ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
マウイ島ってどんなところ?〜島のまん中編

マウイ島ってどんなところ?〜島のまん中編

ハワイのネイバーアイランドへ!マウイ島レポート第一弾は、ハレアカラ山と山麓のアップカントリーをご紹介〜!

公開日:2012.01.08

更新日:2017.06.14

編集部体験レポート

 アロハ! メグミです。

 ハワイ旅行といえばオアフ島が人気ですが、ハワイ諸島はおもに8つの島があり、島ごとに違った魅力がいっぱい。ということで今回、年末年始のホリデーを利用して、マウイ島に行ってきました! ホノルルから飛行機で40分ほどの距離にありながら、今まで行ったことがなかった、近くて遠い島・マウイ。どんなところなのか、いったい何があるのか…? まずは島の中心部をレポートします!

 折しも年末年始。日本人としては、元旦のご来光を拝んでおきたい!ということで、マウイ島のシンボル、ハレアカラ山の頂上に登ってきましたよ〜!

11019732.jpg

 ハレアカラ山は、マウイ島の中東部にある標高3055mの山(ちなみに富士山は3776mです)。ニューヨークのマンハッタンがすっぽり入ってしまうほどの大きさで、世界最大の休火山。ハレアカラとは「太陽の家」という意味を持つそうで、ハワイの神話では、女神ヒナの息子マウイが太陽をつかまえた場所といわれています。そんな神聖な場所に昇る朝日は本当に神々しく、真っ暗闇から徐々に光をのぞかせる間、空や雲、ハレアカラのクレーターを七色に染め上げるのでした。また太陽があたりを照らすと、雲海の向こうにはハワイ島のマウナケア山とマウナロア山が頭を出していましたよ!(上の写真、右側)。なお、こちらの初日の出の写真は壁紙としてダウンロードできるので、ぜひチェック!

21019736.jpg

 山頂にはカメラを構えた人たちの姿が。みんなダウンを着込んだり毛布を被ったりと重装備。それもそのはず、日の出前はかなりの寒さに冷え込むのです。セーターにパーカーの重ね着で行ってしまった私は大失敗。指先の感覚がなくなるほどの極寒体験をハワイですることになるとは…。そして日の出の瞬間からみるみる気温が上がるのがわかるほどで、太陽のありがたさを体感したのでした。自然ってすばらしい!

31019748.jpg

 太陽と反対側の景色を見下ろすと、朝靄の中に黒い山のようなものが。実はこれ、ハレアカラ山の影なのです!この巨大な影ができる現象は、日の出直後のわずかな時間のみ。いま頂上に立っている自分の影も、はるか彼方の景色に落ちていると思うと、なんだか不思議ですよね。

41019766.jpg

 ご来光を堪能したら、きた道を戻って下山します。ハレアカラは、頂上付近まで舗装された道路があるので、車で登ることができるのです。車ではハレアカラ・ビジターセンターまで行くことができ、その先は徒歩10分ほどで頂上へ到着。これなら、旅行者でも比較的簡単に行くことができますよね。ただし、日の出前は街灯ひとつない真っ暗闇を走ることになるので、ご注意を。降るほどの満点の星空の中のドライブはとってもロマンチック〜。そして日の出の後の帰路は、こんな風に雲の上を走るような絶景ドライブに大興奮!

5PC309427.jpg

 さて、ハレアカラから下山したら、向かうは山の麓にある村、ウルパラクア。ここには、ハワイでは珍しいワイナリーがあるのです。高原の向こうに海を眺めるハワイならではの田舎道をドライブしていくと、林のなかにひっそりと佇むワイナリーのテイスティング・ハウスが見えてきます。

6PC309437.jpg

 こちらのテデスキー・ワイナリーは、ぶどうの栽培から醸造まですべて手がける本格派。テイスティング・ハウスでは、4〜8種のワインを無料で試飲することができます。ハワイならではのパイナップルでできたワインは、ほんのり甘い口当たりがデザートワインにぴったり!こちらで作られたワインやオリジナルグッズを購入できるほか、無料のワイナリーツアーも毎日開催されています。

7PC309454.jpg

 ワイナリーの向かいには、緑のカントリー・ハウスが。こちらはウルパラクア・ランチストアというお店。ウルパラクアはカイボーイ発祥の地のひとつと言われ、こちらのお店ではカウボーイハットなどのランチグッズやジャムなどのおみやげアイテムが販売されています。また外のテラスでは、マウイで育ったヘラジカやビーフを使ったハンバーガーをその場で焼いて作ってくれます。あつあつジューシーなハンバーガーはお昼ごはんにおすすめ!

8PC309494.jpg

 ウルパラクアから、来た道を戻るようにして20分ほど北へドライブすると、クラという村に着きます。ハレアカラ山麓の斜面を利用した畑が広がる地帯で、有名なマウイオニオンをはじめ、さまざまな農作物が育てられています。なかでも旅行者に人気なのが、高原の斜面に広がるラベンダー畑!この時は残念ながら、オフシーズンでほとんどのラベンダーは花を咲かせていませんでしたが、なかには通年で花を咲かせるラベンダーもありましたよ。

9PC309485.jpg

 こちらのアリイ・クラ・ラベンダーにはギフトショップ&カフェがあり、ラベンダーコーヒーやラベンダースコーンを味わうことができます。高原を見下ろすテラス席は格別!この時は、変わりやすい山の天気のせいで視界が曇っていますが、目の前にはマウイの西半島を見下ろす絶景が広がります。ラベンダーコーヒーはほんのり甘いハーブティのような香りで、ほっとリラックスさせてくれる味。

10PC309474.jpg

 ギフトショップでは、ハチミツやシロップ、ジャム、コーヒーのほか、石けんやクリームなどのボディケア用品など、ラベンダーを使ったアイテムがずらり。おみやげ探しにもぴったりですね。

 マウイ島のアップカントリーは、ハレアカラ山とその麓に広がる高原地帯。ひんやりと澄んだ清々しい空気が流れ、トロピカルな熱帯ハワイとはまた違った感動を与えてくれる土地でした。マウイ島へ行く際には、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top