ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ワイキキのホテル最新アップデート情報

ワイキキのホテル最新アップデート情報

世界中からのゲストをお迎えするワイキキのホテルは常に進化中。リニューアルや新しいサービスの情報を一挙ご紹介。

2012.06.25

特別企画&レポート

 新しいショップやレストランが続々と登場するハワイ。世界屈指のリゾート地ワイキキにあるホテルもどんどん変化しています。新しくオープンしたホテルはもちろんのこと、改装して雰囲気がガラリと変わったホテル、ホテル内のニュー・オープンのレストラン、施設のリノベーションなど、耳寄りのホテル最新情報を一挙ご紹介します!

客室&レストランの改装が終わり、リニューアル

ハレクラニ

 

Halekulani400.jpg

 1917年の開業以来、世界中のセレブを魅了し続けているハレクラニでは、約10カ月間にわたって実施されていた客室とレストランのリノベーションが完了。生まれ変わった453の客室では、開業当時のオリジナルコンセプトである「セブン・シェイド・オブ・ホワイト」が新たな形で表現されており、上質なリゾート空間が演出されています。また、リノベーションで生まれ変わったレストランには新たなサービスが登場。緑が美しい中庭では、ゆったりと英国式のアフタヌーン・ティーが楽しめるほか、ハレクラニのファインダイニング「ラ・メール」には、19世紀末のパリに存在したというアペリティフ・バー"L'
APERITIF"を新設。世界中に名高いバーテンダーのコリン・フィールド氏とのコラボ
レーションで、スタイリッシュなオリジナル・カクテルが提供されています。
特集記事はこちら⇒
クチコミはこちら⇒
お問い合わせはこちら⇒

レインボー・タワーが全室リニューアル

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

 

rainbowtower.jpg

 1968年にオープンしたヒルトン・ハワイアン・ビレッジの象徴ともいえるレインボー・タワー。全室オーシャンビューまたはオーシャンフロントというハワイならではの贅沢なロケーションが特徴です。そして2011年、総額45億円をかけた全内装のリノベーションが完了しました。注目のブランド、ピーター・トーマス・ロスをアメニティに採用。モダンな調度品や人間工学に基づいた机やいす、ワイヤレス・インターネット(Wi-Fi)など、細部にまで居心地の良さを追求しています。
特集記事はこちら⇒
クチコミはこちら⇒
ご予約はこちら⇒

豪華な特典がいっぱいの特別宿泊フロア登場

ハワイ・プリンスホテル・ワイキキ

 

prince-hotel.jpg

 全室オーシャン・ビューのハワイ・プリンスホテル・ワイキキ31階に、ゆったりと過ごしたいというゲストにピッタリなイリマ・クラブ・フロアがオープンしました。客室にはウェルカム・アメニティー(スナック)、タオル、バスローブ、ベッドのアップグレード、日本語新聞のお届け、高級コナコーヒーやAVEDAのバスアメニティ、市内通話無料など、このフロアに宿泊するゲストのみが受けられる特典が満載です。さらにイリマ・クラブ・フロアの宿泊者専用のラウンジ(5階)では、コンチネンタル・ブレックファスト、クッキー、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、アルコール飲料(有料)、ドライスナックなどがそろっています。
特集記事はこちら⇒
クチコミはこちら⇒
ご予約はこちら⇒

新ダイニング&クラブ専用ラウンジが登場

ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ

 

regency-rounge_01.jpg

 ダイヤモンドヘッドタワーの3階に、新レストラン「ショア・アメリカン・シーフード・グリル」が2011年にオープンしました。ハワイのシーフード料理と洗練されたアメリカン料理を融合させたメニューが自慢です。またレストランの並びに、リージェンシークラブ・ラウンジも新設。こちらはリージェンシー・クラブフロアの宿泊者専用スペースで、コンチネンタル・ブレックファスト、日中の飲み物、夕刻時はカクテル(有料)とオードブルなど、様々なサービスを提供しています。またリージェンシー・クラブフロアには、全88室にTOTO社製のウォシュレットが導入されています。
詳細はこちら⇒
クチコミはこちら⇒

新タワーの「ダイヤモンドヘッド・タワー」が完成

ハイアット プレイス ワイキキ ビーチ ホテル

 

hyatt-place.jpg

 ハイアット・ホテルズがプロデュースしている新スタイリッシュ・ホテル、ハイアット プレイス ワイキキ ビーチに、新タワー「ダイヤモンドヘッド・タワー」が2012年に完成しました。235室を有するダイヤモンドヘッド・タワーは全室ラナイ付き。室内には宿泊客が持参した電子機器を接続できる42インチのハイビジョンテレビ、寝心地のよいハイアット グランド ベッド、そしてエクストラベッドとしても活用できるソファが備わっています。また、館内すべてで接続可能な
ワイヤレス・インターネット(Wi-Fi) もあるので、持参したPCやスマートフォンで知りたい情報に気軽にアクセスが可能です。

洗練された大人のためのホテルがハワイに新登場

ザ・モダン・ホノルル

 

