ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
息子さんと新CDも発表!神様オオタサン登場

息子さんと新CDも発表!神様オオタサン登場

親子共演のCD制作でも話題。ウクレレの神様とも呼ばれる伝説のウクレレ奏者、オオタサンにインタビューしました!

2012.01.24

アロハストリート・インタビュー

 ウクレレの神様とも呼ばれる伝説のウクレレ奏者、オオタサン。息子さんであるハーブ・オオタ・ジュニアさんと共演してのCD「ウクレレ・レガシー」が3月にリリースされるということで、ハワイはもちろん日本のファンからも注目を集めているオオタサンに、お話をうかがいました。

HERBERT I. OHTA(OHTA-SAN)
ハーブ・オオタ(オオタサン)

1934年ハワイ・ホノルル生まれ。7歳からウクレレを始め、12歳でエディ・カマエ氏に師事。その後、OHTA-SAN STYLEと呼ばれる独自の奏法を確立し15歳でプロデビュー。ジャズ、ラテン、クラシック、ロックまで幅広いジャンルをアレンジし、ウクレレの可能性を大きく広げた人物。発表アルバムは70枚以上。日本にも多くのファンを持つ。

アロハストリート(以下アロハ):こんにちは。今年は息子さんと一緒にCDをリリースされるんですよね。

Ukulele Legacy_Cover400.jpg

オオタサン:ええ。「ウクレレ・レガシー」っていうCDね。僕が作ったいろいろな曲を、僕が弾いたりジュニア(オオタサンの息子さんはウクレレ奏者のハーブ・オオタ・ジュニアさん)が弾いたり。一緒に弾いている曲も、もちろんあります。あ、CDジャケットの題字は、僕が書いたものですよ。

ハーブ・オオタ・ジュニアさんのインタビューはこちら⇛

アロハ:さらに今回は3月に二人で日本へ行き、ライブも行われるとお聞きしました。

オオタサン:そうみたいですね。あの子は僕に詳しいことを何にも言ってくれないから良く知らないんだけど(笑)。いつもそうなんです。ジュニアは僕に、何にも言わないんですよ(苦笑)。でも、日本へ行くのはとても楽しみです。親子でステージに立つこともね。そして、今年は、それ以外にも何回か日本へ行くことになりそうです。ハワイ大学ヒロ校の本田正文教授と一緒に日本へ行くような計画もあるし、なんだか忙しくなりそうですよ。

アロハ:楽しみですね。普段から親子で一緒にウクレレを弾くことが多いんですか?

ootasan02.jpg

オオタサン:いいえ。あんまり多くないでしょうね。僕はスタンダードっていうかジャズっぽいスタイルだし、ジュニアは正統派のハワイアンが好き。スタイルが違うから、彼には自分の好きなように彼なりにウクレレを弾いてほしいと思ってきました。とはいえ、もちろん同じステージに立つ機会もあります。そういう時、気持ちはほかのミュージシャンと共演するときと同じ感じですよ。お互いリスペクトし合ってね。

アロハ:なるほど…。お互いプロとして認め合っているということですね。

オオタサン:そうね。ジュニアが3歳の頃に僕がウクレレを教えて4歳の頃には楽譜も読めたしちゃんと弾けるようになった。けれど、彼が小学校の56年生くらいのとき、一度ウクレレから遠ざかってしまったんです。でも、高校生くらいになって、彼自身がハワイアンに魅せられてウクレレをまた始めた。しっかりした基本がある上に努力を重ねたから、彼の演奏はちゃんとしているのだと思います。

実はウクレレを弾く人の中には、楽譜(いわゆる五線譜)が読めない人も多いんですよ。でもね、楽譜が読めないとほかのミュージシャンとセッションができないでしょ。僕は、バンドのリーダーとしてみんなでセッションするための曲を作ってきたから、ほかの楽器の勉強もしたし楽譜も書くわけ。逆に、いろんな曲をウクレレ用にアレンジもするんだけど、ウクレレは4弦しかないから制限がありますよね。ひとつの複雑なコードを表現したくても最大で4つの音しか表現できない。一番大切な音(ノート)を選ぶことが必要なんです。それがウクレレの楽しさでもあるわけだけど、ちゃんと勉強していないとうまくいかない。左手をあっちこっちに飛ばさないと弾けなくなっちゃったり。僕は、そうしなくても弾けるようにアレンジするの。シンプルな楽器ならではの難しさが、ウクレレにはあるんですよ。

アロハ:奥深いですね。最近は、ハワイはもちろん日本、そしてアジア諸国でもウクレレを弾く人が増えています。上達の秘訣はありますか?

ootasan01.jpg

オオタサン:そんなものはないけれど、やっぱり練習でしょう。短い時間でもいいから、毎日ウクレレに触るの。10分でもいいから。それが大事ですね。あとは楽しむこと。とくにジャズ系の曲なんかは、自分がスウィングしなくっちゃ。あのね、ウクレレを職業にしようとしちゃだめなんですよ。プロなんか目指さないこと。仕事にすると、楽しめなくなっちゃいますから(笑)。

アロハ:ありがとうございます(笑)。2月12日のウクレレピクニック in Hawaiiも楽しみにしています。

オオタサン:早いもので第4回目を迎えるんですね。はい、今年も出ますよ。日本からもたくさんの人に来て欲しいし、ハワイの人ものんびり楽しんでくれたらいいですね。

2012UkulelePicnic400.jpg

ootasan.jpg

日本とハワイをウクレレの音色で結ぶ

ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイに出演

 

会場は海を見下ろす小高い丘。日本とハワイのミュージシャンが集うイベントに今年もオオタサンが出演。

日時:2012年2月12日(日)

場所:カカアコ・ウォーターフロント・パーク

※入場無料 

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top