ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
カイルア巡りはレンタサイクルがいい?検証してみた

カイルア巡りはレンタサイクルがいい?検証してみた

「カイルアバイシクル」で自転車をレンタルして、カイルアタウンのショップやビーチ巡りをしてきました〜。ハワイの風が気持ちいい!

公開日:2018.01.08

更新日:2018.12.11

編集部体験レポート

※この記事は2018年1月8日に公開されたものです。

アロハ! エリカです。

美しいビーチやオシャレなレストラン&カフェ、ショップがいくつも点在しているカイルアタウンには立ち寄りたいスポットがい〜っぱい!そんなカイルアを訪れる度、毎回思うんです。

あ〜あ、もっと時間があればいいのに… 


カイルアには車で行くことが多いのですが、駐車場がなかったり道に迷ったりしている間にどんどん時間が過ぎていき、行きたかったお店が閉まっていた…なんてことも。 比較的早い時間にお店が閉まるカイルアでは、限られた時間の中で効率良く回ることが大切なんです。

だからと言って歩いて移動するのは遠いし疲れる…ってなると、

やっぱりレンタサイクル?


カイルアでレンタサイクルを利用している人の姿はよく見かけるのですが、私自身、カイルアでレンタサイクルしたことってまだないんです。

果たして本当にイイの? 真相を確かめるべく、ハワイで自転車に乗るのは初!というアロハストリート読者モデルのルミさん(写真右)、マユミさん(写真左)と一緒に自転車でカイルア巡りをしてきました〜!


今回、私たちが利用したのは「カイルアバイシクル」。
カイネヘ・ストリート沿い、KFC向かいのビルの1階にあります。

カイルアバイシクル

住所
18 Kainehe St., Kailua, HI 96734

GoogleMAPで見る

電話番号
808-261-1200 (日本語OK)
営業時間
9:00〜17:00
定休日
無休(元日除く)
カード
VISA MasterCard JCB Diner's
アクセス

アラモアナセンターからザ・バス56・57番でカイルアへ。 (「ハマクアドライブ」で下車/KFCの向かい)

駐車場

あり

公式サイト

http://kailuabicycle.com/

ブログ

http://ameblo.jp/kailuabicycle/

e-mail
info@kailuabicycle.com

カイルアバイシクルのレンタル料金表

●車種:ビーチクルーザー(片手ハンドブレーキ、前カゴ&引ったくり防止用ネット、カギ、カイルアマップ付き)

2時間:$12
3時間:$14
4時間:$16
5時間:$18
8時間:$22(9:00〜17:00)

4日間:$60
7日間:$100

 

●日本式の両手ブレーキ自転車(7変速ギア、前カゴ&引ったくり防止用ネット、カギ、カイルアマップ付き)

2時間:$15
3時間:$17
4時間:$19
5時間:$21
8時間:$25(9:00~17:00)

※アロハストリートのクーポン利用で「1時間無料延長」または「1日レンタルが$2割引」になります!こちらをクリック>>

では、さっそくレッツゴー!
私たちが実際に借りた時の手順や交通ルール、自転車で回った道順を、時間軸に沿ってご紹介します!!


★ 13:15 ★

レンタル自転車の手続き

日本人スタッフがプランや注意事項などについてていねいに説明してくれます。日本語が通じるのはうれしい〜。

カイルアバイシクルでレンタルできる自転車は、右片手だけにハンドブレーキがついたアメリカ式自転車(写真左・通常ビーチクルーザーと呼ばれる車種/2時間$12〜)と、両手ハンドブレーキがついた日本式の自転車(写真右/2時間$15〜)の2種類。

スタッフ:アメリカ式自転車は片手ハンドブレーキだけでも止まりますが、ペダルを逆回転させると後輪ブレーキがかかるので慣れていない方は日本式自転車のほうがオススメです。

アドバイスを参考にマユミさんは日本式、私とルミさんはアメリカ式の自転車をレンタルすることに。

※現金での支払いも可能ですが、貸し出し自転車補償としてクレジットカード(グループに一枚でOK、AMEX除く)が必要なので持参するのをお忘れなく!

 

●出発前に知っておくべき利用方法とハワイの自転車ルール●

〈鍵のかけ方〉

4桁の暗証番号を合わせるタイプのワイヤーロックで施錠します。
こちらのワイヤーロックは、自転車にしっかり固定されているので、移動中にうっかり紛失しちゃった!なんてことがないのがありがたいです。

自転車によって暗証番号は異なります。暗証番号が書かれたプレート付きのヒモをなくさないように、自転車が決まったらすぐにカバンにくくりつけましょう。

〈停め方〉

自転車を停めるとき、ハンドルは右に切ります。

カゴに荷物をのせたまま、ハンドルを左に切ると自転車が倒れて荷物が破損してしまう可能性も…。スタンドがついている側と反対側にハンドルを向けると思えば覚えやすいですよ。

〈駐輪の仕方〉

駐輪場(鉄パイプ)は写真のように自転車の形をしたものやウネウネと山型になっているものなどさまざま。自転車のタイヤとフレーム部分にワイヤーをくぐらせ、鉄バイプと結びつければオッケーです。

駐輪場がない場合は、背の高いポールに停めましょう。低いポールに停めると自転車ごと持ち上げられて盗難されてしまう危険性があるので要注意ですよ〜!

