ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
第29回「ラナイでアロハ萌え」

第29回「ラナイでアロハ萌え」

2007.10.31

橋口いくよのHAWAII IN JAPAN - アロハ萌え

Title
第29回 「ラナイでアロハ萌え」

 ただいまハワイと遠距離恋愛中の橋口いくよです。いつもハワイの事が頭から離れず、ハワイに会いに行く時には全身全霊で向かう私。恋焦がれております。私のように、そして私以上にハワイ好きな人たちの為に「ハワイに行けない間も日本でいかにハワイを感じて過ごすか」ということをテーマに、毎回様々なことを紹介していこうと思っています。料理あり、レポートあり、妄想ありの誰にも止められないこのコーナー! ぜひ一緒に、全力で HAWAII IN JAPAN しましょう!

 今回は、憧れのラナイでアロハ萌え!!

橋口いくよ
橋口いくよ(はしぐち・いくよ)
小説、エッセイ、コラム、ノベライズなどの、物書き。
まあ「Sex and the City」のキャリーみたいな生活ですね。嘘です。全然違います。わりとインドア派でありながら、年に1度、ものすごくラッキーな時で2度ほどハワイに行って「アロハ萌え」をするのが楽しい。日本でハワイのことを考えて「アロハ萌え」するのも楽しい。結局いつも楽しい日々。

愛の種」、「蜜蜂のささやき 幻冬舎文庫」、「チルソクの夏ノベライズ」、「水平線の光の中、また逢えたら」another「亡国のイージス」ジョンヒ~静かなる姫~、「皇帝ペンギン」、「西遊記ノベライズ」、小説「結婚できない男」、小説「僕は妹に恋をする」、小説「吉祥天女」が著書にある。

最新情報はオフィシャル・サイトをチェック!
オフィシャルサイト http://www.seeds-of-love.jp

★初ハワイエッセイ「アロハ萌え」講談社文庫より好評発売中!!

★ラナイ探し
 好評発売中のエッセイ『アロハ萌え』でも、ラナイで「アロハ萌え」について書くほどラナイへの憧れが強い私。しかし、私の部屋にはラナイなどありませんでした。

 つまりいきなり窓のみ…まったくアロハ萌えではない! 無理やり飲み物を持って窓際に立って飲んでも、ただの張り込みの人の気分しか味わえません。

 次に引っ越す時は、絶対ラナイ付き!そう決めていた私でしたが、しかも、ラナイのためだけに引っ越すのも何処か気が引けます。

「いつかは!」

 そう心に決めているだけで、ラナイからは遠い生活が続いていました。しかし、予想外のニュースが私のもとへ舞い込んできたのです。住んでいる部屋が都合よく取り壊されることになり、立ち退き!部屋とのお別れに悲しんでいる場合ではありません。

 これは、チャンス!

 さっそく部屋探しにとりかかりましたが、ハワイのようなラナイがあるお部屋なんてなかなかないもの。ということで、あっさりあきらめることにしました。だってラナイがあるけど部屋がじめっとしてるとか、ラナイがあるけど、すぐ目の前がものすごく怖いチンピラの家とかでは意味がありません。

 ラナイはハワイで楽しむもの。

 そう自分に言い聞かせ、私はすっかりラナイのことなど忘れ、部屋探しの日々を送っていました。そんなある日、間取りや場所、条件的にも1番気に入ったある物件を見に行ったところ、そこは不動産屋さんと爆笑してしまうぐらい広いラナイ付きの部屋だったのです。
 部屋の大きさからしてラナイのスペースの割合が大きすぎます。こんなに広くするんだったら、もう少し部屋を広くしてくれよ…と文句のひとつも言いたくなる程の広さ。まさにラナイがメインと言ってもいいぐらいの物件でした。間取り図だけでは、ラナイが広いなんてわからなかったため、まったくの予想外なうれしい展開。

img

 「ここに決めます!」

 興奮した私は、案の定言っていました。それからは、家具をそろえるより引っ越しの手配より、すてきなラナイを完成させるための調べものが優先。遠くまで格安のウッド・デッキを買いに行ったり、植物や害虫の勉強をしたりと大忙し。気づくと引っ越しの3日前まで荷造りがまったくできていないという状態でした。
 引っ越し当日は、引っ越し業者の方が荷物を出している中、部屋の隅で洗濯物をまだ畳んでいるというギリギリ状態。それでもなんとか無事引っ越しできたのでした。

 ということで写真のラナイ、まだまだ少し寂しげでハワイっぽさからは遠いですが、これからこれから。来年の暑い季節がやってきたら、ハワイで見かけるような植物を置いたりしてますますハワイ化をはかるつもりです。ラナイというより、少しオリエンタルな感じがするハワイアンガーデンを目指します!
 

