ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
間違いなくほしくなる雑貨、ここにあり!【シャビールーム】

間違いなくほしくなる雑貨、ここにあり!【シャビールーム】

ワイキキ中心のおしゃれな雑貨屋さん「シャビールーム」の、雑貨ホリックにはたまらないセレクトからピックアップ品をご紹介〜!

2016.04.28

編集部体験レポート

title3.jpg
アロハ! ケイです。
中学生のころから放課後になると同級生と、駅ビルに入っていた「ソニープ○ザ」(通称「ソ○プラ」、現在は「プ○ザ」)に寄り道しては、おしゃれな輸入雑貨にキャッキャしながら楽しい時間を過ごしたものです。

いまでも、通り道に雑貨屋さんがあれば必ず覗いて、「買わないで後悔するより、買ってからかえりみる」をモットーに、昔よりは自分にブレーキをかけつつも、ついついお買い物をしてしまっています。

そんな私なので、ここに行ったらきっと自制が効かなくなる...でも、最近ずっと我慢してたし、いっか〜! というわけで、ワイキキど真ん中の雑貨パラダイス「シャビールーム」へ行ってきました!

19.jpgこちらが雑貨パラダイスのあるワツムル・ビル。カラカウア大通り+ルワーズ通り、ルイ・ヴィトンの角を曲がるとすぐで、1階には焼肉の牛角があります。

20.jpgシャビールームは2階。エレベーターもありますが、階段でササッと登るのもあり。ワツムル・ビルの中は、人気のショップやアクティビティ受付オフィスなどが入っていて毎日大にぎわい! パっと見は入りにくそうなオフィスビル風外観ですが、中はワイキキでいま最もホットな場所のひとつと言っても過言ではありません。

21.jpg2階にあがり、エレベーターホールからドアを開けて進入するとすぐ左手が今回の目的地「シャビールーム」。

1.jpgどどーん!このギッシリ感、雑貨ホリックにはたまりません!! アロハストリート編集部スタッフが、友人へのギフト探しやなんやかやとお世話になっているのにもうなずけるアイテム数。いざ、物色開始!

今回は私が独断と偏見で選ぶアイテム紹介「○○○なあの人へ」シリーズをお送りします。

【毎日ハワイをプチプラに感じていたいあの人へ】

3.jpgおしゃれ〜なミニノート(各$4)。手のひらにのるサイズです。デザイン、印刷ともにハワイで行われていて、パイナップル、シェイブアイス、サーフボードがセンスよくあしらわれています。

お仕事・お勉強のメモや、ハワイ旅行の思い出をつづってみる、なんていうのはいかがですか?

13.jpgハワイで「アロハ」の意味のポーズ、シャカが形づくられているカラフルなワイヤー...なんと、ペーパークリップ($3/2個セット)なんです。

2.jpgこちらもメイド・イン・ハワイのミニポーチ($3.90)。しっかりした作りなのに、なんともプチプラ...。私の好きなシンプルな色合いでまとめてしまいましたが、いろんなカラーや柄があります。小銭、のど飴、女性の化粧品やなんやかんやと、細々としたものをいれるのにお役立ち〜!

【お茶にこだわる美しいあの人へ】

15.jpg最近、美に敏感なロコや日本のモデルの間で話題の美容ハーブティー「カハラフルーティ」($16)

ハワイで自然栽培されているハワイアンメディカルハーブ「コオコオラウ」やフルーツ配合で、ビタミンA、E、ミネラル、食物繊維、鉄分、βカロチン、カルシウム、リコピン、クエン酸が豊富。全身のさまざまな不調を整え、健康と美肌を手にいれることができるノンカフェインのお茶なんです。

お茶を出したあとの茶葉やフルーツは食べることができるそう。世代を選ばず、かつ女性ならきっと喜ばれるギフトアイテムです。

6.jpgシャビールームといえば、キッチン&インテリア雑貨が豊富!

ワイキキでは大変貴重な存在なんです。たとえば中・長期滞在でコンドミニアムを借りて「暮らすようなハワイ滞在」を楽しみたい方は、インテリアも自分仕様に整えておきたいですよね。ここならワイキキのど真ん中で、おしゃれで、遊び心のあるアイテムがたくさんそろっていますよ〜。

【お料理好きorこれから料理好きになる予定のあの人へ】

5.jpg全部そろえたくなること必至!陶製の計量カップ(セット$24)と、塩コショウ入れ(セット$9)

計量カップは入れ子式になっていて、一番外側はレモンの形をしているんです。こんなにかわいい雑貨がキッチンのカウンターに乗っかっていたら...と考えるだけでウキウキしてきませんか?

【ハワイのそよ風を感じながらお昼寝したいあの人へ】

11.jpgリサイクルコットンとオーガニックコットンを使用した、エコで体にやさしいブランケット($198)と、アロハなパイナップルクッション($38)。落ち着いた色合いで、どんなお部屋にも合いそうです。

朝イチのひんやり冷たい海でサーフィンして、アサイボウルで小腹を満たし、コンドミニアムのお部屋でクッションを枕に、ブランケットで体を包んでお昼寝...なんていかが?

