新型コロナの入院者数のピークは今月下旬か

2022.01.03

日刊ローカルニュース

ハワイ・パンデミック・アプライド・モデリング・ワーキング・グループによる最新の予測で、州内の医療機関に入院する新型コロナウイルスの感染者の人数のピークは、今月下旬になる可能性が高いことが明らかとなった。

当局によると、2日(日)の時点で、ハワイ州内の医療機関に入院している新型コロナウイルス感染者は175名で、ハワイ州のグリーン副知事は、「過去にもっとも新型コロナウイルスの感染者が入院となった際の入院者数は448名で、その時に新型コロナの治療を受けていた患者数は11,500名でした。今回、感染力が強いとされるオミクロン株に感染して治療を受けている患者の人数は、入院者数がもっとも多かった時の2倍以上である25,236名となっているものの、入院を必要とする患者の人数は、過去にもっとも入院患者数が多かった時の半分以下である175名にとどまっており、今後、入院者数のピークが来た場合でも、入院患者数は300名程度になるでしょう」とコメント。同時に、現在ハワイのICUにいる新型コロナウイルス感染者は誰もブースター接種を受けていないとし、市民に対してワクチン接種とブースター接種の重要性を強調している。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top