ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ハワイの食の源、タロイモを掘って食べる

ハワイの食の源、タロイモを掘って食べる

ハワイをディープに楽しむ新しいツアーが登場。タロイモ畑を目指し、いざハワイの秘境へ〜!

2011.03.03

編集部体験レポート

 アロハ! メグミです。

 先日、編集部のカズと一緒に、「タロイモ・ツアー」に参加してきました! こちら、野生のイルカやカメと触れ合うツアーが人気の「私立イルカ中学/名門イルカ大学」がスタートした新しいツアーです。タロイモといえば、伝統的なハワイアンフードの代表格であり、とても神聖な食べ物。そんなタロイモの畑へ行き、実際にタロイモを植えたり収穫したりできるなんて、めったにできない経験!ということで、私もカズさんも、かなり興奮しつつ、勢い勇んで出かけてきました~!

taroimo_1.jpg

 さて、今回のツアーで訪れるのは、ワイキキから車で40分ほどの、コオラウ山脈の麓。オアフ東海岸、カネオへからほど近い場所なのに、豊かな森を抱く山々がそびえています。タロイモはきれいな水と空気がないと育たないと言われていますが、本当にこんな秘境の中で育てられているとは…。

taroimo_2.jpg

 ガイドをしてくださったのは、こちらのリカさんです。リカさんは、タロイモ畑をはじめ、ハワイの自然や文化を後世へ継承する活動を仲間とともに行っています。現地の学校行事で、こちらの畑を訪れる子どもたちも多いのだとか。

 タロイモは、泥の中で育ちます。この泥の畑は「タロ・パッチ」と呼ばれていますが、とても神聖な場所のため、お祈りをし、神様に許しを請うてから畑に入ります。ハワイ語で唱えられるチャント(お祈りの言葉)は、言葉の意味はわからないのに、ずしんと重みが伝わってきて、厳粛な気持ちになります…。

taroimo_3.jpg

 今回は、ちょうど収穫が終わった直後ということもあり、みんなでタロイモを植えることになりました。まずは素足で畑に入り、足で泥を練って耕します。泥の中から水が染み出てきて、芳醇な香り…というか植物が腐っているような香りがふわ~んと漂ってきます。足で練ることで、泥が発酵するんですね。どろんこになって遊ぶのって、楽し~い!

taroimo_4.jpg

 いい感じにドロドロな苗床ができたら、タロイモの苗を植えます。タロイモは、苗を2つずつセットで植えるのがお決まり。これは「お父さんとお母さん」で、育っていくと、その脇から小さな芽が子どものように次々と出てくるんだとか。まるで家族みたいでカワイイ〜。

taroimo_6.jpg

 さて、タロイモ植えの後は、体についた泥を落とすために、小川へ向かいます。道すがら、生えている植物や落ちている実など、リカさんがいろいろなことを教えてくれるのもお楽しみのひとつ。こちらは、ククイの実。この外側をけずって磨くと、あのレイに使われているピカピカの状態になるのだとか。

taroimo_5.jpg

 ジャングルの中をかきわけていくと、こんな原始的な”さわ”が! ターザンロープもあったりして、思わず「ア~アァ~」と大はしゃぎのカズさんです。山の水は冷たくて、お疲れ気味の足がシャキッとします。

taroimo_7.jpg

 小川から戻ってきたら、お次はいよいよ「ポイ作り」です。ポイは、タロイモをすりつぶしたペースト状の食べ物で、ハワイアンの主食とも言える大切なもの。こちらの写真は、圧力鍋で2時間ゆでたタロイモです。普通にゆでると4時間以上かかるのだとか。この状態でも充分おいしいのですが、さらにすりつぶしていきます。少しずつ水を混ぜながら、ギャートルズのような大きい石の重しで、ガシーン!と叩きつぶします。

taroimo_8.jpg

 私もポイ作りにチャレンジ! でもこれが、見ているのとやってみるのとでは大違いで、難しいのなんのって。水の分量を間違えるとベチョベチョになってしまうし、どうしても”ダマ”ができてしまって、リカさんのポイのようになめらかになりません。むむ~。

taroimo_9.jpg

 最終的にみんなのポイをひとまとめにし、リカさんが叩いて、おいしい大きなポイができました。そのほか豚肉の蒸し焼き「カルアビッグ」やまぐろの漬け「ポキ」も用意され、伝統的なハワイアン・ランチのできあがり。さあみんなで、いただきま~す! できたてのポイは、栗のような風味と甘みがあって、予想以上のおいしさにビックリ。一緒にツアーに参加した九州の方たちは「ねったくりに似てる!」とおっしゃっていました。同じくお芋を食べる島国、日本の食文化とも共通点が多いのかもしれません。

taroimo_10.jpg

 みんなでおいしくランチを食べて、ツアーは終了です。タロイモ畑を通して、ハワイの自然や文化を一歩踏み込んで知ることができて、その奥深さ、ムダのなさに感動した半日でした。ツアーをガイドしてくださったリカさん、私立イルカ中学/名門イルカ大学のユリコさん、どうもありがとうございました!

taroimo_11.jpg

 大地と風と水とたわむれ、ハワイの大自然を思いっきり満喫するタロイモ・ツアー。小さいお子さんと一緒のファミリーで体験しても、最高の思い出になるでしょうね。ハワイを楽しむ新しいアクティビティ、みなさんもぜひチェックしてみてくださいね!

 こちらの「タロイモ・ツアー」のお問い合わせ・お申し込みは、私立イルカ中学/名門イルカ大学のお問い合わせフォームよりお願いいたします!

 野生のイルカと一緒に泳ぐことで、たっぷり癒されるハワイで人気のアトラクション。課外授業の感覚で、先生はイルカ、学級委員はスタッフ、生徒となるのは参加者というコンセプトが名前の由来。ユニークな…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top