ハワイ島の空港に小型セスナ機が硬着陸

2022.06.22

日刊ローカルニュース

ハワイ島コナのエリソン・オニズカ・コナ国際空港に21日(火)、小型セスナ機が硬着陸する事故が発生。同空港の滑走路の一部が一時的に閉鎖となった。

当局によると、コナの国際空港に不時着したのは歯科医のジェフリー・エリス氏が操縦していた小型セスナ機のロックウェル・コマンダー114で、ワイメア地区から離陸し、コナ国際空港に着陸時に後部着陸車輪の1つが動かず硬着陸することになったとしている。

なお、小型セスナ機の硬着陸によってコナ国際空港の滑走路の一部が9:00ごろより一時閉鎖となり、一部の航空便が迂回する必要があったものの、同日の11:30ごろには滑走路も再開し、空港の運営は通常通りとなっている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top