ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
完全オープンエア?ロコでいつも満席...!?【ブルー・ドラゴン・レストラン】

完全オープンエア?ロコでいつも満席...!?【ブルー・ドラゴン・レストラン】

ハワイ島の隠れた名店「ブルー・ドラゴン・レストラン」に行ってきました!ロコで大人気、なかなか予約が取れない隠れた超人気店の実態とは...!?

2015.11.20

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

(※2017年10月現在:こちらのお店はリノベーションのため一時休業中です)

 

アロハ! メグミです。

ハワイ島、通称ビッグアイランドの取材を担当しているリツコ編集長と私。広いビッグアイランドで、これまで行きたいと思っていたのになかなか行くチャンスがなかったレストランがあります。お店が開くのは木〜日曜の夜だけ、しかも場所はレンタカーがないと行けないロケーション。にもかかわらず、常にロコで満杯という人気ぶり...。どんなお店か気になりますよね?

4001IMG_1649.jpg
その噂のお店が、こちらの「ブルー・ドラゴン・レストラン」。ハワイ島の西側、カワイハエ港の近くです。ワイコロア・ビーチ・リゾートから国道19号線を北上すること、車で約20分弱、道沿いにこのブルーの建物が見えてきます。外側から見ると、ただの青い建物なのですが、ドアをくぐって中に入るとビックリ仰天な空間が広がっているんです!

400_2IMG_1885.jpg400_3IMG_1701.jpg
お店の中に入る前に、このレストランの紹介を少し。エグゼクティブ・シェフのノア・ヘスターさんは、ノース・ハワイ・ニュースのベスト・シェフ賞に2011年〜2014年の4年連続で選ばれる実力の持ち主。またブルー・ドラゴン・レストランの料理は、同紙にて2011年、2013年、2014年のベスト・シーフードに、2013年、2014年のベスト・ ステーキに、そして2012年と2014年はベスト・ベジタリアン・フードなど、数々の賞に輝いているんです。

では、いよいよ店内に入りますよ〜!

4004IMG_1659.jpg
お店の中なのに、外...? そう、このお店は、完全なるオープンエア・レストランなんです。ブルーの壁で四角く縁取られた店内には屋根がなく、見上げれば青空に流れる白い雲。壁の向こうにはヤシの木がそよいでいます。個性的で、ハワイ感たっぷりの演出ですよね!

400_5IMG_1593.jpg
この日は木曜日だったのですが、予約だけで既に満席という盛況ぶり。「お店の一角のプライベートスペースではウエディングパーティが入っています。そしてアニバーサリーのパーティが2件と、グループパーティも入っているし、今日は大忙しなんです!」とスタッフさん。忙しそうだけど、働いている人たちが生き生きと笑顔で、このお店で働いている誇りが伝わってきます。そりゃ、こんなにオシャレで他にはない場所ですもんね。

ではさっそく、自慢のお料理をいただきます!

400_6IMG_1631.jpg
植木鉢からベビーリーフをチョキチョキ...(笑)。何をしてるのかって、これが、れっきとした食べ方なんです。ブルー・ドラゴン・レストランのシグネチャーメニューとなっている「ライブサラダ」は、プランターに生えるリーフを切り、添えられたドレッシングやスターフルーツと一緒にいただくお料理。楽しくて美味しい!

400_7IMG_1640.jpg
この日は満席だったので、特別に早めの時間から入らせてもらった私たち。青空の下、オープンエアは心地いいけれど、しかし暑い...。すると、壁の上からプシューーー!と冷たいミストが客席へ降り注いできました。こうして時々ミストを噴射して、クールダウンするのですね。アトラクションみたいで面白い!

しかし、屋根がまったくなくて、もし雨が降ったらどうするのか気になりますよね。お店の人によると、この地域は砂漠に近い気候で、雨が降る日は年間で2〜3日しかないのだとか。

4008IMG_1600.jpg
前菜メニューの中から「アヒ・スタッフド・アボカド」をオーダー($14)。半切りのアボカドを豪快に天ぷらにし、種にあたる穴の部分にピリ辛のアヒポケをたっぷり乗せた一品。ソースはマンゴービネガーで、甘酸っぱく目にも鮮やか。

4009IMG_1668.jpg
メインは「ブルー・ドラゴン・シアードフィッシュ」($34)。その日に獲れたばかりの新鮮な地魚を、さっと中火で炙ってあり、とってもジューシー。ハマクアマッシュルームやゼンマイなど、地元で採れた野菜も添えてあります。

このほか料理はどれも気になるものばかり。デザートも有名なのですが、私たちはもうお腹がいっぱいで入らなかったのが残念〜。キッズメニューやビーガンメニューもありました。ちなみに日本語メニューもありましたよ!

400_10IMG_1685.jpg
夕暮れ時になると、ステージで生演奏も始まりました。生演奏は営業日は毎日行われていますが、この日はどすんと重量級のロコボーイたちのバンドが登場。ヒップホップかと思いきや、さわやかなアイランドミュージック!(笑)。お店の雰囲気とばっちり合っていて最高でした〜。

40011IMG_1705.jpg
日が落ちた後は、ぐっとロマンティックな雰囲気に。頭上にはヤシの木のシルエットと、ハワイ島の星空が広がっています。あ〜なんて素敵なディナータイムなんでしょう...。店内にはバーもあり、バーカウンターも満席になっていました。

じつは来る前は「アクセスが不便な場所だし、きっと空いているだろう」と勝手に高をくくっていたのですが、大間違い。カップルやファミリー、グループやパーティと大盛況で、みんな少しだけオシャレして特別な日のディナーを楽しんでいました。外からは分からないけれど、中に入るとロコで大人気。こんなお店もあるんですね〜。まだまだ知らないことばかりのハワイ島、隠れた名店をどんどん探索していきますよ〜!

 

(※2017年10月現在:こちらのお店はリノベーションのため一時休業中です)

 カワイハエ港のすぐ近くにある、地元で話題のカジュアルレストラン。真っ青な建物の中は、天井のないオープンエア!星空を眺めながら味わう新鮮なシーフードや肉料理は格別の美味しさ。お酒やカクテルも豊…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top