★とうとうラナイでアロハ萌え
img
▲緑を置いて観賞。日に日に葉っぱが増えてくるので、それを見ているだけでも楽しい。これから冬が来るので、この植物たちが死にやしないかと、心配も増えました。

 このラナイ。作るのけっこう手間がかかりました。広いとはいえコンクリートの寂しげな雰囲気を消したかったので、ウッド・デッキを敷くことに。
 しかし、ウッド・デッキは高いし、色が薄いと妙にカントリー調になってしまう危険がありそう。ネットで調べまくり、ホーム・センターをまわり、やっと気に入るウッド・デッキを入手。天然成分でできた防虫のお薬を何度か自分で塗ってかわかして、やっと敷いていったのです。玉砂利や飛び石を置いたりして、数日かけ、出来上がった時には、ラナイでやりたかったことを思いつく限りやってみたうえに、キャンドルをつけて朝までラナイで過ごしました。

img
▲エッグベネディクトを食べる…妄想をする。だって、家に本物がなかったんですもの。近々作って食べたいと思います。
img
▲ワイキキ・ビーチを思いながら、ヨガをする。これはなかなか気持ちよかったです。真冬になってもこれを続けるかどうかは、今決めかね中。
img
▲お昼寝。もちろんこんな新橋臭がするよっぱらいみたいな格好では寝ませんが、マットを敷いてタオルに包まって横になっていると波音が…聞こえません。でもとっても気持ちいいです。

★テレビとおんなじ…
 散々、ラナイを楽しみまくった私は、翌日テレビで衝撃的なニュースを目にしてしまうことになるのです。レポーターが指す先に、木にびっしりはりついている幼虫たちが…。

 「最近、都内ではチャドクガの幼虫が大量に増え、その被害が続出しています。通常、お茶の葉っぱなどにつくチャドクガですが…」
 レポーターが言っています。うごめく毛虫があまりにも気持ち悪くチャンネルをかえようとしたところ、ショックで思わず手が止まってしまいます。

 う、うちの近所。超近所…。

 うおおおおお。ぞっとする…。

 そう思って腕をさすった時に、妙な違和感が…。

 こ、これは…

 私の左腕にテレビに映っているぼつぼつと同じものがあるのですが、これはチャドクガでしょうか。「不安で夜も眠れません…」と、教えてgooで質問でもしたいぐらいのものが関節部分に。

 「直接触らなくても幼虫の死骸や、抜け落ちた毛が風に乗って洗濯物などに付着する場合もあります」。

 テレビが教えてくれました。

 そうですか…。ラナイでごろごろしている間に、風にのってきたチャドクガの毛にやられた可能性は充分にあります。テレビでやっていたように急いで洗い流し(すでに遅い)、薬を塗りました。しかし害虫の勉強もしたというのにチャドクガの幼虫の毛にやられるなんて、意外な盲点でした。うちのラナイがハワイ製ではない事実をこんなことで嫌という程知らされるなんて…。

 それ以来、しばらくはびくびくしていましたが、はやりラナイの心地よさのほうが断然勝ってしまい、今ではチャドクガの毛など気にせず、ラナイで過ごすことを楽しんでいます。
 ジュースを飲むだけでもラナイに出てみたり、朝ご飯を食べたり、おいしいケーキを買ってきて紅茶を飲んだり、仕事の合間にたった5分座っているだけで気分転換になります。しかも、管理人のおじさんがメダカをくれたので、それを覗きに行くのも楽しみのひとつ。最近メダカが卵を産み、それがかえって赤ちゃんも増えました。

 もちろん、あれ以来チャドクガにもやられていません。秋になって空は青いし、風も気持ちいい。あとは、冬のラナイの過ごし方を見つけなければ。

 誰か教えてください!鍋? おでん?
でもそれってアロハ萌えなの?

img
▲グロ画像注意! チャドクガの幼虫の毛にやられた私。
img
▲ラナイから見えるこのビルをワイキキのホテルのビルだと思うと、ものすごく「アロハ萌え」しやすいです。
img
▲管理人のおじさんからもらっためだか。ビーチに行けないので、魚を見る「アロハ萌え」欲はここで満たします。

★まとめ
 ラナイで「アロハ萌え」。日本で初めて経験しちゃいました。しかも、自分の部屋についてるラナイで♪まだまだラナイ初心者の私ですので、よかったらすてきな過ごし方を教えてください。実行した際には、またこちらで報告しますので。
 ところで…。チャドクガ事件。怖かったです。「アロハ萌え」しようと思いっきり張り切る→事件。このアロハ萌え呪縛はまだ健在なのでしょうか。ほんとに、いつもいつもなぜ?

★お知らせ
img
アロハ萌え
Kawaii Hawaii/橋口いくよ著
講談社文庫より発売中!!

 書き下ろしエッセイ「アロハ萌え」。講談社文庫より好評発売中。
 皆様のおかげで、この『アロハ萌え』色々なところから取材のお話を頂くようにもなりました。ハワイの達人でもないのに、本当にありがたい限りです。今後ともなお一層のこと「アロハ萌え」していくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。

書き下ろしエッセイ「アロハ萌え」
KAWAII HAWAII/講談社文庫
価格540円(税込)

★このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。
たくさんのメールお待ちしています!!

公開日
: 2007年 10月 31日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top