ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
花と緑に出会う旅2 自然を歩こう

花と緑に出会う旅2 自然を歩こう

公開日:2009.04.20

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

花と緑に出会う旅

海からこんなに近いのに、濃い緑が鬱そうと生い茂るジャングルのような森があるオアフ島。
経験豊かなガイドと行けば、安心で楽しさも100倍! 気軽に参加できる厳選ツアーを紹介します。

マノア滝ハイキングツアーのクライマックス

鬱蒼とした熱帯雨林ジャングル、谷間を流れる沢、マイナスイオンたっぷりの滝、爽やかな風の吹く尾根、鳥のさえずり、ふと香る花たち…。そんなハワイの自然をたっぷり体感できるのが、アロハアイナエコツアーズだ。
経験豊かなベテランガイドが、普段の観光から一歩踏み込んだエコツアーへとご案内。「アロハアイナとは大地を愛するとの意味。ハワイの自然をたっぷり体験できるさまざまなエコツアーを提供しています。ツアーを通してハワイの自然のすばらしさ、自然保護の大切さを知ってほしいですね」というのがカイルさんのメッセージなのだ。

ジャングル・ハイキングツアーでは、こんな風景にも出会える 小野カイル/オーナー・ガイド
小野カイルさん子供時代からハワイの山に親しむ根っからのアウトドア派。大学時代よりハワイ自然保護団体に所属し活動を展開する。「NHKハワイ・トレッキング紀行」「NHK 世界一周! 地球の触れるエコ大紀行」など多くの自然番組に出演。高砂淳二著「ピュアオアフ」監修を行う。

白いハイビスカスなど、ハワイ固有種が多く残る原生林を歩くツアー。頂上の見晴らし台(標高613m)からはコオラウ山脈全景からダイアモンドヘッド、ホノルルの街と青い海がぐるりと360度見渡すことができる。NHKハワイ・トレッキング紀行に登場したコース。


時間:7:30~12:30 平日のみ 
行程:4キロ
料金:大人$65 子ども$40

「虹の谷」マノア渓谷。熱帯雨林の大きな木々の下を抜け、川のせせらぎを聴きながら渓谷奥にあるマノア滝までマイナスイオンたっぷりのハイキング。地元の人たちの中でも人気のあるコースだ。全米人気ドラマ「ロスト」の撮影地としても有名になった。


時間:8:00~12:00/13:00~17:00 平日のみ
行程:3キロ
料金:大人$50 子ども$35

※リュック、つえ、雨具、水が含まれる。ジャングル・ハイキングはおやつも提供。
電話:808-595-6651(8:00~20:00) 
ジャングル・ハイキングツアーでは、こんな風景にも出会える公式サイト http://www.alohaainaecotours.com/

ワイキキから車で約50分。ハリウッド映画でもおなじみの海と山が迫った地形を生かして、多彩なアクティビティが楽しめる人気スポット。乗馬や四輪バギーだけでなく自然散策も定番人気だ。とくにおすすめは「ガーデン&養魚池ツアー」。庭園に植えられたマンゴ、グァバ、パパイヤ、バナナ、パイナップルなどの果物の樹木や、プルメリア、ハイビスカス、極楽鳥花などの熱帯植物を観賞。そしてアラモアナセンターと同じサイズの巨大池を観察。古代ハワイで魚の養殖が行われていたことを示す唯一の歴史的遺産なのだ。とにかく桁外れにスケールが大きいクアロアの自然を満喫するなら、一日ツアーが絶対おすすめだ。


一日コース/※大人$145 子ども$79
半日コース/※大人 $105 子ども$59 要予約(参加前日までに)
電話:808-221-0416 アロハストリート専用ダイヤル(9:00~16:30)
詳しい情報はこちら>>

ワイメアバレーにある古代ハワイアンの神殿跡や絶滅の危機に瀕するハワイの鳥や珍しい植物を観賞しながらワイメア滝までの往復約1時間半のハイキングをガイドつきで。後半はノースショアでカメの甲羅干しと遭遇するチャンスも! ハレイワ散策も楽しめる。


催行日 火、木、土曜日(祝日を除く)
時間:8:00~14:00 
料金:大人$79 子ども(2~11才)$70 要予約(参加前日までに)
電話:808-221-0416 アロハストリート専用ダイヤル(9:00~16:30)
詳しい情報はこちら>>

  1. 自然の山に入る前には、虫除けスプレーで虫さされ予防をしたり、長袖、長ズボンで参加しよう!
  2. 標高の高い山の中では汗が冷えると寒く感じることもある。不安な人は羽織ったり重ね着したりできる、吸汗性の良い服を用意するといいね!
  3. 静かだが、効果的な有酸素運動なので水分の補給は忘れずに!
  4. 泥で滑りやすい場所もあるので、運動靴、両手を自由に使えるバックパックで参加すると動きやすい。
  5. コース内に咲いている花や実を勝手に採るのはルール違反。近くで見てみたいときはガイドさんに相談してみよう。きっと適切な案内をしてくれるよ!
  6. ペットボトルなど、山で出したゴミは捨てずに持ち帰ろう! エコツアー参加の皆さんには常識だネ!
  7. 山の中は肉眼よりも意外と暗いもの。カメラはブレがちなので、しっかり持つか、軽い三脚があると良く撮れる。

【花と緑に出会う旅 連載記事】

特集連動「フォトコンテスト」実施中

特集のテーマにあったすてきな写真が取れたなら、ぜひ編集部にお送りください。優秀作品にはアロハストリート秋号よおびウエブサイトに掲載させていただくほか、デジカメなどの記念品をさしあげます。※「花と緑に出会う旅編」は、応募を締め切らせていただきました。

詳しくはこちら⇒

●日本では定期購読にてアロハストリートをご購入いただけます。
ハワイの「今」をどこよりも早くキャッチできるマガジンを日本でもお楽しみください。
定期購読のお申し込みはこちら *定期購読のお取り扱いはFujisan.co.jpで承っております

関連記事:サムとマカのホロホロおでかけ隊

※アロハストリート2009春号に掲載した記事です。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top