ハワイの最新現地情報が満載!

ワイキキで発見「秘密のレシピ」パンケーキ

ワイキキで発見「秘密のレシピ」パンケーキ

2013年パンケーキ特集第2回目は、ワイキキビーチウォーク人気レストラン&スポーツバーのふわふわパンケーキの魅力に迫ります!

公開日:2013.05.13

更新日:2017.06.27

編集部体験レポート

 アロハ! ユカリン&タマコです。

 ハワイで不動の人気を誇る朝食と言えばやはりパンケーキ! ハワイならではのボリュームたっぷり、甘くてふわふわしっとりのパンケーキを求めて、ワイキキビーチウォークジョバンニ・パストラミへ行ってきました。

outside1.jpg

 おしゃれなお店が並ぶ、今ワイキキでもホットなスポット、ワイキキ・ビーチ・ウォーク1階にあるピッツァリア、デリ、スポーツバーとして人気のジョバンニ・パストラミ。実は、知る人ぞ知る隠れたパンケーキの名店なんですよ~。

 200席以上ある広々とした店内には、17台もの大型ハイビジョンテレビが設置されていて、フットボールや野球、バスケなど、一日中スポーツ観戦を楽しめるのも人気の理由のひとつ。ピザやパスタなどのボリュームたっぷりの料理や、終日注文できるブレックファストなど、ファミリーやお友だちと、いろいろなメニューを楽しめるのもいいですね。

giovanni1.jpg

 パンケーキを注文したら、まずは恒例のシロップチェックです。ジョバンニのシロップは白いココナッツとメープルの2種類。ハワイでは定番の2種類ですね。おなじみのシロップもお店によって味が異なるのでパンケーキとの相性が気になるところです。

giovanni4.jpg

 どーん! と登場したのがジョバンニ・パストラミのパンケーキの中で、一番の人気を誇る「マカダミア&ココナッツ・パンケーキ・フルスタック($13)」。今回はストロベリー($3)を追加でトッピングしました。巨大なパンケーキが3枚。マカダミアナッツがゴロゴロ、ドライココナッツもたっぷり乗っています。さて、苺とマカダミアナッツ、ココナッツ、見るからに最強なトリオと特大パンケーキのお味は? 

 大きなパンケーキですが、ふわふわの生地はまるでスポンジケーキのよう。意外にもそんなに甘くなくて、アメリカの甘~いデザートはちょっと、という方でも楽しめる味です。ボリュームたっぷりの大きさですが、エアリーな生地なのでいくらでも食べられてしまう...。「すごいぞ! このパンケーキ!」と思い、お店の方に聞いてみると、「実は、ローカルにパンケーキが人気だったレストランが閉店する際、秘密のレシピを譲ってもらったんです。」とのこと。なるほど、それで、このふわふわ感が出るのですね。甘いものが大好きな方には、ココナッツ&メープルシロップを2種類ともたっぷりかけるのがおすすめの食べ方なのだそうです。 

giovanni2.jpg

 苺の酸味とゴロゴロマカダミア&ココナッツ、シロップとパンケーキ、すべてのハーモニーが絶妙すぎて、もうずっと食べ続けていた~い! というくらい幸せなお味でしたが、3枚をひとりで食べようとするのは、アロハストリート大食い番長の私にも少し無理がありました(笑)。何人かでシェアして幸せを分かち合うのがオススメです。ちなみにパンケーキは終日オーダーできるので、遅めのランチやディナーのあとのデザートにもぴったり。有名人も虜になったというパンケーキ、ぜひ試してみてくださいね。

 アロハ!ここからは、しょっぱいもの担当の私、ユカリンがご紹介します。朝食メニューとしてパンケーキと同じくらい人気なのが、エッグベネディクト。ハワイ好きな方にはすっかりおなじみですよね! 黄身がとろ~りの半熟ポーチドエッグ&濃厚なオランデーズソースが、イングリッシュマフィンの上にちょこんと乗っかったハムやターキー、はたまたサーモンに合うんですよね~。

 そして、ハワイでロコに愛される朝食メニューと言えば、ロコモコです!この夢の3メニューが少しずつ堪能できるメニューがあったらどうします?もちろんオーダーしちゃいますよね?そうなんです、ジョバンニ・パストラミには、あるんです!

IMG_9739.jpg

 これが「トリプル・プレイ($19)」と名付けられた夢の朝食メニューです。そして、さらにうれしいのが朝食メニューではあるものの、終日オーダーすることができるのです! シェアして食べるのにぴったりの量ですよ。

 和牛を使用したハンバーグ・パテのロコモコ、マカダミアナッツ&ココナッツのミニパンケーキには、ストロベリーがトッピング!エッグベネディクトには、グルメベーコンにトマトにとろ~りエッグ。そしてアボカドが添えてあります。これが$19で満喫できるなんて本当は内緒にしたいくらい(笑)。

IMG_9775.jpg

 続いてご紹介するのは、みんな大好きなガーリック・シュリンプです。ガーリックシュリンプと言えば、ノースショアのカフクにあるランチワゴンが発祥で、今ではカクフやハレイワに十数軒のショップがあるほどの人気ぶり。

 ワイキキでもガーリックシュリンプをいただけるお店はありますが、ガーリック・ラバーの私がイチオシなのが、ジョバンニ・パストラミに新登場したガーリックシュリンプ($19)。その理由ですか?それは...ずばり、ガーリックの量♪実はこのメニュー、新登場ながら1日に50食もオーダーが入るんですって。納得ですね!

IMG_9801.jpg

 大ぶりのプリップリのエビには、どうだ、これでもかー!ってくらいのガーリックが絡んでいます。そして、2スクープ盛られたライスにももっこりとガーリックが。ハワイでは珍しいとされるアルデンテのマカロニ・サラダ付きっていうのもポイント高いでしょ?

IMG_9832.jpg

 「今日ご紹介した朝食メニュー以外にも、チキンウィングやフライド・カラマリ、ナチョスなどのププ系をはじめ、ニューヨーク・ステーキ、ハンバーガー各種、パスタ、サンドイッチなど、アメリカンなメニューを堪能していただけます。そんな中でも私のお気に入りは、ザワークラウト&ロシアン・ドレッシングのコンビネーションが絶妙のルーベン・サンドイッチ。コンビーフを挟んだものがとくにおすすめよ! ぜひ食べてみてね」とスタッフのシャノンさん。

 いかがでしたか?店内に設置された大型モニターには野球やアメリカンフットボールの試合が映し出され、いつも大にぎわいのスポーツ・バー「ジョバンニ・パストラミ」。ハワイにいながらにしてニューヨーク・スタイルのメニューが堪能できるレストランで、アメリカンなメニューはもちろん、シークレット・レシピのパンケーキを味わってみませんか?

ジョバンニ・パストラミ
GIOVANNI PASTRAMI

[エリア] ワイキキ中央
[アクセス] ワイキキビーチウォーク1階
[住所] 227 Lewers St
[電話] 808-923-2100
[営業時間] 7:00~24:00 無休

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top