ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
豪快!骨付きマグロのレアメニュー【誠心(まごころ)】

豪快!骨付きマグロのレアメニュー【誠心(まごころ)】

心和む絶品和食メニューが堪能できるワイキキ西側のお食事処「誠心」に、見た目もインパクト大な新メニューが仲間入り!

公開日:2016.10.19

更新日:2017.09.20

編集部体験レポート

MagokoroT1620.jpgアロハ!エイ子です。

ほっと心和む和食レストランの誠心(まごころ)。お寿司やお刺身などの本格的な和食はもちろん、オムタンシチューといった洋風メニューまで、バラエティ豊かなメニューがお手頃価格で味わえるレストランに、ディナー限定の豪快なお魚メニューが登場したとのニュースをキャッチ! さっそくチェック行ってきました。

MagokoroT1613.jpgテーブルで待つこと数分...。お店のママさんが運んできたのがこちら!「まぐろの骨付き中落ち」です。

テーブルに運ばれてきた瞬間に思わず「わ~~~」と歓声を上げてしまったほどのインパクト!(笑)。

ハワイはマグロの一大産地。年間を通して新鮮なマグロが手に入ることもあり、生魚をハワイアンソルト、しょうゆ、ごま油などで味付けした「ポケ」が、ロコの生活に溶け込んだソウルフードとして知られています。

だから、マグロはハワイの人々にとっても身近な食材。

ですが、、、

こんな豪快なスタイルでマグロが提供されるのは初体験です!

MagokoroT165.jpg特大の骨付きマグロの身を目の前にして固まっている私たちを見て、「スプーンでこうやって身をすくって食べてね~」とママさん。

MagokoroT164.jpg思い切ってスプーンをグッと入れてみます。アイスクリームみたいに簡単に赤身をすくうことができました。これは楽しい!

MagokoroT168.jpgお箸でつまんでみるとこんな感じ。端の方はお箸のほうが身を取りやすかったです。

MagokoroT167.jpgお醤油にちょっぴりワサビとネギを入れて、スプーンですくったマグロをイン!口中に濃厚なマグロの旨みが広がります。う~ん、幸せ~~。

ハワイ近海で獲れたばかりの新鮮なマグロは生臭さゼロ。「魚の美味しいところは骨の回りの身」と言われていますが、この一品だけで、プリプリした食感やねっとりとした食感など、マグロの魅力を存分に堪能することができました。

MagokoroT1614.jpg片面を食べ終わったら、エイッ!とひっくり返します。

MagokoroT166.jpgウラ側も身がびっしり!まだまだ食べられるね。ということで乾杯(笑)。誠心には、ビールはもちろん、日本酒の種類もとっても豊富なんです。有名な銘柄はもちろん、レアな銘柄も取りそろえていますよ。

MagokoroT169.jpg食後はこのような状態になりました(笑)。こんなに大きいのに、お値段は$25~$35(大きさによって異なる)でとってもリーズナブルです。ちなみにこの日は女子4名でしたが、お魚はどんぶりの器がいっぱいになるくらいの量があり、みんな大満足でした。

しかも、骨から赤身をすくうという単純作業ですが、これがかなり楽しかったです。エンターテインメント性もあって、子どもも楽しめること間違いなしですよ~。

なお、「まぐろの骨付き中落ち」は、毎日必ずあるとは限らないレア度の高いメニューとなっているので、希望者は事前予約がおすすめです。予約は便利なオンラインから日本語でどうぞ。

MagokoroT1618.jpg本格的な寿司カウンターもあるレストランでは、お寿司のほか、定食各種、居酒屋風一品料理まで、多彩なメニューを提供しています。清潔で落ち着いた雰囲気のレストランは、3世代一緒の家族にも、友人同士のグループにもおすすめです。

 

MagokoroT1617.jpgリーズナブルにお食事が楽しめる人気店の場所は、ワイキキの西側、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジビーチリゾートから徒歩3分ほどのアラモアナ通り沿いにあるピンクっぽい色をした建物の1階です。

現在配布中のアロハストリート最新号(10/11月号)とウエブサイトでは、ディナー時に枝豆が進呈されるお得なクーポンも提供しているので、お出かけの際にはクーポンもお忘れなく!

 ヒルトン・ハワイアンビレッジから徒歩3分ほどのアラモアナ通り沿いにある和食レストラン「誠心(まごころ)」。ハワイで長年お弁当の仕出し屋として親しまれてきたオーナー夫妻が提供する料理は、定食、…

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top