違法花火の打ち上げで3名を逮捕

2023.01.04

日刊ローカルニュース

ホノルル警察は3日(火)、大晦日から元旦にかけて、オアフ島内で違法花火の打ち上げに伴う逮捕者が3名で、17枚の違反切符を発行したと発表した。当局によると、違法花火に関する通報件数は2,400件以上だったほか、約300ポンドの違法花火が押収されている。

オアフ島では、12年前から個人での打ち上げ花火の使用などを禁止する法案が施行されているものの、年末から年始にかけて島内各地で多くの違法花火の打ち上げなどが行われており、ホノルル救急医療サービスによると、違法花火によって少なくとも8名が重傷を負い、少なくとも25件の呼吸困難などに関する通報を受けたとしている。

ホノルル警察のローガン署長は「当局では、違法花火の打ち上げの取り締まりではなく、花火を見るためにフリーウェイに立ち止まる人を阻止することに重点を置きました。約2,000名の署員が毎日勤務にあたっていますが、これほどの規模の違法花火の打ち上げに関する取り締まりをさらに行うのは無理があります」とコメント。また、ホノルル市のブランジアーディ市長も、取締りに関して警官ができることはあまりなく、長期的な変革が必要であることに同意。両氏とも、大規模な違法花火の打ち上げに懸念を示すととともに、違法花火の打ち上げに関する状況を変えるためには、長期的かつ体系的な変更が必要との見解を示している。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top