16歳と17歳への追加ワクチンを承認

2021.12.11

日刊ローカルニュース

ハワイ州保健局では、新型コロナウイルスの追加ワクチンの接種対象者を16歳と17歳にも拡大している。

今回の追加ワクチンの接種対象者の拡大は、米国疾病管理予防センターの新しいガイドラインに従って行われているもので、当局では、ファイザー製の2回めの接種から6カ月以上過ぎた16歳と17歳も、免疫を高める追加接種「ブースター」を認めるとしている。

当局では、ホリデーシーズンでこれから人々の集まる機会が増えることや、新種のオミクロン株の感染の拡大が懸念されていることなどから、市民に対して追加ワクチンの接種やマスク着用のほか、体調不良の時は人込みを避けて自宅で過ごすよう呼び掛けている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top