ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
「サウスパシフィック・カルチャーセンター」にお呼ばれ

「サウスパシフィック・カルチャーセンター」にお呼ばれ

2006.03.22

編集部体験レポート

ハワイお呼ばれレポート
リカの
「サウス・パシフィック・カルチャー・センター」にお呼ばれの巻

 アロハ! リカです。
 今回は3月から新しくワイキキでスタートした「サウスパシフィック・カルチャー・センター」です。ファイヤー・ダンスやフラといったポリネシアのダンスと、ハワイアン・フードが一度に味わえるというディナーショーに、編集部がお呼ばれしてきました。場所はかつて「コダック・フラショー」が行われていたワイキキ・シェルの隣り。ここならワイキキからも歩いて行けるので便利ですね。それではさっそくご紹介しましょう。

■南の島のアート&クラフトショップ

▲アート&クラフトのお店が並んでいる。

▲ひとつひとつ手作りのクラフトはおみやげに最適。

 「アロハ!」 ゲートを入ると、体格のよいポリネシアン・スタイルのお兄さんが極上のスマイルでお出迎えです。さっそく気分が盛り上がりますね。そのままステージの裏手に進むと、木や葉でできた小さなブースが軒を連ね、まるで小さな南の島にでも迷い込んだよう。ここではポリネシアンなアート&クラフトのお店や、ハワイ古来のゲーム、椰子の実剥き、ティキの彫刻などのデモンストレーションが見られるようになっています。このカルチャーセンター、夜のショーは有料ですが、昼間は入場無料なので、誰でもお店をのぞいたり、デモやミニ・ポリネシアン・ショーを楽しむことができます。

■ハワイアン・ルアウで満腹!満足!

▲たくさん並ぶハワイ料理の数々。

▲全部の料理を紹介できなくて残念!

 今回私たちが参加したのは、$65のスタンダード・ディナーショー。ポリネシアン・ショーに、ルアウ(ハワイの宴会料理)と飲み物(アルコールもですよ)がセットになっているお得なパッケージです。それでは、ショーの前にまず腹ごしらえといきましょう。料理はカルアピッグ、ロミロミ・サーモン、バーベキュー・チキン、タロイモのロールパン、トロピカル・フルーツなど、大満足のラインナップ。ビュッフェ・テーブルに並んだたくさんの食べ物を前に、私もすっかり食べる気満々(笑)。食事をしながらゆったりとした時間を過ごしている間に、空はだんだんと暗くなり、いよいよショーのはじまりです。

■ポリネシアの島々の華麗なダンス!
 このショーは、世界的に有名なファイヤーナイフ・ダンサー、シエル・アヴェアさんによるもの。彼の軽快なおしゃべりが観客の笑いを誘い、なごやかなムードを作り上げたところでダンスのスタートです。ハワイ、ニュージーランド、タヒチやトンガのダンスなど、ポリネシアの島々を渡り歩くように、次から次へと華麗なダンスが披露されます。そのバラエティも、元ミス・ハワイを含む美女たちの軽やかで美しい踊りから、大勢の男性ダンサーによる迫力あるものまでさまざま。終始観客は舞台に釘付けです。

 「次のダンスは一緒に踊りましょう!」 シエルさんは、観客を参加させてしまうのもとても上手。皆のぎこちない踊りが大きな笑いを誘い、ステージはさらに盛り上がります。みんなの気持ちが一緒になり、いよいよクライマックスへ!


▲シエルさんのトークで会場は笑いの渦に。ダンスレッスンには積極的に参加を!

▲元ミス・ハワイを含む美女たちによるタヒチアン・ダンス。

▲パワフルなダンスは見ごたえあり。

■迫力満点のファイヤー・ダンスでフィナーレ

▲あっという間に煙がモクモク。その火をたいまつに移してファイヤー・ダンス。

▲早く回さないとこのドーナツの炎は作れない!

 さあ、いよいよフィナーレです。さっそうとシエルさんがステージに登場し、まずは2本の木をこすり合わせて、得意の「火起こし」が始まります。見る間に煙が上がり、やがてそれが大きな炎に変わると、観客からは大きな歓声が。その火をたいまつに灯し、いよいよファイヤー・ダンスがスタート! 勇ましい太鼓のリズムのなか、彼らの廻す炎だけが暗闇に浮かび上がります。さらに、ダンサーが増えてのファイヤー・ダンスはすごい迫力。炎が手、足、顔のすぐ近くを、動く、動く、回る、回る! 彼らの肌はいったいどういう構造になっているのかしら…。そんな私の心配をよそに、休むことなくたいまつを廻しながら、右へ左へと踊り続けるダンサーたち。ファイヤー・ダンスの技術の高さと、彼らのダンスへの情熱を実感したところで、大興奮のショーは幕を閉じました。

取材を終えて
 2時間におよぶショーは、盛りだくさんの内容であっという間。終始観客を飽きさせることのないシエルさんのトークと、ダンサーたちの高い技術に、すっかり時間も忘れてしまうほどでした。ワイキキという便利な立地、自然を満喫できる環境、そして満足度の高いショーなど、すてきなハワイ旅行の思い出になること間違いなしのディナーショーですね。

サウス・パシフィック・カルチャーセンター
South Pacific Cultural Center


住所:2805 Monsarrat Ave
ワイキキ・シェル アンフィシアター(ワイキキ・シェル隣)

電話:922‐3705
営業時間:10:00~21:00 休日不定期(要電話確認)
ディナーショー:18:00~20:30 大人 $65~ 小人$45~

公開日
: 2006年 3月 22日

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top