ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
第4回 ゴルフ・スピード・アカデミー

第4回 ゴルフ・スピード・アカデミー

2007.08.22

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

チャレンジャーA-1の「スポナビハワイ」
第4回  スコアアップの救世主!「ゴルフ・スピード・アカデミー」
 アロハ! スポーツ・ナビゲーターのA-1(エイワン)です。
 世界有数のゴルフ・パラダイスであるハワイ。日本からやって来るプレイヤーも、ゴルフをするためにハワイにやってくる人、ふだんはあまりプレイしなくてもハワイに来たらラウンドするという人、ハワイでゴルフ・デビューを目指している人など、さまざまです。
 ハワイには、たくさんのすばらしいゴルフ場がありますが、今回ご紹介するのはマカハ・バレー・カントリー・クラブ(通称マカハ・イースト)で行われている「ゴルフ・スピード・アカデミー」のレッスン。数々の選手を育て上げたインストラクターが、ビデオや器具などを使って行う、目からウロコのレッスンです。スコアアップを狙う人、必見です!

ハワイのスポーツ情報満載!
スポナビハワイ www.sponavihawaii.com
A-1 本名:阿部栄一(A-1/エイワン)
ハワイ在住8年のイベント・コーディネーター。マラソン、サイクリング、トライアスロン、サッカー、フットサルなど、主にスポーツ・イベントのサポートを行っている。これまでトライしたスポーツは数知れず、現在はトライアスロンに挑戦中。好きが高じて、ハワイのスポーツ情報サイト「スポナビハワイ」を主宰。米国トライアスロン協会認定レース・ディレクター。
⇒ スポナビハワイ www.sponavihawaii.com

ゴルフ・スピード・アカデミー

 アメリカの最新技術を取り入れたレッスンを行っているゴルフ・スクール。コンピュータやレッスン用器具を使った効果の高いレッスンが特徴で、目的を絞ったものや数日間の集中コースなど、様々なプログラムを行っています。

●ゴルフ研修80の壁を破る(一例)
場所:マカハ・バレー・カントリー・クラブ(マカハ・イースト)
所要時間:9時間
料金:1人$250
お申し込みはこちら:スポナビハワイ www.sponavihawaii.com

まずはビデオで自分のスイングを分析
 スコアが伸び悩んでいても、どこを直したらいいのか自分ではわかりにくいもの。ゴルフ・スピード・アカデミーでは、まずビデオカメラを使用してスイングの撮影を行います。そしてすぐにモニターでチェック。ここで使用するスイング分析用のソフトには、約100人のプロゴルファーのスイングが入っていて、プロのそれと比較しながら、どこを直したらいいのか確認することができます。
 スイングの分析をはじめとして、レッスンで指導してくれるのはインストラクターのケルビン・ミヤヒラさん。全米のキッズ・ゴルフ・インストラクターのトップ50にも選ばれたケルビンさんは、わかりやすく親切な指導に定評があり、何度もレッスンを受けにやってくるリピーターも多いとか。ビデオで自分のスイングは一目瞭然なのですが、さらにケルビンさんの指導で直すべきところがはっきりとわかりました。

▲まずはビデオをセットして撮影。ちょっとドキドキ。

▲すぐにモニターでチェック。この日はタイガー・ウッズのスイングと比較(笑)。

▲インストラクターのケルビンさん。親身になって指導してくれます。

スグレものアイテムが続々登場!
 スイング・チェックが終わったところで、さっそくレッスン開始です。最初に登場したのが「スイング・ガイド」と呼ばれるスイング矯正用の器具。この器具をつけることによって、開きすぎ、閉じすぎといったフェイスの向きを直し、インパクトをまっすぐにすることができるのです。 次に使用したK-Vest(Kベスト)は、腰、肩、手にセンサーがついており、筋肉の動きを分析することができるというスグレもの。体のひねりも修正できる上級者向けのアイテムで、ハワイ出身のプロゴルファー、ミシェル・ウィーも最近使い始めたそう。 さらにクラブを引いてから打つまでのスピードを計る器具を使ってのスピード・トレーニングや、パッティング・プレーンというパター練習用のガードなど、続々と見たこともないアイテムが登場。さらにアプローチの練習もして、ひととおりのレッスンが終了する頃には、頭の中のイメージではすっかりタイガー・ウッズになった気分(笑)。あとはクセが直るまで練習あるのみなのですが、早くもラウンドしたくて、うずうずしてきました。

▲クラブにスイング・ガイドをつけての練習。スライスがドロー系に矯正されます。

▲Kベストを着用してのレッスン。本格的です。

▲筋肉の動きをコンピュータで分析。腰、肩、手の順で動くのが理想的。

▲モニターと、ボールがチェーンでつながれたクラブをセットで使い、スピードを計ります。

▲インストラクターの指導を受けながら、アプローチを練習。

▲専用ガードを使ってパターのレッスン。おもしろいくらいに入ります。

練習の成果を生かしていざラウンド!
 クラブハウスでランチをとって、いよいよ18ホールのラウンドへ。今回受けたコースでは、インストラクターも一緒にまわってくれるので、実戦的なアドバイスも受けながらプレーすることができます。海も山も美しいマカハ・イーストのコースで、さっそく練習の成果を生かしながらゴルフ三昧の1日を楽しみました。

▲ラウンド中にもケルビンさんから的確なアドバイスが。

▲17番ホールからの眺めは最高! スイングも冴えて気分も上々です。

▲マカハはクラブハウスの食事がおいしいことでも有名。日本食があるのもうれしい。

 今回の僕のスコアは秘密ですが(笑)、確実にスキルアップできたと実感しています。皆さんも、「ハワイでゴルフ」のスケジュールの中に、ぜひ一度レッスンを取り入れてみてください。大満足間違いなしです!

ハワイのスポーツ情報満載!
スポナビハワイ www.sponavihawaii.com

■このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!

公開日 : 2007年 8月 22日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top