州内唯一のアクアポニックスが閉業

2022.11.14

日刊ローカルニュース

マウイ島アップカントリーにある州内唯一のニジマスのアクアポニックス「クラヘーブン農場(Kulahaven Farms)」が、年末までに閉業する見込みであることが明らかになった。

クラヘーブン農場は、約4年前に州内唯一のアクアポニックスとして開業。マウイ島全域の小売店やオアフ島のタイムズ・スーパーマーケットで、有機認証付きのベビークレソンを販売しているほか、同社のニジマスは、パイアにある世界的に有名なレストラン「Mama's Fish House」でも販売されている。

クラヘーブン農場の創業者でCEOのジョン・ドボバン氏は「2021年には20万食を生産しましたが、近年のインフレによって経営が大きな影響を受けることとなりました。また、8月に大規模な停電で操業が停止したことで、一晩で収入の半分を失うことになりました」とコメント。年末までにアクアポニックスは閉業する可能性が高いものの、現時点で約3,000匹のニジマスが飼育されており、島内の別の場所での事業の継続やハワイ全土に数百の小さなパートナー農場を作るというビジネスプランなど、事業再生への道を模索中であるとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top