ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ホノルル・フェスティバル告知

ホノルル・フェスティバル告知

公開日:2008.03.05

更新日:2017.06.25

特別企画&レポート

 アロハ!ユカリンです。大人気のイベント「ホノルルフェスティバル」が3月14日から3日間に渡って開催されます。詳しいスケジュールと、先日行われたキックオフ・イベントの様子をご紹介しましょう!

allofthem.jpg

  ホノルル・フェスティバルは、日本とハワイの人々がより親しく固い絆で結ばれるよう、お互いの歴史と文化を理解し、心と心でつながる真の意味の交流を広げることを目的に1995年から開催しています。
 今年で14回目を迎えるこのフェスティバルは、日本やハワイ、環太平洋の様々なエキサイティングなパフォーマンスアートや文化的展示を行うほか、イベント最終日にカラカウア大通りで開催される盛大なパレードが大人気となっています。

■イベントの日程

●公式行事
ハワイ州知事主催朝食会
会場:ワイントンプレイス
日時:3月14日(金)12:00~13:30
ホノルル市長主催歓迎レセプション
会場:ホノルル・ハレ(ホノルル市庁舎)
日時:9:30~11:00

 ●エデュケーショナル・スクール・ツアー (事前予約の学校対象)
ホノルル・フェスティバルの舞台裏を見学する現地の学生を対象としたスクールツアー。生徒たちにとって、異文化とふれあう絶好の機会となっています。フェスティバルの参加団体との交流や展示物の見学などが行われます。

会場:ハワイ・コンベンションセンター
日時:3月14日(金)

hi_heco.jpg

●日米友好セミナー
「初の日系アメリカ市民:ジョセフ・ヒコ、日米友好の幕開け」 と題して、ジョセフ・ヒコこと浜田彦蔵の生涯を紹介。セミナーでは、浜田彦蔵(ジョセフ・ヒコ)にまつわる人々を招き、アメリカと日本において彼が貢献した事柄についてディスカッションが行われます。150年前(日本は江戸時代の末期)、アメリカに漂流し、日本の近代化に貢献したジョセフ彦の話をぜひ聴いてみてはいかがでしょう。

会場:ハワイ・コンベンション・センター 310号室
日時:3月15日(土)10:30~12:30 無料

●マウイ御輿
 
ホノルル・フェスティバルの教育プログラムとして、マウイ島の高校生を対象 に開催している「マウイ御輿デザイン・コンテスト」。今年の優勝校は、去年に引き続き3度めhi_mikoshi.jpgの優勝を手に入れたカメハメハ高校マウイキャンパスに決定しました。
 御輿は、今年のホノルル・フェスティバルのテーマでもある「Experience the Wonder ~海は文化をつなぐ~」をもとにカメハメハ高校の生徒によってデザインされたものです。

会場:ハワイ・コンベンション・センター マウイ御輿除幕式
日時:3月15日(土)11:00~
※グランドパレード(ワイキキ、カラカウア通り) 
日時:3月16日(日):16:30~20:00

hi_dna.jpg

●マノアDNA ライブ
 
最新でホットな、有名なハワイのバンド、マノアDNAはD=ダッド(父)ロイド・カワカミ、そして彼のふたりの息子NickとAlexで構成されている「家族バンド」です。マノアDNAは日本におけるハワイの広報基地ハワイ州観光局の2008年「So Much More Hawaii」キャンペーンのTVコマーシャルソング「Discover Aloha with me」を歌っています。

会場:ハワイコンベンションセンター
日時:3月15(土)、16(日)

hi_aboligine.jpg

●ディセンダンス・アボリジニ・ダンス
 
今回出場するオーストラリア原住民のグループは世界世界15カ国以上で公演している人気のグループ。オーストラリアの原住民アボリジニーのダンスをこの機会にぜひご覧になってみてください。

会場:ワイキキ・ビーチ・ウォーク (ルワーズ通り)
日時:3月15日(土)11:00~11:30

会場ハワイ・コンベンション・センター「お祭り広場/メインステージ」
日時:3月15日(土)15:00~15:30

会場:アラモアナ・ショッピングセンター「センターステージ」
日時:3月16日(日)13:00~13:30

会場:グランドパレード(ワイキキ、カラカウア通り)
日時:3月16日(日)16:30~20:00


hi_daijya.jpg●ホノルル大蛇山
九州からやって来る、火を吹く大蛇、大蛇山。夏の大蛇山祭りでは千年を遡る伝説を祀り40万人の人出でにぎわいを見せるという迫力満点の山車です。200人以上の引き手と鉦太鼓のお囃子や踊り子が盛り上げる中、大蛇の噴出す花火がワイキキの夜空を照らし出すようすをお楽しみあれ。

