ジェイクにまつわるあれこれ in ホノルル

ジェイクにまつわるあれこれ in ホノルル

2004年10月17日は「ジェイクの日」ってご存知でしたか? …ジェイク・シマブクロさんに関するトリビアあれこれをご紹介します〜。

公開日:2011.08.30

更新日:2017.06.14

極上!ジェイク通信 Aloha To You

アロハ!みなさん。
現在、ハワイはもちろん、メインランドや日本などを飛び回っている、ウクレレマスターのジェイク・シマブクロさんですが、そのルーツはやっぱりハワイ。なんといってもオアフ生まれ・オアフ育ちのロコボーイですからね。今回は、オアフ島(ホノルル)で新たなジェイクを感じられる、知る人ぞ知る(?)ポイント「ジェイクにまつわるあれこれ in ホノルル」を、少しご紹介してみたいと思います。

1.エンバシー・スイーツのロビー通路
ワイキキ・ビーチウォークの一角にあるホテル、
エンバシー・スイーツ・ワイキキ・ビーチ・ウォーク」。そのロビー通路部分に、ハワイの音楽史を紹介する「Na Mele No Na Pua
(Music for the Genetrations)」というコーナーがあります。

Jake-en01.jpg

ハワイの独特な伝統をふまえ、時代を追ってその当時の楽器や音楽背景を紹介するパネルがずらりと並んでいます。説明は英語ですが、写真がたくさん飾られているので、その流れを実感することができると思います。

JakeEn03.jpg

管楽器(笛)や打楽器しかなかったハワイに、スラックキー・ギターやウクレレなどの弦楽器が生まれ、徐々に音楽の幅が広がっていく様子を、貴重な資料とともに学べるコーナーなのですが、その歴史の中にジェイクの姿も!ハワイの音楽が世界へ羽ばたいていくようになった、その代表の一人として「The world meets Hawaii」のコーナーに、堂々と紹介されているんですねー。

JakeEn04.jpg

ひっそりと静かに展示されているこのパネル、あまり宣伝もされていないようなので、気付いた人は相当の「ハワイ音楽通」かも! みなさんも、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょう。

2.カカアコ・ビーチパークのえひめ丸慰霊碑
2001年2月、愛知県宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」が、ハワイ・オアフ島沖でアメリカの原子力潜水艦に衝突され沈没し、9人の尊い命が失われた悲しい事故。その犠牲者のみなさんを悼んで作られた「えひめ丸慰霊碑」は、ホノルル沖を眺めることができる高台にひっそりと静かに佇んでいます。

JakeEhime01.jpg

この事故が起きてしまった直後、日本へツアーに出たジェイク。ニュースなどで連日伝えられていた事故の悲惨さに強い衝撃を受け、その感情のありったけを込めた「EHIMEMARU」という曲を作りました。実際に宇和島を訪れたりしたこともあり、事故から10年たった現在でも、日本にいる遺族のみなさんとの交流は続いているのだそうです。

Jake_ehimemaru01-400.jpg

写真提供:Toastman Inc.                      


美しい海を一望でき、心地良い風を感じられるカカアコの丘。この大切な場所へは、もちろんジェイク本人も訪れています。

3.ホノルルマラソン!!
毎年12月に行われるホノルルマラソン。アラモアナ・ビーチパークをスタートし、ダウンタウン、ワイキキ、カハラからハワイカイを周りワイキキ東のカピオラニ公園へゴールするという、あまりにも有名なマラソンです。

JakeMarathon02-400.jpg

写真提供:Toastman Inc.                      


実は、このマラソンにジェイクも参加したことがあるのをご存知でしたか?2006年の大会で、フルマラソンに初挑戦したのです。真面目でストイックな彼は、出場を決めてから時間が許す限り練習に励んでいたのだそう。

JakeMarathon05-400.jpg

写真提供:Toastman Inc.                     


体調も万全で迎えた当日は、見事、目標タイムを上回る5時間24分で完走!さすがですね。ゴール直後のこの笑顔、余裕すら感じられます。さらに完走の疲れも見せず、そのすぐ後にゴール地点のカピオラニ公園でライブをやってのけたというから驚きです。

Jake12_011.jpg

マラソンへの参加は今のところこの1度だけですが、ゴール地点でのライブやマラソンランナーのみなさんへの応援を毎年続けているジェイク(上の写真は2010年のマラソン当日、カピオラニ公園でのライブ風景です)。今年も、ホノルルマラソンの前後で、きっと何かすてきなことが…あるかもしれませんね。

番外編.2004年10月17日は「ジェイクの日」!

Jake-shousho.jpg

最後に…。2004年10月17日は「ジェイク・シマブクロの日」に認定されているってご存知でしたか?ハワイの文化であるウクレレやハワイの音楽全般を世界に広めた功績を讃えるとして、当時のホノルル市長が定めたのだそうです。すばらしいですよね! ジェイクのオフィスには、その認定証がしっかりと飾られています。が、これがなぜか毎年じゃなくって2004年限定…というのが、ちょっと不思議なところですね(笑)。

以上、「ジェイクにまつわるあれこれ in ホノルル」をご紹介しました。今回のジェイク通信、いかがでしたか? 現在、ジェイクは大好評のジャパンツアーをはじめ、あちこち飛び回りながら活躍中。次回も、とびきりのジェイク情報をお伝えしますので、どうぞ、お楽しみに!

■■■ジェイク最新情報■■■
■■■iPad専用アプリでジェイクがウクレレ・レッスン■■■

jake_lesson.jpg

今話題のiPad専用アプリ「On The Music
Path」より、ジェイクのウクレレ・レッスンが全世界一斉に発売されました。レッスンでは、ジェイク直々に、オリジナル曲や人気カヴァー曲「While My Guitar Gently
Weeps」などをレッスンしてくれます。ウクレレの持ち方、基本コードの弾き方から高度なテクニック攻略方法までを紹介しているこの
アプリ。レッスンは英語のみですが、ビギナーから上級者まで幅広く学べる充実のコンテンツとなっています!
※ダウンロード方法など、詳細はこちらをご覧ください。

ジェイク・シマブクロ
(Jake Shimabukuro)

1976年11月3日生まれ/ハワイ州ホノルル出身。
4歳からウクレレを始め、1998年ピュア・ハートのメンバーとしてデビュー後、2002年ソロデビュー。ウクレレの特性を活かしながらロックやジャズ、ブルースなどのあらゆる音楽を取り込んだそのスタイルは、ハワイのみならず世界中のミュージック・シーンに大きな衝撃を与え続けている。

【公式サイト】
www.jakeshimabukuro.jp(日本語)
www.jakeshimabukuro.com
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート aloha street アロハブリーズ1周年記念企画
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top