コナのコーヒー農場で大規模な作物損失が発生

2023.01.13

日刊ローカルニュース

ハワイ島コナのコーヒー農場で、これまでにない規模の作物損失が発生している。

ライオンズ・ゲート・ファームの代表取締役であり、コナ・コーヒー・ファーマーズ・アソシエーションの理事長であるスザンヌ・シュライナー氏は「この作物損失には多数の要因がありますが、一番の原因はコーヒー葉のさび病と呼ばれる新しい真菌によるものです。コナをドライブしていると、さび病で葉をたくさん失った木が見えます」と述べている。

ヘブンリー・ハワイアンの代表取締役であるビル・マイヤーズ氏は、干ばつと甲虫の蔓延も農家に大きな打撃をもたらしたと言及。「これらの要因をすべてを足し合わせると、農家にとっては嵐です」とコメントしている。

「回復には何年もかかり、一部の小規模農場は閉鎖を余儀なくされる可能性があると予測しています。ほとんどのコナコーヒー農園は約5エーカーで約40,000ドルの収入が得られますが、今は半分に減っている」とシュライナー氏は語る。

100%コナコーヒーは、小売店で1ポンドあたり約$50で販売されているが、今年後半に価格が上昇すると専門家は予測している。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top