会場:グランドパレード(ワイキキ、カラカウア通り)
日時:3月16日(日)16:30~20:00

hi_tonosama.jpg

●殿様連-阿波踊り-
日本の四国、徳島県県庁所在地徳島市に昔から伝わる伝統芸能「阿波踊り」。1951年より活動を続けている殿様連。その踊りの迫力と力強さは必見です。

会場:ハワイ・コンベンション・センター「お祭り広場/メインステージ」
日時:3月16日(日)11:10~11:30

会場:ワイキキ・ビーチ・ウォーク (ルワーズ通り)
日時:3月16日(日)13:00~13:20

会場:グランドパレード(ワイキキ、カラカウア通り)
日時:3月16日(日)16:00~20:00

hi_sugaren.jpg

●須賀連-よさこい-
高知から14回連続で参加のエキサイティングなダンスグループ「須賀連」。愛と世界平和を伝統的よさこい、アエロビックス、ジャズやヒップホップを通して世界に訴え続けているダンスをお見逃しなく。

会場:ハワイ・コンベンション・センター「お祭り広場/メインステージ」
日時:3月15日(土)10:00~10:10

会場:アラモアナ・ショッピングセンター「センター・ステージ」
日時:3月15日(土)14:35~14:45

会場:グランドパレード(ワイキキ、カラカウア通り)
日時:16:00~20:00

hi_momoi.jpg

●桃井ハルコ パフォーマンス
声優そしてシンガーソングライターとして日本で人気の桃井ハルコがホノルルフェスティバルに参加します。秋葉原で、セーラー服を着込んで自伝のプロモーションするなどで大活躍。声優兼アニメやビデオゲームの主題歌を手掛けるHalkoは、日本はもちろん世界中のアニメおたくに絶大な人気となっています。

会場:ハワイ・コンベンション・センター
日時:3月15日(土)11:00~11:30、3月16日(日)14:30~15:00

hi_ennichi.jpg●縁日
日本人が特定の神仏との繋がりをお祀りする日、「縁日」をハワイで開催。金魚すくい、水ヨーヨー、綿菓子、浴衣着付け、折り紙、紙芝居、お面などが楽しめます。コンベンション・センターに登場する本場日本の縁日コーナーは、若い人も心が若い人も大いに楽しめること請け合いです。

会場:ハワイ・コンベンション・センター「お祭り広場」
日時:3月15日(土)10:00~17:00、3月16日(日)10:00~15:00

hi_quilt.jpg●ハワイアン・キルト
オアフ在住の著名なキルト作家セラオ氏が主宰するポアカラニ&Coの作品を展示。キルトのデモンストレーションやワークショップもプログラムの一環として行われます。

会場:ハワイ・コンベンション・センター「お祭り広場」
日時::3月15日(土)10:00~17:00、3月16日(日)10:00~15:00

hi_craft.jpg

●クラフトフェア
ハワイ、そして日本から100店以上のクラフトブースが出展。日本の文化、折り紙や生け花などを展示で紹介し、それらを実際に体験することもできます。

会場:ハワイ・コンベンション・センター「お祭り広場」
日時:3月15日(土)10:00~17:00、3月16日(日)10:00~15:00

●親善の夕べ
「親善の夕べ」は、ハワイや太平洋周辺地域の人々との国際親善と友好関係を深めることを目的として行われます。フェスティバルの参加者が集まり、ハワイを代表する有名シェフたち(アラン・ウォン、ロイ・ヤマグチ、ノブ・マツシタをはじめ多数参加)の料理や各国、各地域の音楽やパフォーマンスを共に楽しみながら友好関係を深めていきます。

会場:ハワイ・コンベンション・センター
日時:3月15日(土)19:00~21:00
料金:ハワイ現地販売価格$85($35は課税控除となります)
※チケット購入についてはこちら

■「ホノルル・フェスティバル」キック・オフ・プレス・コンファレンス
2月26日に「ホノルル・フェスティバル」開催に先駆けてキック・オフ・プレス・コンファレンスが行われました。Waikikiのニュー・スポット「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」で行われたその時の様子を少しご紹介しましょう。

mufi.jpg

会場に訪れたムフィ・ハネマン市長。あいさつでは「ホノルル・フェスティバル」が、ホノルル市を世界で最高の市であることを紹介できる場を提供し、それぞれの文化や東と西の架け橋の役目を担うなど、市への貢献に感謝の意を述べました。

manoa-dna.jpg

 今ハワイで一番ニューでホットなバンド、マノアDNAによるのスニーク・プリビュー・パフォーマンスが行われました。ケアリイ・レイシェルによってハワイでも大変に人気になった沖縄の曲「涙そうそう」が、兄アレックスのハワイ語、弟ニックの日本語で披露され、その歌声に観客はうっとり…。この続きはハワイ・コンベンションセンターで。

 ハワイ、日本、オーストラリア、中華民国(台湾)、フィリピン、アメリカ本土、そしてそのほかの環太平洋を代表するパフォーマンスやイベントを第14回ホノルル・フェスティバルでお楽しみくださいね。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top