ハワイの最新現地情報が満載!

食べる編集部シリーズ「ヴィラ・パラディーソ」の巻

食べる編集部シリーズ「ヴィラ・パラディーソ」の巻

公開日:2006.07.19

更新日:2017.06.25

特別企画&レポート

グルメ・レストラン情報
食べる編集部シリーズ
「ヴィラ・パラディーソ」の巻

 アロハ! ユカリンです!
 ハワイでアルデンテなパスタがいただけ、しかも時間帯によってお食事をしながらグラス・ワインが1ドルで楽しめる!との噂を聞きつけ、ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センター3階にある「ヴィラ・パラディーソ」におじゃましてきました。お腹ペコペコのスタッフ4人で突撃取材です!

詳細とおすすめ情報はこちら

■現在大改装中のロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センターへ
 場所は、ロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センターのオーキッド・コートの3階とわかっていたものの、3つの建物がそれぞれ寸断されていて、オーキッド・コート3階には、どのようにして上がっていけばいいのかわからない…。工事前にはカラカウア通り沿いにエレベーターがあったので、迷子になることなんてなかったのに…。
 そしてもっとわかりやすいルートを発見! これならカンタンにたどり着けます!


▲ロイヤル・ハワイアン通りをシェラトン・ワイキキ方向に向かって歩いていくと…。

▲右側にあるロイヤル・ハワイアンSC駐車場のエレベーターで3階へ。

▲3階で降りてモール側に出ます。

▲モールに出たら、右にある通路を渡れば「ヴィラ・パラディーソ」はもう目の前に!

■毎月変わるランチ・スペシャルメニュー
 ランチ・メニューは2種類あり、今月のメニューはAコースのアサリ、ムール貝、3色ピーマンのスパゲッティと、Bコースのチキンのカツレツ、生ハム、ナス、チーズの重ね焼きボローニャ風。それぞれのコースにはグリーン・サラダに鴨のスライス添え、シェフのデザート、コナコーヒーが付いています。スパゲティは、噂通りの絶妙なアルデンテ! トマトソースも、いくらでも食べられてしまいそうなほどの、軽い味付け。日本人好みの繊細なイタリアンが、ワイキキのど真ん中! そしてムードたっぷりなインテリアのレストランで、たったの$13.95でいただけるなんて感激です。これなら毎月変わるメニューを制覇するために、通ってしまいそう。


▲新鮮な魚介類と3色ピーマンが上品なトマト・ソースにぴったり!

▲チキン、生ハム、ナスのコンビネーションが、とろけたチーズと重なって絶妙なハーモニー。

▲セレブな雰囲気満点の中でいただくランチが$13.95というリーズナブルさ!

■繊細なイタリアンのランチ・スペシャルに舌鼓!
 さて、「食べる編集部」の代表4人組が座っているテーブルに、次から次へと運ばれるごちそう。まず最初に運ばれてきたのは、ランチ・タイムのアラカルト・メニューの「ポークチョップのマッシュルーム入りマデラワインソース」と「スパゲッティのエビ、ダイストマト、バジリコ入りのペペロンチーニ」。
 エビには目がないウエブ・デザイナーのタエコと、名古屋出身で「エビ命!」の私は、エビの奪い合い(笑)。そしてランチ・スペシャルのチキン・カツレツをおかずに、カスタマー担当の北海道出身、白い恋人タカシは「コレステロール数値が高いからダイエットしてるんだよね…」と言いつつ、パンにバターをたっぷりつけ豪快にかぶりついているではありませんか! その食べっぷりは見ていて気持ちいいほど(笑)。
 それを横目に、鴨肉のスライスが入った新鮮なグリーンサラダを優雅にいただいているキッシー。どのディッシュも繊細な味付けが絶妙で、お腹がいっぱいになっても、ナイフとフォークの動きが止まらない私たちなのでした。


▲外側はカリカリ、中はふんわりとしたパンは、ついつい食べ過ぎてしまうおいしさ。

▲絶妙なアルデンテ感に感激のキッシー。

▲本当にコレステロールを気にしてるの? と疑いたくなるような食べっぷりのタカシ。

▲大好きなワインと食事に囲まれてゴキゲンなユカリン。

▲エビがどっさり入ったパスタの定番ペペロンチーニに幸せ度もアップ!

▲骨付きのポーク・チョップの濃厚なマデラワインソースと、たっぷりトッピングされたクリスピーなオニオン・フライの相性がぴったり。

■シェフおすすめのグラス・ワインがたったの1ドル!
 現在ヴィラ・パラディーソでは「$1ワイン・スペシャル」を実施中。18時から19時までに来店し、ディナーをオーダーすると、ワイン通としても知られる寺田シェフが厳選したイタリア・ワイン「モンテ・プル・チアーノ」(赤ワイン)、「トレビアーノ」(白ワイン)が1ドルでいただけてしまうのです。グルメな人たちが集まる店にふさわしい粋なサービスですね!


▲イタリア料理とワインのことならおまかせ!の寺田シェフ。

▲香り豊かでおいしい、イタリア・ワインのモンテ・プル・チアーノ(赤)とトレビアーノ(白)。

▲ワインに目がない女性陣。次回はお仕事でなくプライベートで来ようと誓ったのでした。

■ワイン好きもうならせるセレクションの多さ

▲全米でも、モンダビの売り上げが上位だというヴィラ・パラディーソ。飲みたかったワインがここならあるはず。

 ロバート・モンダビを中心に寺田シェフがそろえたワイン各種は、それだけでおいしさを楽しめるもの、食事と共にいただくことでおいしさが増すものがあり、その奥深さを知ることができます。赤、白ともに30〜40種というセレクションの多さは、ワインを楽しむためだけに足を運ぶファンがいるほど。中でも高級ワインのオーパス・ワンが原価?と思ってしまうほどリーズナブルで連日ワイン好きが集まるスポットとして有名となっています。

取材を終えて
 ふだんは騒がしい私たちですが、今回は、大好きなイタリア料理を前に黙々と食べ続けてしまいました(笑)。
  高い!という先入観があったワイキキのレストランでしたが、こんなにリーズナブルで、しかも本格的なイタリアンが味わえる「ヴィラ・パラディーソ」。ワイキキでイタリアンが食べたくなったらみなさんもぜひお試しくださいね。

ヴィラ・パラディーソ
Villa Paradiso

住所:2233 Kalakaua Ave
ロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センター3階
電話:926-1717
営業:ランチ11:30〜14:00(月〜金曜)、ディナー18:00〜22:00(無休)

詳細とおすすめ情報はこちら

公開日
: 2006年 7月 19日

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top