〈交通ルール〉
自転車は車と同じ扱いなので、交通ルールも一緒。車道の右側通行が原則です。

 

これらの注意書きは、カイルアバイシクルの店内に貼ってあるので、一読してから出発すると安心です!
知ってそうで知らなかった内容に「へ〜、なるほどね〜」とふたりも熟読中。

ここまで約10分弱。13:00過ぎと遅めの時間帯からのスタートで「時間がな〜い!」と内心焦っていただけに、スピーディーな手続きはとっても助かります。

それでは、出発〜!


 

★ 13:30 ★

まずは、釜焼きピザで腹ごしらえ

本格イタリアンピザが人気の「プリマ・ハワイ」でランチ。

私が来店するときはいつも満席なのですが、遅めの時間帯ということもありこの日は空いていました。料理もすぐに出てくるこの時間帯、かなり狙いめです。

定番のマルゲリータ(写真右)とスパイシー・ミートボール(写真左)をオーダー。

キアヴェの香木で焼き上げる熱々ピザは、外はカリッと香ばしく、中はとろけるようにモッチモチの食感がやみつきになります。

熱々の出来立てピザをホフホフと頬張る瞬間ったら、最っ高にしあわせ。3食これでもいいってくらいめちゃ旨です。


 

★ 14:00 ★

オリーブオイル専門店でおみやげ探し

お腹も満たされたところで、お買い物タ〜イム!

最初に訪れたのは、エキストラ・バージン・オリーブオイルやバルサミコ酢、100%ハワイ産のマカダミアナッツを使用したオイルなどを種類豊富に取り扱う「アイランド・オリーブオイル」。

店内では試飲ができるので、味を比べながらお気に入りを見つけられるんです。
マユミさんはスッキリとした酸味が特徴の「レモン」のオリーブオイルがお気に入りのよう。

おみやげにぴったりなミニボトルタイプもありました。「これいい〜!」とふたりも興奮気味(笑)。

 


 

★ 14:20 ★

美容・健康ドリンクでひと休み

お次は、ずっと行ってみたかったセレクトショップ「スリー・ピークス」へ。

店内にはメイド・イン・ハワイの手づくりポーチやバッグ、ジュエリーなどがずらり。

カイルアで人気の自然派バス&ボディ・グッズ店「ラニカイ・バス・アンド・ボディ」とのコラボ石鹸もありました。なんと、スリー・ピークスで提供しているハワイ産クラフトビールを使用しているのだそう。これがめちゃいい香りなんです〜!

店内にあるバーカウンターでは、サーバーから直接注ぐクラフトビールが楽しめます。ビールお願いします〜!と言いたいとこですが、いかんいかん…(笑)。

代わりに、ビールと同様にサーバーから提供されるフレッシュなナイトロコーヒー(窒素入りのコーヒー)とヘルシーなコンブチャ(紅茶キノコ)をオーダー。どちらも微炭酸でスッキリした喉越しが特徴です。沁みるわ〜。

 

 

★ 15:00 ★

カイルア・ビーチでのんびりリラックスタイム


カイルアといえば美しいカイルア・ビーチ!…ですが、人気のビーチだけあって週末は常に満車なんです。徒歩やバスでも行けないことはないですが、カイルアの中心から徒歩だと約30分もかかるし、バス(70番)は一時間に一本程度しか出ていないし…という感じでいつも諦めていました…

が!

今日は自転車だからそんな心配もな〜し。レンタサイクル様様〜!
というわけで、カイルア・ビーチへレッツゴー!

カイルア・ビーチに向かうまではバイクレーン(自動車専用道/自転車レーン)があるので、そこを通ります。

ルミ:風が気持ちいい〜!いつもは車だから気付かなかったけど、自転車だと風を全身で感じられていいね〜!

ハワイでのサイクリングって本当に爽快なんです。とくに冬にあたる10月〜2月頃は涼しいので、サイクリングするのにはもってこいのシーズンです。

この日は、カイルア・ビーチ・パークに続く道路が工事のため閉鎖され、車は通行止めになっていました。本来ならガッカリしながら引き返す、もしくは必死に別の道を探すところですが、自転車なのでスイスイ〜と先に進めちゃいます。本当ノンストレス!

