新ホノルル消防署長が就任

2021.12.17

日刊ローカルニュース

オアフ島ホノルルで16日(木)、ホノルル消防局の新署長の就任式が行われ、第35代ホノルル消防署長としてカラニ・ハオ氏が就任した。

ホノルル市消防委員会では、約11カ月にわたって新消防署長の選定を実施。最終的に残っていた2名の候補者のうち、1名が退職したため、ハオ氏が新署長として任命されることとなった。

就任式でハオ新ホノルル消防署長は「私はこの役割に伴う責任と期待を理解しています。市民の安全と消防士の安全を守ることに尽力していきたいです」コメント。訓練を受けた人材を適切な人数確保することが最重要課題のひとつであるとして、最初の目標として、現在約120名不足している消防署員の新規雇用を行いたいとしている。

ハオ消防署長はこのほか、前任者のマニュエル・ネベス署長が取り組んでいた、すべての新築住宅に煙探知機とスプリンクラーを義務づける案を引き続き推進するとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top