【ビーチ好き、かつうっかりさんなあの人へ】

16.jpg「ALOHA」パイナップル型キーホルダー($9)。

こちら、ただのキーホルダーだと思ったら大間違い。ちょっとうっかりなロコに大絶賛の「浮く素材」なんです。

どう役立つかというと、たとえば海にお出かけするとき、車や自宅の鍵をポケットにしまいますね。海へザブンと飛び込んだり、サーフィンやボディボードをしている最中に、結構な頻度で大事な鍵を海中に落とします(笑)。そんなとき、このキーホルダーがついていれば、その浮く素材のおかげで、ピンクのパイナップルが海面にプカプカ浮かんでくれるそう。

いやいや、落とす前提で海へ持ち込むなんて...と、思ってしまうのは野暮なんでしょうね〜。

【ナチュラル&シンプルなおしゃれ派のあの人へ】

7.jpg「SEE Design(シーデザイン)」のバッグ&ポーチ(ポーチ$19〜、ミニトート$28、ラージトート$98)。

インテリア雑貨好きなら知らない人はいないはず、フィンランドの「マリメッコ」の元デザイナー、ドナ・ゴーマンさんが立ち上げたブランド。彼女がハンドペイントした模様を、100%天然素材の生地にプリントしたアイテムがそろいます。

8.jpg個性的なのに、シンプル。どれを合わせてもうるさくならず、不思議とコーディネートにマッチするんです。

厚手のキャンバス素材なので、ガンガン使っても大丈夫!

9.jpg100%天然由来の虫除けバンド「パラキート」($24)

ハワイにももちろん蚊がいて(引っ越してきてから知り、びっくりしました!)、いろいろな虫除けスプレーがドラッグストアなどで販売されています。

最近、欧米では安価で手軽な虫除けスプレーに含まれる成分が、子どもの健康に良くない影響を与えるという考えが広まり、ナチュラルな方法で対策をとる人が増えているんです。

パラキートは、病原体を持っていることが多い虫(とくに蚊)に対して、忌避効果の高いアロマオイルが数種類染み込んだパレットを、おしゃれなリストバンドにセットして身につける虫除けアイテムです。子ども、大人、ペットにも使えます。

【元気になりたい、お疲れ気味のあの人へ】

10.jpgアメリカのメイン州で手作りされている100%ブランド「Lulu's Garden」のリップバーム($5)。

グレープシードオイル、スイートアーモンドオイル、ホホバオイル、ココアバター、ラノリン、ビタミンEと、とにかく世に知られる有能な保湿成分をこれでもかと詰め込んだリップクリーム。

使い心地もばっちりですが、香りがとくに人気なんです。グリーンのパッケージは「悲しい気分や落ち込んでいるとき、元気を取り戻す」、オレンジは「免疫力や気分を高めるエンドルフィンを活発にする」と、それぞれオリジナルブレンドのアロマオイルが配合されています。

【悩み事が解決しないあの人へ】

12.jpg散々手を尽くしたけれど、悩みが解決しない。そんな方に贈りたいのは「Worry Dolls(ウォーリードール)」($8)

南米グアテマラで昔から伝わるおまじない人形です。寝る前にこの指先サイズの小さな人形に悩み事を打ち明けて、それを枕の下に入れて寝ると、あなたが寝ている間に人形が悩み事を解決してくれる...と、言われています。悩み事が解決したら、感謝の気持ちをこめて人形を土に埋めてくださいね。

これをリピート買いするお客様もいるそうですよ。

17.jpgいかがでしたか?結局、「ちょっとだけ♪」のつもりが、2時間近く長居してしまいました(笑)。スーパーシャイなオーナーのミイコさん(写真左)の仕入れセンスが抜群で、扱っているアイテムのジャンルが幅広いんです。私が紹介できたのはショップの中にあるたったの1割くらいでしょうか。とにかくギフト探しに悩んだら、ここへ駆け込みましょう!

さらに、恐らくほとんどの方が簡単に超えてしまうと思いますが、クーポンを見せると$30以上お買い物をするとギフトがもらえますよ〜!

【お・ま・け】

14.jpgアヒルコレクターの血が騒ぐ!リゾート感たっぷりなラバーダッキー(各$3)。女性っぽいのと、男性っぽいのがいたので、勝手に三角関係な修羅場シチュエーションを表現してみました。

18.jpgオーナーのミイコさんデザイン「ALOHAネコバッグ」($18)。背中の模様はハワイ諸島デザインと、なんともおしゃれなゆるキャラです。

でも、ミイコさん自身はネコよりイヌ派だそう。私もイヌ派なので、リクエストしておきました。いつかALOHAイヌバッグが誕生するかも?(笑)。

 2013年2月ワイキキDFS(免税店)隣りに登場した雑貨店。オーナーが独自に集めたセンスの良いインテリア小物からアクセサリーまで、バラエティに富んだアイテムが並ぶ。香りがすてきなフランス製ボ…

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top