ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ピンク・サンセットが見られる海前極上ディナー

ピンク・サンセットが見られる海前極上ディナー

さざなみを聴きながら豪華ディナーに舌鼓。クライマックスは、感動的なピンク・サンセット!そんなディナーができる場所を、ご紹介します!

公開日:2018.02.05

更新日:2018.03.22

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

アロハ! メグミです。

昨年12月末に、ハワイ島のラグジュアリー・リゾート「マウナケアビーチホテル」内にある絶景レストラン・バー「コッパーバー」をご紹介しました。

その時の記事は、こちら↓

 

マウナケアビーチホテルには、もうひとつ、オーシャンビューのレストランがあるんです。

その名も「マンタ」。
なんなら、こちらのほうが、シグネチャーレストランなのです。

 

リツコ編集長とふたりで行ってきましたので、さくっとご紹介させてください!

こちらがレストラン入り口。

中に入ると…。

ドアも窓も大きく開け放たれ、とっても開放的です。

入口付近には、お決まりのバーカウンターがあります。

 

アイランド調でありながら、モダンな雰囲気。
かなり洗練された空間です。

 

大きく開け放たれた窓からの景色。
テラス席も、たっぷり豊富に用意されています。

 

海側には、こんなファイヤーピットがあるスペースも。
カクテルを片手に、ここでのんびり…なんて、素敵ですね。

 

見下ろせば、白砂の三日月ビーチ。

とにかく静かで、時間がゆったりと流れています。
これぞ、バケーション。これぞ、日常から離れた逃避行…!

 

古代ハワイのカヌーも浮かんでいます。
絵みたいな光景に、うっとり…。

 

夢のような絶景を眺めながら、ワインをいただきます。

 

「アヒ(マグロ)のタルタル」$19

新鮮な赤身に、うずらの卵、マスタードシードピクルスやネギ、ソースが添えられています。
美しい盛り付けで、崩すのがもったいないほど。

 

白ワインと合います。ね、リツコさん。

 

「ニューヨーク・ストリップステーキのグリル」$52

付け合わせにはクリスピーポテト、お肉の下にはアスパラガスがたっぷり敷き詰められています。
かなりのボリュームです。

 

ちょうどいい具合のミディアム・レア!

ハーブのチミチュリソースをたっぷりつけて、いただきまーす!

 

もう言うまでもありませんが、美味しいです!

アメリカのステーキって、サシが入っていないぶんパサパサで硬いイメージがありますが、こちらのステーキはやわらかくって、食べやすかったです。肉の赤身って、美味しいなぁ。

芋好きとしては、付け合わせの皮付きポテトも、非常に美味しかったです。

 

そろそろ日暮れ時。トーチライトに火が灯されます。

 

沖にいたカヌーが帰ってきました。

 

とにかく、このビーチ、ものすごく静かなんですよ。
活気あふれるビーチも楽しいですが、ゆっくりしっとり、大人な時間を過ごせるこの感じ、ハワイ島ならではだな〜と思います。癒やされます…。

 

食後のデザートも、ぜひお忘れなく。
こちらはシグネチャーデザートのチョコレート・スフレ。

テーブルに運ばれてから、サーバーさんがスフレの中央をカットし、そこに温められたベリーソースを注ぎ込んでくれます。

ふわふわ、アツアツのとろける食感。ああ、ごちそうさまでした!

 

テラス席から見えた、この日のサンセット。

正真正銘フィルターなし、色調整なしで、このカラー。
雲がピンク色に染まり、海は紫とゴールドに輝いていました。
ああ、美しい…!

マウナケアビーチホテルがあるコハラコーストでは、夕焼けがピンク色に見えることから「ピンク・サンセット」と呼ばれ、最近じわじわ注目を集めているんですよね。

 

さざなみに耳を傾け、ピンクの夕日に言葉を失う、極上のディナータイム。

お食事はホテル宿泊者でなくても利用できますので、ぜひハワイ島旅行で訪れてみてはいかがでしょうか?
記念日のディナーや、プロポーズのロケーションにも、おすすめですよ!

アロハストリート☓ハワイ州観光局
スペシャルコラボBOOK

「ハワイ島トラベルプランナー」

ハワイ島の基本情報や最新のショップ&レストラン、アクティビティの情報が満載!現地で使えるクーポンやドライブマップが付いています。

配布場所:オニヅカ国際空港(コナ)にて、ハワイアン航空およびJALの日本-ハワイ島直行便到着時に手配りしているほか、ハワイ島の主要ホテルやショップにて配布中です。

ウエブにて全ページ閲覧できます!

左のマガジン表紙画像をクリックすると、ウエブブックにて全ページが閲覧可能です。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top