ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
カイルアでレンタル自転車ホロホロ最新版!【カイルアバイシクル】

カイルアでレンタル自転車ホロホロ最新版!【カイルアバイシクル】

カイルアバイシクルで自転車を借りて、新ショップめぐり+ラニカイビーチへホロホロ(ぶらぶら散策)してきました〜。

公開日:2016.05.06

更新日:2018.05.14

編集部体験レポート

title2.jpg
アロハ! ケイです。

みなさんはカイルア、行ったことありますか〜!? ハワイ通の方なら、一度は行ったことがあるはず! 私は先日、プライベートでは4年ぶりに行ってきました。ええ、オアフ島在住で、家から車で30分とかからない場所にあるのに、4年ぶりです。

最後に行ったときと比べて、新しいお店がいっぱいオープンしているので、ウキウキしながら行きたいところをリストアップしていたのに、週末に車で行ったため駐車場が見つからなかったりで、結局立ち寄るのを諦めたスポットがいくつかありました。

やっぱり小回りがきいて、ストレスなく移動できる、自転車に勝るものナシ!

4.jpg

というわけで今回はリベンジをかねて、友人のアイちゃんと「カイルアバイシクル」で自転車をレンタルして、気になる新ショップめぐり+久々のエメラルドグリーンなラニカイの海を堪能してきました!

● 9:00 ●
レンタル自転車の申し込み

1.jpgカイルアバイシクルには、レンタル可能な自転車の種類が2つあります。

★ビーチクルーザー
スペック:ハワイっぽさ満点、片手ブレーキ、カゴ付き
料金:$12〜/2時間〜

★日本式自転車
スペック:日本で乗り慣れたスタイル、両手ブレーキ、カゴ付き、ギア、ドリンクホルダー、ベル付き
料金:$15〜/2時間〜

ビーチクルーザーには乗ったことがないので、慣れた日本式自転車をチョイス。両手ブレーキとドリンクホルダーが決め手です!

<自転車を受け取ったらまずすること>

3.jpg

ロックの暗証番号がついたプレートを、バッグにくくりつける! 駐輪する際に使用するロックは、4ケタの数字で施錠します。これを失くすと、歩いて帰ってこないといけなくなるので気をつけましょう。

<停め方−スタンド編>

2.jpgスタンドを使用して一時的に自転車を停めるとき、単純だけど言われないと気がつかない「なるほど〜」なコツがあります。

前輪(カゴがあるほう)を、スタンドがついている側とは反対に向けると、ひっくり返らずに安全です。

荷物をぶちまけるハメになるだけでなく、ケガをする可能性もありますから気をつけてくださいね〜!

<停め方−自転車ラック編>

 

15.jpg

一番オーソドックスで安全! 駐輪場を利用する方法。駐輪場(ラック)は自転車のシルエットをしているときもあれば、写真のようにオシャレなタイプも。自転車のフレーム部分と、駐輪ラックにロックを通して固定します。

<停め方−ポール編>

14.jpgビーチや住宅地では専用ラックが見つからないところもしばしば...。そんなときは、このように背の高いポールを使用して停めましょう。

間違ってもパーキングメーターのような低いポールや、住宅のフェンスなどに停めないように! なぜなら、ひょいっと持ち上げて盗難されてしまうことがあるんですよ〜。

● 9:20 ●
出発〜!まずは噂のヘルシーでかわいいドリンクをGET

6.jpgまずはおいしいドリンクを入手。カイルアバイシクルから5分の場所にある「アヌエヌエ」で、コールドブリューティー(水出しアイスティー)をゲット!

※編集部追記:「アヌエヌエ」は閉店しました(2018年5月現在)

 

持ち帰れる牛乳ビン型のガラス製ボトルがかわいくて、おいしいだけじゃなくお得なうれしさ。

しかもビタミンCたっぷりのローズヒップ配合で、UV対策にもばっちり。

7.jpgさっそく、自転車のカゴにセットしてあるドリンクホルダーがお役立ち〜! しっかり固定されるので、衝撃で落ちることもないです。

 

● 9:40 ●
ラニカイビーチへGO!

8.jpgようやくラニカイビーチへ向けて出発。徒歩でがんばる人たちを横目に、スイスイスイ〜と走り抜けます。カイルア通りは歩道が細いので車道を走り...

9.jpgビーチパークに着いたら公園の中の自転車専用道を走ります。

10.jpg公園を抜けると、ベスト写真スポットその1、カイルアビーチとラニカイビーチの境いめの坂道につきます。

11.jpgベスト写真スポットその2「ラニカイサイン」、坂のてっぺんにあります。ここからラニカイ地区になり、ラニカイビーチへはあとほんの少し!

