ハワイの最新現地情報が満載!

気分爽快!ヒーロー体験

気分爽快!ヒーロー体験

公開日:2009.06.25

更新日:2017.06.25

編集部体験レポート

 ハワイで体験できるアクティビティはたくさんあるけれど、アクティブな方におすすめしたいのが、シューティング。日本ではなかなかできないので、ハワイに来たら一度は体験してみたいと思っていても、安全性や初めてでもできるのかなど、心配面も多いはず。そんな方たちのために、アロハストリート編集部を代表し、新人ミチルがロイヤル・ハワイアン・シューティング・クラブにお伺いし、実際にシューティングを体験しながら、お店がどのような仕組みになっているのかレポートしたいと思います!

gaikan&uketsuke.jpg

 お店は、ロイヤル・ハワイアン・センターの中にあるため、気軽に立ち寄れる雰囲気。エレベーターや廊下にも看板があり、これを今から体験できるのかと、ドキドキワクワクしながらお店に向かいます。外観はちょっとシックでおしゃれな感じ。ガラス戸になっているので、店内が見えて安心します。中に入ると、キュートな店員さんが笑顔でお出迎えしてくれました。
 受付にて、射撃のコースと料金を詳しく説明していただきます。ここでは日本語で、どのような銃を撃つことができるのかや、それぞれの銃の説明、どんな人が向いているかなど冗談を交えながら楽しく話を聞けます。どのコースにするか決め、やる気も期待も満々です。

■早く撃ちたい!だけどその前に…

 受付が終わると、次は広いブリーフィングルームに案内され、自分の撃つ銃の持ち方やターゲットの狙いの定め方を実際にモデル銃を使って説明してもらいます。モデルと言っても、安全のために弾を撃てなくしているだけで本物の銃なんです! おそるおそる持ってみると、意外に重い!「これは一番小さい22口径ですよ」とインストラクターの方に言われ、「一番小さいのでこの重さ!? 」とびっくり。でも、これは安全のため、狙いを定めて引き金を引くときに銃身をぶれにくくするためだそうです。なるほど!だから私のような初心者の女性でもできるんですね。
 銃の種類によって持ち方が異なるので、インストラクターの横で、銃の握り方から構え方、照準の合わせ方を手取り足とり指導していただきます。銃にはスコープがついており、覗くと赤いレーザーポイントが見えるので、それをターゲットに合わせればいいとのこと。私の選んだロイヤルコースは、スコープ付とスコープなしの銃があるので、スコープなしの銃の照準の合わせ方も教えてもらいます。

teaching.jpg

一通り教えてもらったところで、次はその銃を持って大きなターゲットの前での記念撮影。講習の時にはへっぴり腰でも、ここでは思い切りかっこつけて写真を撮りましょう。また、ここで販売されているターゲットTシャツを購入すると、そのTシャツをターゲットにシューティングができるそうです。これも記念になりますね。
さて、次はいよいよ射撃場に入っていきます。

 

■大迫力!初体験の衝撃

 中は、ゆったりしたレンジと、17つのブースがあり、インストラクターが待機しています。いざ、ブースの前に立つと、ターゲットまでの距離が長く感じ、本当に当たるのかしら?と一抹の不安を覚えます…。 実際に撃つ銃は、ブースの両脇にワイヤーでつながれ、後ろに向けたりできないようになっているので安全です。

target&renge.jpg

 まずはスコープ付S&Wリボルバー12発から撃ち始めます。先ほど、手取り足取り撃ち方を教えていただいたのに、興奮のあまりすっかり頭からぬけ落ちちゃってる私。インストラクターが持ち方を直してくれます。そして1発目! 想像以上の衝撃が手から体に伝わります。銃は重いのに引き金はとても軽く、撃ち終わった後もビリビリと残る衝撃。なんて迫力!! 自分の撃ったターゲットを見てみると、なんとど真ん中を打ち抜いていました。これはもう、俄然調子に乗ってきちゃいます。次は、スコープ付ルガー・セミオートマチック20発、1022ライフル20発の順に撃ちます。自分の呼吸に合わせ、撃つたびに手に伝わってくる衝撃、熱中のあまり、目にしていた保護ゴーグルが真っ白に曇ってしまうほどでした。
 22口径を3種類撃ち終わると、次は大口径の9mm、45口径、357マグナム、リボルバーを6発ずつ撃ちます。スコープがついていないので、銃の上についているでっぱりを使って自分で照準を合わせます。撃ってみると、大口径はさらにすごい!!迫力も衝撃も22口径とは全然違います。1回撃つごとに手がはじかれてしまい、映画やテレビで見るのとはまったく違いました。

shooting2.jpg
今回、全部で6種類の銃を撃たせていただきましたが、そのうち4つは見事ターゲットのど真ん中に命中。もちろん自分の撃ったターゲットは持ち帰ることができちゃいます。終わった後は、もう気分爽快!! すっかりアクション映画の主人公の気分です。
 そして、見学者や付き添いのかたもご安心を。実際に射撃をしなくても、ガラス戸越しに中を見ることができます。お子様や旦那様が撃ってる様子も見ることができますよ。 また、ロイヤル・ハワイアン・シューティング・クラブ特製のTシャツや、キャップ、エコバック、本物のミリタリーが使用しているジャケットなども販売しているのでおみやげにも喜ばれそう。グッズもどれもかっこよかったです。次はぜひターゲットTシャツを的にしてみたい!と思いました。
 日本ではできないこの貴重な体験を、ハワイにきたらぜひ体験してみて下さい。あまりの爽快感に、リピーターになるかもしれません。

goods.jpg

ロイヤル・ハワイアン・シューティング・クラブについて

last.jpg

日本語スタッフが常駐しているので、射撃に関する説明も日本語で受けられるのがポイント。場内にも日本語を話すインストラクターが待機していますので、わからないことがあっても安心です。経験を積んだインストラクターが射撃、安全に関するノウハウをきちんと指導。本物の銃での実弾射撃を安全に体感できます。また、1度行くとポイントカードが発行されますので、次回から割引や、3つのコースに含まれていない銃を撃つことができるなど、さまざまな特典があり、リピーターにも大好評です。

詳しいお店の情報はこちら>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top