディッシュ(西洋ワサビ)ソースにつけていただきます。
(ソースをテンテンテン…と、フレンチ風にトッピングしてみました。笑)

 


ん〜!

ホロホロとやわらかく、ひと口噛むごとに赤みの旨さをギュギュギュッと感じます。ツンと辛いクリーミーなホースラディッシュソースが肉の甘みをより際立たせ、いくらでも食べられそう。

蟹、ロースト・ビーフ、蟹、ロースト・ビーフの無限ループに思わず走るところですが、いかんいかん…ほかのメニューもしっかり楽しまねば。

 


魚介の旨みエキスがぎゅーっと詰まったシーフード・ビスクは少々味が濃いめなのですが、ソースのようにラスクにつけていただくと、おつまみ感覚でいくらでもいけちゃいます。

後でひらめいたのですが、このビスクに蟹をほぐし入れて食べたら最強だと思うんです!これから行かれる方は、ぜひ自己流の豪華スープを試してみてくださいね(笑)。

ほかにも、まだまだ語りたいメニューが盛りだくさんなのですが、長くなってしまうので省略します…。

 

 

● ● ● ● ●

 

最後は別腹デザート!

 


じゃ〜ん!

なんと、このテーブル全部デザート・コーナーなんです。わっほ〜い!

 


チョコレートをコーティングしたイチゴや…

 


ひと口サイズのケーキやゼリーなど、宝石のように美しくかわいいデザートにうっとり。

 


ほとんどのビュッフェでは、大皿に盛られたケーキから各自サーバーで取りますが、こちらでは予め一皿にひとり分ずつ用意されているので、見た目も美しく、ソースが混ざっちゃった〜なんてことがないのがうれしいです。

私のお気に入りはカリッ、とろ〜んのクレームリュレ!また食べたい〜…。

 


 


オレンジに染まる美しいサンセットも見られて、期待していた以上のビュッフェ内容でした。
ほかの曜日のビュッフェにも挑戦してみたいな〜。

 

《アロハストリートからお得な情報》
冒頭でさりげなくお伝えしていますが、ここで朗報です!

今回ご紹介したこちらのディナー・ビュッフェがなんと!現在配布中のアロハストリート・マガジン2・3月号のクーポン利用で、$38.40とさらにお得に楽しめます!
$40きっちゃうんですよ…本当どこまでお財布にやさしいんだ〜(嬉泣)。

ぜひクーポンを利用して、ビュッフェを楽しんでくださいね〜!

ワイキキビーチに臨むマリオットホテル内のビュッフェ・レストラン。美しい海の景色を眺めながら多彩な料理を好きなだけ堪能できる。サンセットタイムのディナーはアメリカン、イタリアン、ハワイアン、アジ…

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top