ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
安全で楽しくホノマラ完走を目指すなら!

安全で楽しくホノマラ完走を目指すなら!

心臓病医師が創設した市民ラングループ「ホノルルマラソンクリニック」。大会まであと4カ月、毎週日曜の無料トレーニングで楽しくレベルアップ!

2014.08.02

編集部体験レポート

 アロハ! メグミです。
 毎年12月に開催されるハワイの一大スポーツイベント「JALホノルルマラソン」。数多くのラン大会に参加している猛者から、マラソン参加が初めてというビギナーまで、さまざまなタイプのランナーが参加するのも、ホノルルマラソンの特色のひとつ。とくにビギナーの中には「正しいトレーニング方法がわからない」「自分ひとりだとトレーニングをさぼってしまう」という人も多いのでは? そんな人の強い味方になってくれるのが、「ホノルルマラソンクリニック」です。

1IMG_2437_400.jpg

 ホノルルマラソンクリニックは、ホノルルマラソン設立の翌年から発足し、今年で41年間の長きにわたり活動している市民ランナーグループ。毎週日曜日の朝7:30から、カピオラニ公園で無料のグループトレーニングを行っています。ハワイ在住者だけでなく、旅行者でも1回から参加できますよ。上級から中級、初級、ウォーキングとレベル分けも細かく、自分のペースに合ったトレーニングができるのが魅力です。

2IMG_2376_400.jpg

 こちらがホノルルマラソンクリニック創設者のひとりであり、心臓病を専門とする医師のドクター・スキャッフ。走ることは心臓に負担がかかり、心臓病に悪いのでは…?と思っていたのですが、それが大間違い! 正しいトレーニングのもと、長距離を走ることは、心臓病の予防に効果的なのだとか。

「心臓病だけではありません。走ることは、さまざまな病気のリスクを減らす効果があると実証されているんですよ。また、手術後のリハビリの一環として、チームに参加しているメンバーもいます。走ることは体にダメージを与えると思っている人も多いのですが、それはやりすぎてしまうから。私は常に、”おしゃべりができるぐらいゆっくりと、歌うにはつらい速度で走りなさい”と言っています。長距離を時間をかけて走るトレーニングを続けると、体がだんだんと変わってくるのを実感します。12月のホノルルマラソンを走りきり、ゴールの喜びをみんなで分かちあいましょう」。

3IMG_2391_400.jpg

 参加したいけれど英語が苦手…そんな人もご安心を! ホノルルマラソンクリニックには、日本語スタッフのマイリィさんがいるので、言葉の心配をせずに参加することができますよ。マイリィさん自身もランナーであり、毎週日曜日のトレーニングには欠かさず参加しているベテランスタッフなので、安心ですね。

「ホノルルマラソンクリニックの魅力は、とにかく人がとっても温かいこと! 仲間たちに会いたくて、私は毎週ここに来ていると言ってもいいほどなんですよ。旅行者でも、言葉がわからなくてもウエルカム。みんな本当にやさしい人ばかりなので、思い切ってグループの中に飛び込んでみてください。きっと言葉を超えたコミュニケーションと、楽しい経験ができるはずですよ。もちろん、わからないことがあれば、私に聞いてくださいね。怪我をせず、元気に完走できるよう、仲間と一緒に楽しみながらがんばりましょう!」

4IMG_1233_400.jpg

 私もトレーニングに参加させてもらいました! 日曜日の朝7:30、カピオラニ公園山側のパキ・アベニュー沿い、用具倉庫があるところが集合場所です。まずはドクター・スキャッフのお話から。スタートの時よりもゴール時のほうが速く走るようにすること、給水のことなど、走ることに関する医師の視点からのさまざまなアドバイスが語られました。その後、スタッフからの注意事項やお知らせがあった後、いよいよ各グループに分かれ、トレーニング開始です!

5IMG_1247_400.jpg

 私はウォーキングのグループに参加しました。ウォーキングだけでもいくつかレベルがあるのですが、私が入ったのは一番速いグループ。パワーウォークのような速度で、脇目もふらずにサクサクと進んでいきます。途中、メンバーとおしゃべりしながら歩くのですが、それだけで呼吸が乱れて、ちょっとゼーハー…。はじめは「ウォーキングなんて楽勝」と思っていた私が甘かった!(笑)。運動不足の体はどんどん重さを増していくのですが、海を見ながらの運動はやっぱり気持ちいいですね〜。

6IMG_1248_400.jpg

 カピオラニ公園外周から公道に出ます。ホノルルマラソンクリニックでは、ほかの歩行者やランナーに配慮し、「シングルファイル」といって、縦一列になって走る・歩くのがルール。また、すれ違う時には片手を上げて挨拶します。こんな些細なやりとりでも、ハワイのランナーとの小さなつながりが出来たようで、ちょっとうれしい気持ちになるから不思議です。

7IMG_1252_400.jpg

 さらに先を進み、ダイヤモンドヘッドのふもとまでやってきました。少し急な上り坂になっていて、とたんに息が上がってきます。

8IMG_1253_400.jpg

 ダイヤモンドヘッドからカハラ方面まで行き、折り返して再びワイキキを目指します。ダイヤモンドヘッド・ロードでは、真っ青な朝の海を見ることができました。水面には、すでに多くのサーファーたちの姿が。こんな景色の中でトレーニングができるのも、ハワイの醍醐味ですよね。

9IMG_1255_400.jpg

 ダイヤモンドヘッド・ビーチを過ぎたあたりからは、ラストスパート。ここから先はペースアップして走っても良し!と、グループリーダー。公園に入るまでは下り坂が続くのですが、無理をして走ると膝に負担がかかるので、下り坂が終わったあたりから走るようにとのアドバイスも添えられました。私も、下り坂が終わってから走り出したのですが、ゴールのカピオラニ公園までの間が意外と遠く、息も絶え絶えに…(笑)。でも、汗をたっぷりかいて、気分爽快、気持ち良い!

10_213873134_400.jpg

 走り終わった後は、朝と同じ集合場所で軽食をいただき、トレーニングは終了です。集合場所のテントでは、ホノルルマラソンクリニック運営のためのTシャツも用意されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

 ホノルルマラソンクリニックに参加するには、ハワイ在住者の場合は公式サイトから事前のサインアップが必要となります。旅行者で1回だけ参加するビジターの場合には、サインアップは必要ありませんが、集合場所にて参加用紙に必要事項を記入してください。毎週日曜日の通常トレーニングのほか、バスを借り切って実際のホノルルマラソンのコースを走るバスランが年3回開催され、この日は集合場所が異なるのでご注意を。また、ピクニックデーやターキートロットなどの楽しいイベントもあるそうですよ。ホノルルマラソンまであと4カ月。仲間といっしょに楽しく安全に走るためのトレーニングを始めてみませんか?

ホノルルマラソンクリニック
Honolulu Marathon Clinic

[開催日時] 毎週日曜7:30〜
[集合場所] カピオラニ公園パキ・アベニュー沿い、用具倉庫がある場所
[公式サイト] http://honolulumarathonclinic.org/aloha-nippon/

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top