久しぶりのカイルア・ビーチ。鮮やかなエメラルドグリーンに心癒やされる〜…。
私同様、ルミさんもマユミさんもしばらく訪れていなかったようで、「やっぱりキレイ〜」と感動していました。

せっかくカイルアに来るなら、やっぱりビーチは行かないともったいない!うん。

 


 

★ 15:30 ★

ただいま〜!レンタル自転車を返却し、お隣へ

2時間のサイクリングが終了。

自転車を返却した後は、カイルアバイシクルの隣にあるセレクトショップ「アイボリー」でお買い物をすることに。

シンプルながらもこだわりが詰まったオリジナルTシャツは、まとめ買いしていくロコや旅行者もいるほどの人気商品なのだとか。ふたりとも「かわいい〜!」を連呼しながら、バリエーション豊富にそろうTシャツを端から端まで物色していましたよ。

ほかにも、オリジナルのキャップ帽(左)やマグカップ(右)などここでしか手に入らないアイテムが充実。どれもこれも欲しくなる〜!


今回は詰め詰めのスケジュールでしたが、自転車をレンタルしたおかげで時間を有効活用でき、行きたかったお店にも行けて大満足!

カイルアでレンタサイクルをしてみて思ったのは、 自転車だとかなり身動きが取りやすいということ。
方向音痴がゆえに道をよく間違えるのですが、車だとグルっと遠回りしてこなきゃいけない道も自転車ならヒョイッと方向転換するだけ。余計なタイムロスが少ないんです。

あと、個人的にすっごくありがたかったのは、 サドル(笑)。

は?と思われてしまいそうですが、これまでハワイでレンタルした自転車は、どうもサドルの形が合わずお尻が痛くなることが多かったんです。カイルアバイシクルの自転車のサドルは面積が広く、固すぎない日本のタイプに近いものだったので、お尻が痛くなって立ち漕ぎしなきゃいけないなんてこともありませんでした(笑)。これ私の中で結構重要なポイントなんです…。

 


言うまでもありませんが、カイルアでレンタサイクルはイイのか?の検証結果は…

とってもイイ〜!

カイルアを巡る際は、ぜひレンタサイクルを利用してスムーズかつ快適に過ごしてくださいね。
カイルアバイシクルでは事前予約を受け付けていないので、朝9:00のオープン直後からお昼までの申し込みがオススメです!

アロハストリートのクーポンを利用すれば、 1日レンタルが$2オフ、もしくはレンタル1時間延長が無料になりますよ〜!

カイルアでの自転車レンタル、ポイントはここ!

●バス停やツアーバスの停留所から、カイルアビーチまでは、歩くとけっこう距離がある
●人気のお店も、ちょっと離れていることが多い
→自転車で回るのが便利!

自転車を借りる時に気をつけるべきポイント
●クレジットカードを用意すること(グループに1枚でOK)
●日本で乗り慣れているハンドブレーキ付きがおすすめ(お店によってはブレーキがない場合がある)
●自転車に乗って出かける前に、念のためパンクや壊れている所がないか確認を。

知っておくべき自転車の交通ルール
●ハワイでは自転車は車と同じ扱いなので、必ず車と同じ方向(右側通行)を走ること。逆走しないように注意!
●自転車専用道路(バイクレーン/自転車レーン)がある場合は、そこを走ること。
●人が混み合っている歩道は、自転車で走らないこと。自転車を降り、手で押して歩きましょう。
●自転車を停める時は、自転車の形をした自転車停め(駐輪場)に停めます。ない場合は、背の高いポールに停めること。

安全のために注意すべきポイント
●前カゴに貴重品を入れないようにしましょう(ひったくりの原因になります)。
●自転車を停める時は、少しの間でも必ずカギをかけましょう。
●ハワイでは車の運転が荒い人がいるので、車道を走っていて危ないと感じたら、歩道に入って自転車を降り、手で押して歩きましょう。

 

その他、自転車だとこんな良いことも!
●カイルアの隣にあるラニカイビーチにも行けちゃう!
●景色がいい所で止まれるから、いい写真がたくさん撮れる!
自分のペースで好きなようにカイルアを回れる!
ガイドブックに載っていないお店にもふらりと立ち寄れる!
●人気のラニカイ・ピルボックス・ハイク(カイヴァリッジトレイル)に行くのにも便利!
などなど。

カイルアバイシクル

住所
18 Kainehe St., Kailua, HI 96734

GoogleMAPで見る

電話番号
808-261-1200 (日本語OK)
営業時間
9:00〜17:00
定休日
無休(元日除く)
カード
VISA MasterCard JCB Diner's
アクセス

アラモアナセンターからザ・バス56・57番でカイルアへ。 (「ハマクアドライブ」で下車/KFCの向かい)

駐車場

あり

公式サイト

http://kailuabicycle.com/

ブログ

http://ameblo.jp/kailuabicycle/

e-mail
info@kailuabicycle.com
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top