 

● 10:00 ●
ラニカイビーチの小道に到着!

12.jpgはい到着! 住宅の間にある「Ocean Access」と看板の立っている小道から、ラニカイビーチへたどり着くことができます。

アイスティーを買ったアヌエヌエからここまでにかかった時間は20分でした。歩いたら40分以上かかるところを半分で来たので、その分ゆっくりできますよね。ちなみに、最近のニュースで発表されましたが、車でここを訪れることがかなり困難になってしまいました。やっぱり、自転車が正解!

13.jpgひと運動したあとのラニカイビーチの美しさといったら、このままずーっと眺めていたいくらい。足だけ浸かりましたが、全身が洗われて心まできれいになるような感覚です。

永遠のパワースポットですね〜。

ちょっとゆっくりしたら、次はタウンでショップめぐり!

 

● 11:00 ●
看板犬に会いたい!新登場のおしゃれショップ

19.jpg以前ワード・ウェアハウスにあったインドからの輸入インテリア雑貨やお洋服を扱うショップ「チャイ・スタジオ」が、カイルアに「アイランド・バンガロー・ハワイ」と名を改めて移転オープン。

ビーチスタイルとエスニックがほどよくミックスされていて、「余裕のある大人のリゾート」感たっぷりです。

お店はブーツ&キモズやマハロハ・バーガーの並びにあります。

17.jpgアイちゃんはハンドメイドのフェザーイヤリングを購入! こちらのフェザーは、自然に抜け落ちた羽を使用し、動物愛護の点にも配慮しているんだそう。

そんなネイチャーにやさしいお店には、

16.jpgこんなキュートな看板犬ピエールくんがいます。

あるときは肌触りの良さそうなインド綿クッションカバーのすき間に埋もれてたり、あるときはディスプレイのふかふかなベッドを小さな体で占領して、来客があるとタタタタと近寄って出迎えてくれます。

ああ、ピースフル...。

カイルアって、なんて穏やかな時間が流れているんでしょう。

 

● 11:40 ●
ランチは「ちょっと早め」が混んでなくてイイんです!

21.jpgカイルアに来たら必ずここで食べるという、アイちゃんおすすめのレストラン「プリマ・ハワイ」でランチ。

イタリア製の釜と、ハワイの香木キアヴェを使ってパリッと焼き上げる熱々ピザを堪能。

ピザと一緒にテーブルに出てくる「パイナップル・ハバネロ・ホットソース」がとってもおいしいんです! 辛いもの好きにはたまらない辛さと旨味です。

22.jpg

ひとつめは定番のマルゲリータ、ふたつめはレモンバジル。

ピザにレモン!?と思いますが、まろやかなリコッタチーズにレモンの酸味が絶妙にマッチするんです。

思い出しただけでまた食べたくなってきました〜〜〜!

 

● 13:00 ●
ただいま〜!

20.jpgスケジュール的にはギュギュッと詰め込んだ4時間でしたが、自転車で回ったのでストレスもなく、充実感たっぷりで帰ってきました。自転車を返したら、もうひと寄り!

 

●13:05●
お隣りのセレクトショップで賢くお買い物

23.jpgカイルアバイシクルのお隣にあるおしゃれショップ「アイボリー」で、アイちゃんの旦那さんへのおみやげ探し。

アイボリーでしか販売されていない限定Tシャツが$35〜と、レアなのにリーズナブルなのが人気の理由。デザインもシンプルなので、愛用者多数です。どれにしようかな〜♪

24.jpg...というのはフリだけで、自分がほしいものを選びはじめちゃいました(笑)。このバッグ、かわいい〜!

25.jpgおみやげなら、例えばふたりでおそろいのマグカップ($18〜)なんていうのもおすすめです!

ビンテージ風の一点物アイテムがたくさんあって、迷ってしまいますが、スタッフは日本語OKなのでいろいろ相談できますよ。

こんなに充実したカイルア散策ですが、お昼過ぎには終了。すぐそばのホールフーズやショッピングロットに寄ってお買い物しても、まだまだ余裕です。時間はお金で買えませんが、レンタル自転車で時間を有効活用するのは大アリだと思います〜!

みなさんもぜひ、次回のカイルアは入念に行きたいところリストを作って、自転車旅を計画してみてはいかがでしょうか? カイルアバイシクルでは事前予約を受け付けていないので、レンタル希望の方は朝のオープン直後〜午前中までに申し込みに行くのがおすすめですよ!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top