ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
待ってました!ワイキキでお得な美味ランチ

待ってました!ワイキキでお得な美味ランチ

ワイキキ中心のおしゃれな魚介レストラン「ブルー・マーリン」で、待望のランチがスタート!かなりお得です!

公開日:2014.10.06

更新日:2017.06.14

編集部体験レポート

 アロハ! メグミです。
 今年の夏、ワイキキの中心にオープンした新コンセプトの魚介レストラン「ブルー・マーリン」。しばらくディナーのみの営業でしたが、待望のランチがスタートしたとのニュースをキャッチ! ワイキキで働く私たちには朗報と、さっそくリツコ編集長と一緒にチェックしてきましたよ〜。
 新オープン時の様子はこちらから>>

1IMG_9552_400.jpg
 場所は、シーサイド通りとクヒオ通りの角にあるホテル&コンドミニアム「マリン・サーフ」1階。アロハストリート編集部があるDFS上のギャラリア・タワーからすぐ!ということで、早くも通い詰めそうな予感たっぷりの私たち...(笑)。

2IMG_9541_400.jpg
 店内は広々としていて開放的。ディナーでは、手前は寿司バー、奥はレストランという2種のスタイルが取られています。せかっくのランチ、心地良い風を感じるテラス席へ!

3IMG_9401_400.jpg
 まずはドリンクからチェック。目にも鮮やかなこちらは、ストロベリー・レモネードと、プランテーション・アイスティー。お酒がいける方は、もちろんアルコール類も充実していますのでご安心を。

4IMG_9412_400.jpg
 さて、気になるランチメニューをチェック。こちらはムール貝やエビ、アサリ、シラスなどのシーフードがふんだんに使われた「ペスカトーレ」($14)。ちょっぴりピリ辛のロブスター・トマトソースがたっぷりからまっていて、魚介の旨みがギッシリ〜。太めのパスタはもちろんアルデンテで程よいコシがたまりません。ちなみに、「ラージ・プレート」と呼ばれるランチメニューには、「本日のスープ」が付いてきます。これはお得!

IMG_9494_400.jpg
 テラス席で、いただきまーす! おしゃれなインテリアといい、ハワイの気候を感じるオープンエアといい、美味しい料理といい...すべてがもう、最高〜! すっかり上機嫌です(笑)。

6IMG_9421_400.jpg
 こちらは、ラージ・プレートから「ブレイズド・ビーフ・ショートリブ・ロコモコ」($11)。トロットロに柔らかく蒸し煮したショートリブに、コクのあるハヤシソースが相性抜群。半熟の目玉焼きとからめて味わうと、さらにまろやかに。こちらのメニューにもスープが付いてきますよ。それでこのお値段は、やっぱりお得!

7IMG_9486_400.jpg
 こちらは「グリルド・シーザー・サラダ」($9)。新鮮なロメインレタスを束のまま豪快にグリルし、ベーコンやパルメザンチーズ、大きめのガーリック・クルトン、そして特製シーザードレッシングをたっぷりかけた一品。グリルしたスモーキーな香ばしさと、みずみずしさを残したレタスの歯ごたえがベストマッチ! これだけでもリピートしたいほどの美味しさです。お好みで、チキンやサーモン、アヒ(まぐろ)をトッピングできますよ(追加料金あり)。

8IMG_9524_400.jpg
 そしてそして、私たちが感動したのが、こちらの「ちらし」($15)。数々のお刺身や寿司玉子がとっても豪勢ですよね〜。ごはんの上には、トビコがたっぷり。お刺身の種類は、その日の仕入れによって変わるそうです。寿司シェフがいるお店ならではの、本格的なちらし。言うまでもなく、お味も感動的でした〜。

9IMG_9444_400.jpg
 上記のパスタやロコモコ、サラダ、ちらしは、スープ付きのラージ・プレートですが、いろいろな料理を味わいたい方には、「スモール・プレート」のメニューがおすすめ。写真は、「クリスピー・カラマリ」($7)。外のころもはサクッ、中のイカはジューシーでやわらかーい! 自家製のピリ辛アラビアータ・ソースをつけていただきます。このほか、スモール・プレートにはププ(おつまみ)系メニューが充実しているので、数品オーダーしてシェアするのもおすすめですよ。

10IMG_9534_400.jpg
 そこはかとなくハワイ感あるユニフォームをおしゃれに着こなしているスタッフさんも素敵。味よし、雰囲気よし、さらにお得感もたっぷりの新ランチ・スポットに、ぜひ出かけてみてくださいね!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top