久しぶり!ハワイでのジェイクもアロハ全開

久しぶり!ハワイでのジェイクもアロハ全開

日本ツアーから戻ったジェイク、ハワイではナ・ホクやチャリティイベントなどで大忙し。そんな中でも笑顔を絶やさない、アロハなジェイクの様子をレポート!

公開日:2013.05.31

更新日:2017.06.14

極上!ジェイク通信 Aloha To You

 アロハ!みなさん。
 ハワイはすっかり真夏。毎日青い空が広がっています。5月は「メレ・メイ」と銘打って、ハワイの音楽やフラなどにまつわるイベントが目白押しでした。ハワイのこの心地良い風には、アロハな音楽が似合いますよね。

 世界を飛び回って活躍するウクレレマスター、ジェイク・シマブクロさんも、5月前半に行われた日本ツアーを終えて一旦ハワイへ戻って来ました。忙しい時間を縫って地元ハワイでのプロモーションを行い、そして様々なチャリティ・イベントにも参加。ジェイクのパワフルな活動は、とどまるところを知りません。

014.jpg

 5月25日(土)には、ハワイのアカデミー賞とも呼ばれるナ・ホク・ハノハノ・アワード授賞式に出席。今回「最優秀ウクレレ・アルバム賞」と「最優秀インストルメンタル作曲賞」の2部門にノミネートされていたジェイク、惜しくも受賞は逃しましたが、その2冠に輝いたブリトニー・パイヴァに心からの祝福を伝えていました。

013.jpg

 当日放送されていた地元のラジオインタビューでも、ブリトニーへの温かなメッセージを伝えていて、その姿はかわいい妹の成長を喜ぶ兄のようにも見えました!

JakeWF.jpg
(写真提供:Toastman, Inc.)

 そして同じ日の夜、アロハタワー・マーケットプレイスで行われたチャリティ・イベント「Waterfront Jam」にも出演!カメハメハ・ライオンズ・クラブという団体をサポートするためのイベントで、ブラザー・ノーランドやマノアDNAなどの豪華なメンバーとともに、野外でのアロハな演奏を披露してくれました。人気者のジェイクは、いつだって大忙しなのです。

 さらに、翌日26日(日)は、アラモアナセンター内、メイシーズにあるレストラン「ザ・パイナップルルーム」でのチャリティイベント「Give + Take : A Benefit Concert for HIHO 」に登場。こちらは、HIHO(Hands in Helping Out)という、ボランティア支援団体のベネフィットコンサートでした。HIHOはハワイで「何かボランティア活動をしたい!」という人たちと、そのパワーを求めている「場所」との橋渡しをしていこうというNPO団体。今回のイベントの収益はHIHOの活動サポートに充てられるということです。

001.jpg

 HIHOのオーガナイザーはシェリー・キシモトさんというこの若い女性。ハワイの若者たちを中心に、誰かのために何かしたい!という前向きなパワーを需要と結びつけ、ハワイ全体に貢献していきたいというとてもポジティブな思いからなる団体です。また、シェリーさんのお父様がジェイクの高校時代の恩師であるというご縁もあり、今回のイベント参加となりました。

003.jpg

 アットホームな雰囲気のレストランには、120人を超える人々が集まっていました。用意されたチケットは見事に完売。ハワイの人たちの「お互いを助け合おうとする気持ち」、こういうところにも表れますよね。もちろん、イベントの趣旨に賛同してパフォーマンスを行うジェイクやポーラ・フーガ(昨年11月にジェイクがハワイシアターでコンサートを行った時も登場していたアーティストですね)の魅力もその思いに拍車をかけたに違いありません。

009.jpg

 会場ではウクレレのサイレントオークションも開催。お目当てのアイテムを定めて、自分が競り落としたい金額をリストに書き入れていくこの形式のオークションは、チャリティイベントではおなじみのスタイルです。

005.jpg

 そうしているうち、ステージではポーラの迫力ある歌声が響き始めました。その後は、ジェイク&ポーラの共演が。

008.jpg

 さらに、ジェイクのソロステージが始まり、会場の熱気も一気にヒートアップしていきます。1曲めはMore Ukulele、そしてRolling In The Deepなど最新CD「Grand Ukulele」の曲を中心に演奏が進んでいきます。レストランの一角がステージということで、お客さんとジェイクの距離も近く、途中でジェイクの恩師のためにハッピーバースディの演奏があったりと、終始アットホームな雰囲気が漂います。

010.jpg

 客席をぐるりと回って移動しながらの演奏もあり、最後まで大盛り上がりのパフォーマンスとなりました。集まった誰もが笑顔になる、そんなイベントでした。

012.jpg

 「お互いをサポートしようとするボランティアの精神は素晴らしい。その機会をオーガナイズするHIHOのベネフィットイベントに参加させてもらって感謝しています」と語りながら、演奏の合間をみては、お客さんやボランティアスタッフのひとりひとりに声をかけていたジェイク。そんな彼の人柄が、多くの人の心を動かし感動させることにつながっているのだと実感しました。アロハスピリット満点のチャリティイベントは、こうして幕を閉じたのでした。

 そしてジェイクは、また6月から「Grand Ukulele Tour 2013」でアメリカ本土へと旅立ちます。夏、そして秋に向けて、ますます大きく羽ばたくジェイクのこれからに注目! 楽しみですね。

ジェイク・シマブクロ
(Jake Shimabukuro)

1976年11月3日生まれ/ハワイ州ホノルル出身。
4歳からウクレレを始め、1998年ピュア・ハートのメンバーとしてデビュー後、2002年ソロデビュー。ウクレレの特性を活かしながらロックやジャズ、ブルースなどのあらゆる音楽を取り込んだそのスタイルは、ハワイのみならず世界中のミュージック・シーンに大きな衝撃を与え続けている。

【公式サイト】
www.jakeshimabukuro.jp(日本語)
www.jakeshimabukuro.com
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート alohastreet 新規会員登録キャンペーン
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top