TMH Penthouse.jpg

 ワイキキの中心部からほど近いアラワイ・ハーバーの目の前、以前はイリカイ・ホテルだった場所が、ワイキキ・エディション・ホテルとなり、それが新しくザ・モダン・ホノルルへと生まれ変わりました。あのアメリカ版「料理の鉄人」で有名なシェフ・森本正治のレストラン「モリモト」があるほか、現在上映中の映画「バトルシップ」の撮影中ハワイに滞在していたリアーナや、アメリカの超セレブリティが訪れるというナイトクラブ「ADDICTION(アディクション)」、さらにスパ、フィットネスルームなどがそろった、まるで大人の隠れ家のようなライフスタイル・ホテルです。
突撃ユカリンが行く!記事はこちら⇒

ため息がでるほどの美しさ!地上30階の絶景ラウンジ

シェラトン・ワイキキ

 

IMG_4294.jpg

 シェラトン・ワイキキの30階にダイヤモンドヘッドとワイキキビーチを臨む絶景クラブ・ラウンジ「レアヒ・クラブ・ラウンジ」が2011年に登場。このラウンジを利用できるのは、マウンテンビュー-クラブとオーシャン・フロント-クラブの宿泊ゲストで、滞在中2名までとなっています(2名以上の場合、18歳以上のゲストは$25の追加料金。17歳以下は無料)。またクラブフロア以外に宿泊の方も1名につき$100で、ラウンジが1日利用可能です。ラウンジ内には無料で閲覧できる新聞をはじめ、コンシェルジェ・サービス、
ワイヤレス・インターネット(Wi-Fi) 、フラットスクリーン・テレビ(3台)、共用プリンター、コピー、ファックスが利用できるほか、朝食(6:00~10:00)や軽食(16:00~20:00)も用意されています(10:00~16:00はコーヒーや紅茶、ナッツなどを提供中)。
クチコミはこちら⇒

また、シェラトン・ワイキキ、シェラトン・プリンセス・カイウラニ、モアナ・サーフライダー・ウエスティン・リゾート、ロイヤル ハワイアンの4つのホテルでは、ゲスト向けにホノルル空港~各ホテルへの送迎シャトルバスサービス(有料)を開始しました。

期間限定サンデーブランチ・ビュッフェ開催中!

ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート

 

royalhawaiian.jpg

 きらめくワイキキ・ビーチと穏やかな水面が光るフレッシュウォーター・プールの狭間の心地よいオープンエア空間で、朝食とランチを楽しめる「サーフ ラナイ」。2012年9月末までの毎週日曜日には、大好評のサンデーブランチ・ビュッフェを開催中です。世界各国のさまざまな調理法でハワイの新鮮食材をブレンドするコンテンポラリー・ハワイアン・キュイジーヌの料理の数々をお楽しみください。

シーフード・ディナー・ビュッフェ 「7つの海の恵み」開催中

ザ・カハラ・ホテル&リゾート

 

Kahala01.jpg

 「プルメリアビーチハウス」では、毎週金曜日と土曜日に海の幸満載のディナー・ビュッフェ「7つの海の恵み」を開催中。海を見渡すことのできるレストランで、豊富にそろった料理とデザートを楽しめます。毎週変わるメニューは、ホテルの公式フェイスブックで紹介されています。さらに同レストランでは金・土曜日にハッピーアワーも実施中です。ワイキキの喧騒を離れてリゾート気分を満喫できるホテルです。
特集記事はこちら⇒
クチコミはこちら⇒
ご予約はこちら⇒

 ワイキキビーチが目の前という最高のロケーションに建つツインタワーが目印。マリンブルーの海や美しい夜景を一望するラグジュアリーで充実した客室や、至福の時を約束する自慢のスパは、心まで癒してくれ…

 ワイキキ中心で、ひときわ目を引くピンク色の建物と、1927年創業という伝統を持つ格式高いホテル。2009年に全面改装をし、より美しく生まれ変わった。海を眺めながらクラシックな本格料理が楽しめ…

 ワイキキ最大の優れたリゾート施設とサービスを兼ね備えたスーパー・リゾート。客室はなんと8つのタワーを有し、予算や希望に合わせて選べる各お部屋タイプがそろっている。約9万平米という広大な敷地内…

2017年春に大改装した「プリンス ワイキキ」は、アラワイ・ヨットハーバーに面し、180度太平洋を見渡せる全室オーシャンビューのホテル。日系資本のホテルだからこその、きめ細やかなサービスが受け…

 ワイキキの喧騒から離れて、ゆったりとしたバケーションを過ごすことのできる最高級のホテル。ダイヤモンドヘッド東側、カハラ地区に位置しているが、ワイキキまでは、無料の専用シャトルを使えば、約10…

ワイキキとアラモアナの中間、ヨットハーバーや青い海を眼下に見渡す絶好のロケーションに位置するデザイナーズホテル。白を基調とした明るい印象の客室は、チーク材の家具をアクセントに、洗練されたデザイ…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top