当局が違法バケレン63件に通知

2022.11.20

日刊ローカルニュース

ホノルル市当局は、オアフ島内の住宅地などで短期のバケーションレンタルを禁止することを定めた新法案の施行を受け、10月23日(水)以降、島内にある63の違法バケレン物件に対して違反通知を発行したと発表した。

オアフ島で施行されている違反バケーションレンタル物件の取り締まり法案は、オアフ島のワイキキ、コオリナ、タートルベイなど、特定の地域でのみ30日以内の短期バケーションレンタルを許可するというもので、該当地以外にある30日未満の宿泊を伴う違法なレンタル物件に対しては、1日あたり1万ドルの罰金が科せられる。

ワイキキ改善協会会長のリック・エグド氏は「バケーションレンタルのブーム最盛期には、オアフ島には1万件以上の違法なバケーションレンタルがあると試算されていました。最新の調査では、新型コロナのパンデミック前にバケーションレンタルの30〜40%が事業から撤退したとしていますが、計算上はまだ島内に6,000件ほどの違法バケーションレンタル物件があることになります」とコメント。引き続き違法レンタル物件の取り締まりが必要であるとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top