新型コロナの新規感染者が3日連続で700名越え

2021.12.20

日刊ローカルニュース

ハワイ州では、新型コロナウイルスの新規感染者数の増加が続いており、州内での1日あたりの新型コロナウイルス新規感染者数が3日連続で700名超となっている。

ハワイ州では19日(日)の時点で、新型コロナウイルスの感染者総数が92,746人で、17日(金)に797件の新規感染が確認されたほか、18日(土)にも707件、19日(日)には972件新規感染が確認されており、新規感染者の増加が続いている。

州保健局長のリビー・チャー氏によると、新しい症例はオミクロン株とデルタ株が混在。17日(金)の時点で、州内ではオミクロン株の陽性者が31名確認されているほか、オミクロン株への感染疑い例が17件あるとしている。

ハワイ州のイゲ州知事は17日(金)に記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染者数の増加について言及。現時点で感染者数は増加しているものの、州内の医療機関の入院者数は急増していないため、現時点で規制強化などを行う予定はないとしている。

当局では、オミクロン株への感染は、ファイザー社とモデルナ社のワクチンを接種することで重篤化を避けることができるとされており、市民に対し、ワクチン未接種の場合はワクチン接種を行うよう促しているほか、すでにワクチン接種が完了している市民に対しては、ブースター接種を受けるよう呼び掛けている。

なお19日(日)の時点で、ハワイ州内のワクチン接種率は72.4%で、少なくとも77.9%の市民が1回めのワクチンを接種しているほか、約20%の州民がブースター接種を受けている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top