ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
Ogo Ono-loa Hawaii 4th Anniversary Summer Bash

Ogo Ono-loa Hawaii 4th Anniversary Summer Bash

公開日:2007.08.22

更新日:2017.06.25

日本で楽しむハワイ - 特別企画&レポート

第2回 「Ogo Ono-loa Hawaii 4th Anniversary Summer Bash」
 
 日本にいてハワイを感じるなら、イベントやコンサート、ハワイアンパーティではないでしょうか?
  そんな訳でこちらのコラムでは、日本で開催されている様々なイベントの体験レポートを、ハワイ好きなレポーターがお届けします。
Ogo Ono-loa Hawaii 4th Anniversary Summer Bash
アロハ~

 アロハストリート・ジャパンがお届けしている「たっぷりイベントレポート」。今回は、8月5日に開催された「Ogo Ono-loa Hawaii 4th Anniversary Summer Bash」のMCを務めた、大忙しのイベント・コーディネーターの村田実紀さんがレポートします。

【レポータープロフィール】

村田実紀
ライター&イベント・コーディネーター
9年間フリーのアシスタントとして担当していたラジオ番組がきっかけで、すっかりハワイ通に。 幅広いコネクションを生かし、イベント・コーディネーターとしても活動開始。

「リアルハワイ」を届けたい!

 日系ハワイアンのオーナーのそんな思いのもと開催されたのが「Ogo Ono-loa Hawaii 4th Anniversary Summer Bash」。実のところ、当日まで1カ月もない中でバタバタと準備が進められました(そんなところもリアルハワイ?!)。そして、この日のためだけにハワイから来日が決まったのが、 マーティン・パヒヌイ&マーク・イム、ハパにカラエロア。そしてフラダンサーたち。更にオーナーとは旧知の仲であるKONISHIKIが、ハワイから連れてきたバンドを率いて、お祝いに来てくれることに! なんとも豪華なラインアップです。
 そんなライブを、Ogoのおいしいハワイアン・フードとともに楽しもうというパーティです。


レストラン自体は20名で一杯になる規模ですが、この日会場に集まった数は、約400名。普段お店にいるように、この日も皆すっかりリラックス・モード。

大御所マーティン・パヒヌイ(右)とベテランミュージシャン マーク・イム(左)。 会場に足を踏み入れた瞬間に、ふたりが演奏でお出迎え。これぞ、リアルハワイ!

 4周年を迎えた赤坂にあるレストラン「Ogo Ono-loa Hawaiian」は、20名入ればいっぱいになるような規模なのですが、この日のイベントに来た人の数は、なんと約400名! しかも、チケットは販売3週間弱でソールド・アウト。普段どれだけ愛されているレストランかが伺えます。
今回会場となったのは、昨年と一緒で、南青山骨董通り沿いにある「Moda Politica」です。13時開場と同時に、まずはマーティン・パヒヌイ&マーク・イムによる演奏がスタート。あのスラック・キー・ギターの巨匠ギャビー・パヒヌイを父に持つマーティン。彼自身もハワイアン・ミュージックの世界では大御所です。
 そんな彼の演奏でお客さんをお出迎えしようという、すばらしく贅沢な試み。これこそ「リアルハワイ」を感じてもらうための計らいだったのです。そして、ここでMCの第一声。いざパーティの始まり!


ハラウ「Hula Bootie」のケイキ・ダンサーたち。この日1番のアイドルでした。

 次にステージを飾ったのは、日本のハラウ「Hula Bootie」によるフラショー。中でも、ケイキ(子ども)たちによるフラは、この日の注目度ナンバーワンでした。
 目でハワイを楽しんだ後は、今回初来日となったカラエロアの登場。今、ハワイで最も人気があるのがレゲエやポップな音を混ぜたアイランド・ミュージック。それを代表するのがこのふたり。お客さんたちのほとんどがこの日、彼らのことを初めて知ったはず。おそらく何も期待をしないで見ていたことでしょう。
 すると、パニオロ風の出立ちで登場した彼らは、オリジナル曲や「Brown Eyed Girl」といった名曲をカバーして、会場を大いに沸かせ、最高の盛り上がりとなりました。しかし、パーティはここで終わりません。
 その後ステージを引き継いだのが、この日のメインとなるハパ。ハパといえば、言わずと知れた実力派アーティスト。もちろん全く期待を裏切らない「さすが!」とうならせる圧巻のライブを繰り広げ、最後は会場にいるフラダンサー全員を交え、「Noho Paipai」で締めくくり。ダンサーは「ハパの演奏で踊れるなんて夢みたい!」と大興奮していました。
 そして、いよいよ最後となったのが、バンドを率いてやってきたKONISHIKI。やはり盛り上げ上手な彼は、あの大きな体で会場を大いに揺らしてくれました。
 色々なジャンルのハワイアン・ミュージックを一挙に、しかも至近距離で見ることができ、この日来た人たちは、本当にラッキー。皆、大満足のライブ・ショーとなりました。

 


今回が日本での初ライブとなったカラエロア。ルックスよし、歌よしで会場を沸かせてくれました。

今年ソロでもナ・ホク・ハノハノ賞を受賞した、ネーサン(左)と、今回ライブの音響を仕切ってくれたバリー(右)。

日本に一時帰国していたKONISHIKIもお祝いに駆けつけました。ご覧の通りの大きな体で、会場を大いに揺らしてくれました。

イベントのバナー。ここに載りきらないほどたくさんの特別協賛を受け、中にはCHANEL, BVLGARI, BALLYといった高級ブランド品のプレゼントもありました。

外国人のお客さんも多いことから、英語と日本語のMCを用意。
英語担当はInterFMのDJ、KC (左)、日本語担当が、私(右)です。

 ライブの後は、ハワイ往復航空券&ホテル宿泊券が当たるプレゼント抽選会。その前にサプライズで、ある常連客の方のバースデー・コールが。400名にお祝いされる誕生日なんて最高ですよね?!
 実は、このイベントのためにたくさんの協賛が集まり、パウスカートなどのハワイ関連グッズから、シャネル、ブルガリといった高級ブランド品などのプレゼントも提供され、ライブの合間に毎回プレゼント抽選会が行われていました。なので、全く飽きる暇もない、あっという間の4時間。五感を全部を使って「リアルハワイ」を感じるパーティとなりました。

Ogo Ono-Loa Hawaii
住所:東京都港区赤坂5-1-4 磯村ビル5F
Tel/Fax:03-3585-5337
営業時間:月~土曜(土曜はディナータイムのみ)
ランチ(11:30~14:00)/ディナー(18:30~23:30)/ラストオーダー (22:30)
※9/1~18 まで夏休みとなります。
E-mail:ogo13@r5.dion.ne.jp

公開日 : 2007年 8月 22日

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top