特別企画&レポート記事一覧

ノースショアの玄関に位置する「ハレイワ」

ノスタルジックな雰囲気がたまらない、ノースのメインタウン。おしゃれなショップや行列グルメが集合です。

2012年01月06日

ttl.jpg ハレイワは、そのノスタルジックな雰囲気が人気のノースショアのメインタウン。ノースショア・マーケットプレイスやハレイワ・ショッピングプラザなどのショッピングモールを中心に、おしゃれなショップやレストランが集まっています。オーナーのセンスが光る小さなブティックやおみやげにもピッタリのアロハの小物を扱う雑貨店などは、時間を忘れて見入ってしまいそう。また、有名なシュリンプワゴンやハワイ産の食材を使ったこだわりレストラン、常に行列ができるシェイブアイスの名店など、グルメスポットもいっぱいです! 02.jpg s01.jpg ノースショア・マーケットプレイス North Shore Marketplace
ワイキキ方面から来ると、シュリンプワゴンを過ぎ、すぐ右手に見える広いショッピングセンター。個性的なショップやレストランが集い、ロコにも人気のスポット。ハレイワでは貴重な「トイレ休憩」の場所としても利用価値大です。
66-250 Kamehameha Hwy

s02.jpg コーヒー・ギャラリー Coffee Gallery
ワイアルア産のコーヒーを扱う人気店。エスプレッソにアイスクリーム2スクープを入れてシェイクする「モカフリーズ」は、とくにおすすめ。
電:808-637-5355 営:6:30~20:00 無休

s03.jpg マッキーズ・カフク・スウィートシュリンプ Macky's Kahuku Sweet Shrimp
セブンイレブン隣に位置する、ノース名物のシュリンプ・ワゴン。ここではさわやかな酸味が食欲をそそるレモン&ペッパーをオーダーしましょう。
66-632 Kamehameha Hwy
電:808-780-1071 営:10:00-19:00

s04.jpg クア・アイナ・サンドウィッチ・ショップ Kua`Aina Sandwich Haleiwa
日本にも支店を出した大人気のハンバーガー・ショップ。ワードセンターズにも支店があります。
66-160 Kamehameha Hwy
電:808-637-6067 営:11:00~20:00 無休

s05.jpg マツモトシェイブアイス Matsumoto Shave Ice 1951年開業。約60年間ハレイワタウンで営業を続ける有名店。ノースの定番、マツモトシェイブアイスのレインボー・シェイブアイスは、どんなに待っても食べたい絶品!オリジナルTシャツやアクセも話題です。
66-087 Kamehameha Hwy
電:808-637-4827 営: 9:00~18:00 無休

ほかにもハレイワ周辺で、楽しめるショップはたくさんあります。詳しくはコチラ!
▶ノースショアの最新&注目ショップはココ!
▶自然の宝庫ノースでアクティブ三昧!
▶ ノースショアの超人気グルメを徹底紹介!

アートの街でもあるハレイワ

ヒストリカルな雰囲気の街を散策していると、カラフルで個性的なアート作品を目にすることが多いことにも気づくはず。ノースにはサーファーであると同時に、アートや音楽活動を続けているアーティストたちも多く、彼らが暮らす街には独特の文化が育まれているのです。そう、ここはサーファーの街であるとともに、アーティストの街でもある・・・。そんな空気を感じるのも、ノースショアのもうひとつの魅力です。

03_a.jpg へザー・ブラウン Heather Brown
カリフォルニア州にて生まれ育つ。2年前、ハワイ大学にてアートを専攻し学位を取得後、サーフ・アーティストとして活動中。波や南国の花をモチーフにした独特の作風は、様々な分野で人気を呼んでいる。

03_b.jpg


04_k.jpg クラーク・リトル Clark Little
ノースの波をユニークなスタイルで撮り続けるクラーク・リトルさん。躍動感のある写真は、サーフィン関係者も大注目。作品はカフェ・ハレイワなどでチェック!
公式サイト:www.clarklittlephotography.com 05_m.jpg マーク スワンソン Mark Swanson
ハリウッドからノースショアに移住した元CGデザイナー、スワンソンさんのキュートなイラストは日本でもおなじみ。ハレイワ・タウン・センターにショップをオープン予定。
公式サイト:www.alohaworkshop.com


★ハレイワの街を歩くときの注意点★
ハレイワ・タウンは歩道が狭いので、散策する時は横に並ばずに歩くよう心がけましょう。とくに冬場は車の行き来が多いので、車道に出ないように注意が必要です。ノースショアの波は、小さく見えるときでもほかの波とはパワーが違います。波に背中を見せないようにするほか、子どもをビーチに連れて行くときは、目を離さないようにしましょう。

スポンサーリンク